Android Device Monitor

Android Device Monitor は、Android Studio 3.1 でサポートが終了し、Android Studio 3.2 からは削除されています。Android Device Monitor で使用できる機能は、新機能に置き換えられました。以下の表に基づいて、サポートが終了した機能や削除された機能の代わりに使用できる機能をご確認ください。

Android Device Monitor コンポーネント 後継となる機能
Dalvik Debug Monitor Server(DDMS)

このツールはサポートが終了しています。Android Studio 3.0 以降の場合、代わりに Android Profiler を使用して、アプリの CPU、メモリ、ネットワークの使用状況をプロファイリングできます。

コネクテッド デバイスにコマンドを送信してポート転送をセットアップしたり、ファイルを転送したり、スクリーンショットを撮ったりするなど、他のデバッグタスクを実行する場合は、Android Debug Bridge(adbAndroid EmulatorDevice File Explorer[Debugger] ウィンドウを使用してください。

Traceview

このツールはサポートが終了しています。Debug クラスを使用してアプリをインストルメント化することによってキャプチャした .trace ファイルを検査し、新しいメソッド トレースを記録し、.trace ファイルをエクスポートし、アプリプロセスのリアルタイム CPU 使用率を検査するには、Android Studio の CPU Profiler を使用します。

Systrace

ネイティブ システム プロセスを検査して、フレームの欠落による UI ジャンクに対処する必要がある場合は、コマンドラインから systrace を使用するか、CPU Profiler 内のシンプル版 System Trace を使用します。CPU Profiler は、アプリのプロセスをプロファイリングするためのさまざまな機能を備えています。

Tracer for OpenGL ES Graphics API Debugger を使用してください。
Hierarchy Viewer

アプリのビュー階層を実行時に検査する場合は、Layout Inspector を使用します。

アプリのレイアウトのレンダリング速度をプロファイリングするには、Window.OnFrameMetricsAvailableListener を使用します。詳細については、こちらのブログ記事をご覧ください。

Pixel Perfect Layout Inspector を使用します。
Network Traffic ツール

アプリがネットワーク経由でデータを転送する方法とタイミングを表示する必要がある場合は、Network Profiler を使用します。

Android Device Monitor を起動する

Android Studio 3.1 以降でスタンドアロンの Device Monitor アプリを起動するには、android-sdk/tools/ ディレクトリで、コマンドラインに次のように入力します。

monitor

[Devices] パネルでデバイスを選択すると、ツールとコネクテッド デバイスをリンクできます。パネルやウィンドウの表示に問題がある場合は、メニューバーから [Window] > [Reset Perspective] を選択してください。

注: 各デバイスにアタッチできるデバッガ プロセスは、一度に 1 つだけに限られます。そのため、たとえば、Android Studio を使用してデバイス上のアプリをデバッグしている場合、Android Device Monitor からデバッガ プロセスをアタッチするには、Android Studio デバッガをデバイスから切断する必要があります。