Android 11 のデベロッパー プレビューが公開されました。ぜひお試しのうえ、フィードバックをお寄せください

コマンドライン ツール

Android SDK は、アプリ開発に必須のさまざまなパッケージで構成されています。 このページでは、利用可能な最重要コマンドライン ツールのリストを、配布パッケージごとに示します。

Android Studio の SDK Manager または sdkmanager コマンドライン ツールを使用して、各パッケージのインストールや更新を行うことができます。 パッケージはすべて、Android SDK ディレクトリにダウンロードされます。Android SDK ディレクトリの場所を確認する手順は次のとおりです。

  1. Android Studio で、[File] > [Project Structure] をクリックします。
  2. 左パネルで、[SDK Location] を選択します。 [Android SDK location] の下にパスが表示されます。

Android SDK Tools

場所: android_sdk/tools/bin/
詳細情報: SDK Tools リリースノート

このパッケージはプラットフォームに依存せず、開発対象の Android プラットフォームに関係なく必須です。

Android Studio を使用していないために SDK Tools が必要な場合は、こちらからダウンロードできます。

apkanalyzer
ビルドプロセスの完了後に APK の構成を分析できます。
avdmanager
コマンドラインから Android Virtual Device(AVD)を作成、管理できます。
jobb
暗号化版と非暗号化版の APK 拡張ファイルを Opaque Binary Blob(OBB)形式でビルドできます。
lint
コードの構造品質に関する問題を検出、修正できるコードスキャン ツールです。
monkeyrunner
Android アプリやテスト パッケージのインストールや実行、キーストロークの送信、スクリーンショットの取得など、さまざまなプログラムを実行するためのコマンドライン インターフェースを提供します。
sdkmanager
Android SDK のパッケージを表示、インストール、更新、アンインストールできます。

なお、このパッケージには、コマンドラインから呼び出す必要のない他のツールも含まれています(コードの圧縮や難読化を行う ProGuard など)。

Android SDK Build Tools

場所: android_sdk/build-tools/version/
詳細情報: SDK Build Tools リリースノート

このパッケージは、Android アプリをビルドする際に必須です。パッケージ内のツールのほとんどは、ビルドツールによって呼び出されるものであり、デベロッパーが明示的に使用するものではありません。ただし、以下のコマンドライン ツールは、場合によっては役に立つことがあります。

aapt2
Android リソースを解析してインデックスに登録し、Android プラットフォーム向けに最適化されたバイナリ形式にコンパイルします。そして、コンパイル済みリソースを単一の出力にパッケージ化します。
apksigner
APK に署名し、その APK がサポートするすべてのプラットフォーム バージョンで APK 署名が正常に検証されるかチェックします。
zipalign
すべての非圧縮データが、ファイルの先頭を基準とする特定のアライメントで開始されるように調整することで、APK ファイルを最適化します。

注: 複数のバージョンのビルドツールを使用して、Android バージョン別のアプリをビルドすることができます。

Android SDK Platform-Tools

場所: android_sdk/platform-tools/
詳細情報: SDK Platform-Tools リリースノート

SDK Platform-Tools は、Android プラットフォームの新しいバージョンごとに更新され、新しい機能をサポートします(このほか、ツールの修正や改善に伴う更新もあります)。各アップデートは、古いプラットフォーム バージョンとの下位互換性を備えています。

SDK Platform-Tools は、SDK Manager からダウンロードできます。また、こちらからもダウンロードできます。

adb
Android Debug Bridge(adb)は、エミュレータ インスタンスや Android デバイスの状態を管理できる多用途ツールです。また、このツールを使用して、デバイスに APK をインストールすることもできます。
etc1tool
PNG 画像を ETC1 圧縮規格にエンコードし、ETC1 圧縮画像をデコードして PNG に戻すことができるコマンドライン ユーティリティです。
fastboot
プラットフォームや各種システムのイメージをデバイスにフラッシュします。フラッシュの手順については、Nexus デバイスおよび Pixel デバイスのファクトリー イメージをご覧ください。
logcat
adb 経由で呼び出され、アプリログやシステムログを表示するツールです。

Android Emulator

場所: android_sdk/emulator/
詳細情報: Android Emulator リリースノート

このパッケージは、Android Emulator を使用する場合に必須です。次のツールが含まれています。

emulator
実際の Android ランタイム環境でのアプリのデバッグおよびテストに使用できる、QEMU ベースのデバイス エミュレーション ツールです。
mksdcard
エミュレータで使用できるディスク イメージを作成して、外部ストレージ カード(SD カードなど)の操作をシミュレーションできます。

注: リビジョン 25.3.0 より前のエミュレータ ツールは、SDK Tools パッケージに含まれていました。

Jetifier

Jetifier は、サポート ライブラリのクラスを使用するライブラリを読み取り、新しい AndroidX のクラスを使用する同等のライブラリを出力します。