avdmanager

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

avdmanager は、コマンドラインから Android Virtual Device(AVD)を作成して管理できるようにするコマンドライン ツールです。AVD を使用すると、Android Emulator でシミュレートする Android ハンドセット、Wear OS スマートウォッチ、Android TV デバイスの特性を定義できます。

Android Studio を使用している場合は、このツールを使用する必要はありません。代わりに IDE から AVD を作成して管理できます。

avdmanager ツールは、Android SDK コマンドライン ツール パッケージ(android_sdk/cmdline-tools/version/bin/avdmanager)に含まれています。

構文

avdmanager を使用するには、次の構文を使用します。

avdmanager [global options] command [command options]

グローバル オプション

表 1. avdmanager のグローバル オプションのリスト。

グローバル オプション 説明
-s | --silent サイレント モード: エラーのみが出力されます。
-h | --help 使用方法のヘルプが出力されます。
-v | --verbose 詳細モード: エラー、警告、情報メッセージが出力されます。
--clear cache SDK Manager のリポジトリのマニフェスト キャッシュを削除します。

コマンドとコマンド オプション

表 2. avdmanager のコマンドとオプションのリスト。

コマンドとオプション 説明
create avd -n name -k "sdk_id" [-c {path|size}] [-f] [-p path]

新しい AVD を作成します。AVD の name を指定し、引用符で囲んだ sdk_id を使用して AVD に使用する SDK パッケージの ID を指定します。たとえば、次のコマンドは、API レベル 25 の x86 システム イメージを使用して、test という名前の AVD を作成します。


avdmanager create avd -n test -k "system-images;android-25;google_apis;x86"
他のオプションの使用方法は次のとおりです。
  • -c {path|size}: この AVD に使用する SD カードイメージのパス、あるいは、この AVD 用に作成する新しい SD カードイメージのサイズ(KB または MB 単位を K または M で表記)。たとえば、-c path/to/sdcard/-c 1000M のように指定します。
  • -f: AVD を強制作成します。既存の AVD を同じ名前の新しい AVD で上書きする必要がある場合に、このオプションを使用します。
  • -p path: この AVD のファイルのディレクトリが作成される場所のパス。パスを指定しない場合、AVD は ~/.android/avd/ に作成されます。
delete avd -n name AVD を削除します。name を使用して AVD を指定する必要があります。
move avd -n name [-p path] [-r new-name] AVD の移動や名前の変更を行います。name を使用して AVD を指定する必要があります。他のオプションの使用方法は次のとおりです。
  • -p path: この AVD のファイルの移動先ディレクトリを作成する場所の絶対パス。この引数を指定しないと、AVD は移動しません。この引数を指定しないことで、AVD を移動せずに名前を変更できます。
  • -r new-name: 名前を変更する AVD の新しい名前。
list [target|device|avd] [-c] 利用可能なすべてのターゲット、デバイス定義、AVD のリストを出力します。targetdeviceavd のいずれも指定しないと、avdmanager によって 3 つすべてがリスト表示されます。-c 引数を追加すると、スクリプトに適したコンパクトな出力を取得できます。3 種類をすべて出力する場合、-c 引数は指定できません。