Join us on the livestream at Android Dev Summit on 7-8 November 2018, starting at 10AM PDT!

Android 入門

Android は、モバイル端末用の画期的なアプリやゲームを Java 言語環境でビルドできる、充実したアプリケーション フレームワークを提供します。左側のナビゲーションに表示されているドキュメントには、さまざまな Android API を使ってアプリをビルドするための詳しい方法が記載されています。

Android 開発の経験がない場合は、Android アプリのフレームワークについて次の基本的な概念を理解することが重要になります。

アプリには複数のエントリ ポイントがある

Android のアプリは、個別に呼び出し可能な異なるコンポーネントを組み合わせてビルドされます。たとえば、一つのアクティビティは一つの画面をユーザー インターフェースに提供し、サービスはバックグラウンドで個別に処理を実行します。

インテントを使って、一つのコンポーネントから別のコンポーネントを開始できます。地図アプリで住所を表示するアクティビティなどのように、別のアプリのコンポーネントを開始することもできます。このモデルでは、一つのアプリに複数のエントリ ポイントがあるため、どのアプリも他のアプリから呼び出されたアクションに対して、ユーザーの「デフォルト」として動作します。

詳細を見る

さまざまな端末に対応するアプリ

Android は、さまざまな端末構成に対応したリソースを提供できる柔軟なアプリ フレームワークを提供します。たとえば、画面サイズごとに個別の XMLレイアウト ファイルを作成すると、システム側で使用中の端末の画面サイズに基づいて適用するレイアウトを決定します。

アプリの機能に特定のハードウェア(カメラなど)が必要な場合は、その機能が使用できるかどうかを実行中にクエリできます。必要に応じて、アプリに必要な機能を宣言することもできます。これによって、Google Play ストアなどのアプリ マーケットでは、宣言した機能に対応していない端末へのインストールが許可されません。

詳細を見る