Android Dev Summit, October 23-24: two days of technical content, directly from the Android team. Sign-up for livestream updates.

タブレット アプリの品質

タブレットはインストール ベースでの Android の重要分野であり、ユーザー エンゲージメントと収益化に大きなチャンスをもたらします。このページのガイドラインは、卓越した機能と直観的でわかりやすいデザインの UI を提供することによりタブレット ユーザーの期待に応えることに役立ちます。

ガイドラインには番号が振られていますが、どの項目から始めてもかまいません。アプリに適している範囲で各ガイドラインの推奨事項に対処してもよいですが、利用者に最高の製品を提供するためには推奨事項にできるだけ従うようにしてください。

このページ全体に、各推奨事項への対応に役立つリソースへのリンクが含まれています。

1. タブレット アプリの基本的な品質テスト

タブレット アプリの優れたエクスペリエンスを提供する最初のステップは、アプリがターゲットとしているすべての端末とフォーム ファクタに対して、アプリの中核品質基準に適合していることを確認することです。詳細については、アプリの中核品質に関するガイドラインを参照してください。

アプリは、公開前に、次のような基本的な技術上のチェックと、ローンチに関する基準に合格していることも必要です。

アプリが Google Play Console に既にアップロードされている場合、最適化に関するヒントのページにアクセスして、上記のチェックに対するアプリの対応状況を確認することができます。

2. 大きい画面用にレイアウトを最適化する

Android では、さまざまな端末画面のサイズとフォーム ファクタで正しく実行されるアプリを簡単に開発できます。この多様な互換性により、すべての対象デバイスに幅広く提供できる単一アプリの設計が可能になるため、開発者の自由度が増します。ただし、各画面の設定(特にタブレット)で、ユーザーに最善のエクスペリエンスを提供するには、対象の画面設定ごとに、レイアウトとその他の UI コンポーネントを最適化する必要があります。タブレットで UI を最適化すると、利用可能な追加の画面スペースを最大限に活用して、新しい機能を提供したり、新しいコンテンツを表示したり、ユーザー エンゲージメントをさらに深めるために他の方法でエクスペリエンスを向上させたりすることができます。

ハンドセット用に開発したアプリをタブレットに配布する場合、レイアウト、フォント、文字間隔に若干の調整を行うことから始めます。7 インチ タブレットや大きなキャンバスを伴うゲームなどの場合、こうした調整だけで、アプリの外観を向上させることができる場合があります。より画面の大きいタブレットなどの場合、UI の構成要素を再設計して「引き延ばされた UI」を効果的なマルチペインの UI、容易なナビゲーション、追加のコンテンツに置き換えることができます。

「引き延ばされた」UI を避ける: タブレットでは、単一画面のレイアウトの場合、見栄えの悪い空白や長すぎる行が発生します。パディングを使用して UI 要素の幅を減らし、複数画面のレイアウトを使用することを検討してください。

以下の推奨事項をご確認ください。

  • 必要に応じて largexlarge 画面に対応するカスタム レイアウトを提供します。画面の最短寸法または最小の幅と長さに基づいてロードされるレイアウトも提供できます。
  • 少なくともフォントサイズ、マージン、文字間隔などの寸法をより大きい画面用にカスタマイズして、間隔の使用とコンテンツの視認性を改善します。
  • UI コントロールの位置を調整し、タブレットが横長方向の場合に横向きにするなど、ユーザーがタブレットを手に持っている場合に簡単にアクセスできるようにします。
  • UI 要素のパディングは、通常ハンドセットよりタブレットの方が大きくなります。48dp リズム(および 16dp グリッド)をお勧めします。
  • テキストのコンテンツを適切にパディングして、画面の縁に直接かからないようにします。画面の縁の近くにあるコンテンツには 16dp 以上のパディングを使用します。

特に、レイアウトが画面全体に「引き延ばされて」表示されないようにしてください。

  • テキストの行が長くなりすぎないようにします。1 行の文字数は 100 文字以下になるように最適化してください。50 文字から 75 文字が理想的です。
  • ListViews とメニューは画面全体の幅を使用しないようにしてください。
  • パディングを使用して画面上の要素の幅を管理したり、タブレット用の複数画面 UI に切り替えたりします(次のセクションを参照してください)。

3. 余っている画面領域を活用する

マルチペインのレイアウトを使用するとタブレット画面がより見やすくなり、実用的で読みやすい画面を提供できます。

タブレット画面は、特に横長方向の場合にアプリが画面をより自在に活用できるようになっています。特に 10 インチ タブレットでは領域が大幅に拡張されますが、7 インチ タブレットでも、コンテンツの表示やユーザーの操作に多くのスペースが提供されます。

タブレットで実行するアプリの UI を検討する際には、利用できる画面の追加領域をフル活用するようにしてください。以下の推奨事項をご確認ください。

  • 追加のコンテンツを組み込んだり、既存のコンテンツを別の方法で使用する余地がないか検討します。
  • 複数ペインのレイアウトをタブレット画面で使用して、単一のビューを組み合わせて複合ビューを形成します。これで追加の画面領域がより効果的に使用され、ユーザーがアプリをより簡単にナビゲートできるようになります。
  • 画面の向きが変わったときに複合ビューのパネルを再編成する方法を計画します。
  • 複合ビューでは、ハンドセット UI の複数の単一ビュー(上)を組み合わせて、タブレット用(下)のより豊富で効果的な UI を作ります。

  • 単一画面が Activity サブクラスとして実装されている場合、個々のコンテンツ パネルを Fragment サブクラスとして実装することを検討します。これで、コンテンツを共有する異なるフォーム ファクタと画面にわたってコードを最大限に再利用できるようになります。
  • マルチペイン UI を使用する画面サイズを決定し、次に適切な画面サイズバケット(large/xlarge など)または画面の最小幅(sw600dp/sw720 など)に異なるレイアウトを指定します。

4. タブレット画面向けに設計されたアセットを使用する

アプリが最も見やすく表示されるようにするため、タブレットで通常サポートされる範囲の密度ごとにアイコンやその他のビットマップ アセットを提供します。特にアクションバー、通知、ランチャーのアイコンについては、アイコンのデザインのガイドラインに従って設計し、複数の密度で提供する必要があります。これで、不鮮明にならず、その他の拡大/縮小加工なしで、すべての画面で適切なサイズで表示されるようになります。

表 1. アイコンのタイプ別未加工アセット サイズ

密度 ランチャー アクションバー 小 / 状況依存 通知
mdpi 48 x 48 px 32 x 32 px 16 x 16 px 24 x 24 px
hdpi 72 x 72 px 48 x 48 px 24 x 24 px 36 x 36 px
tvdpi (hdpi を使用) (hdpi を使用) (hdpi を使用) (hdpi を使用)
xhdpi 96 x 96 px 64 x 64 px 32 x 32 px 48 x 48 px
xxhdpi 144 x 144 px 96 x 96 px 48 x 48 px 72 x 72 px
xxxhdpi 192 x 192 px 128 x 128 px 64 x 64 px 96 x 96 px

少なくとも、次の一般的なタブレットの画面密度の 1 つ以上に対して最適化されたアイコンとビットマップ アセットのバージョンを用意してください。

  • hdpi
  • xhdpi
  • xxhdpi
  • xxxhdpi

その他のヒント:

  • アイコンを設計する際にはベクター図形を使用して、アイコンのディテールやエッジの明瞭さが損なわれずに拡大 / 縮小されるようにします。
  • 密度固有のリソース修飾子を使用して、正しいアイコンが画面の密度ごとにロードされるようにします。
  • タブレットや他の大画面デバイスでは、デバイスの実際の密度よりも大きい密度サイズのランチャー アイコンを必要とすることがあります。そのため、ランチャー アイコンはできるだけ高密度で提供するようにしてください。たとえば、タブレットの画面が xhdpi の場合、xxhdpi バージョンのランチャー アイコンが必要です。

5. フォントサイズとタップ ターゲットを調整する

アプリをタブレットで使いやすくするには、ターゲットとしているすべての画面構成についてタブレット UI でフォントサイズとタップ ターゲットを調整する必要があります。フォント サイズはスタイル指定属性寸法リソースによる調整が可能で、タッチ ターゲットは上述のようにレイアウトとビットマップ画像による調整が可能です。

以下の考慮事項も参考にしてください。

  • タブレットの画面サイズと密度で、テキストが大きすぎたり、小さすぎたりしないようにしてください。ラベルは対応する UI 要素に対して適切な大きさになっており、ラベル、タイトル、その他の要素で不適切な改行を起こさないようにしてください。
  • オンスクリーン要素のタップ ターゲットの推奨サイズは 48dp(最低 32dp)です。タブレット UI で調整が必要な場合があります。メトリックとグリッドを参照して実装方法について理解し、多くのユーザーをサポートするようにします。特定のユーザーのアクセシビリティのニーズに適合させる場合、より大きなタッチ ターゲットの使用が適切な場合があります。
  • 可能であれば、小さいアイコンの場合、TouchDelegate を使用してタッチ可能な領域を 48dp よりも拡大するか、透明なボタン内でアイコンを中央に配置します。

6. ホーム画面のウィジェットのサイズを調整する

アプリにホーム画面のウィジェットが含まれている場合、タブレット画面で優れたユーザー エクスペリエンスを実現するため、以下の点を考慮してください。

  • ウィジェットのデフォルトの高さと幅をタブレット画面に合わせて設定します。最大と最小のリサイズの高さと幅についても設定します。
  • ウィジェットは、5 以上のホーム画面の行(縦型ウィジェットまたは正方形ウィジェットの場合)または列(横型ウィジェットまたは正方形ウィジェットの場合)に広げられるように、420dp 以上にリサイズできるようにします。
  • 9-patch 画像が正しくレンダリングされるようにします。
  • デフォルトのシステム マージンを使用します。
  • 可能であれば、アプリの targetSdkVersion を 14 以上に設定します。

7. タブレット ユーザー向けの機能のフルセット

タブレット機能セット

タブレット ユーザーがアプリの機能を最大限に使用できるようにします。以下の提案を参照してください。

  • 少なくともスマートフォンと同じ機能セットをタブレットにも提供できるようにアプリを設計します。
  • 例外的な場合として、機能がほとんどのタブレットのハードウェアまたはユースケースでサポートされない場合、特定の機能を省略、または置き換えることがあります。次に例を示します。
    • ハンドセットが電話機能を使用するが、現在のタブレットで電話が使用できない場合、関連する機能を省略、または置き換えてもかまいません。
    • 多くのタブレットに GPS センサーが搭載されていますが、ほとんどのユーザーは、通常、走りながらタブレットを携行することはありません。電話アプリに、ユーザーが電話を携行しているときに走った GPS 軌跡をユーザーが記録できる機能があっても、タブレットでは、アプリはこの機能を提供する必要はありません。ユースケースに説得力がないためです。
  • タブレット UI から機能または性能を省く場合、省いたものにユーザーがアクセスできないようにするか、代替機能への「グレイスフル デグラデーション」が提供されるようにします(ハードウェア機能に関する下記のセクションも参照してください)。

8. ターゲットの Android のバージョンを正しく設定する

タブレットにアプリをできるだけ広く配布するには、タブレットをサポートする Android のバージョンをアプリが正しくターゲットにしている必要があります。タブレットに対する最初のサポートは Android 3.0(API レベル 11)で追加されました。タブレット、スマートフォン、その他のデバイス向けの統合型 UI フレームワーク サポートは、Android 4.0 で導入されました。

アプリのターゲットである Android バージョンの範囲を、マニフェスト ファイルの <uses-sdk> 要素で設定できます。多くの場合、この要素の targetSdkVersion 属性を最も高い API レベルに設定して、Android のバージョンを正しくターゲットにできます。

少なくとも、<uses-sdk> 要素について以下の項目を確認してください。

  1. targetSdkVersion は 11 以上の値(推奨値は 14 以上)で宣言されている。または
  2. minSdkVersion が 11 以上の値で宣言されている。
  3. maxSdkVersion 属性が宣言されている場合、値が 11 以上である必要があります。通常は、maxSdkVersion の使用は推奨されません

9. ハードウェア機能の依存関係を正しく宣言する

ハンドセットとタブレットは、通常、センサー、カメラ、電話、その他の機能について、若干異なるハードウェア サポートを提供します。たとえば、多くのタブレットは電話サポートを含まない「Wi-Fi」設定で使用できます。

1 つの APK をスマートフォンとタブレットのすべての顧客基盤にわたって広く配布できるようにするため、アプリがタブレットで通常は使用できないハードウェア機能の要件を宣言していないことを確認してください。代わりにハードウェア機能を下記のようにアプリのマニフェストで不要として適切に宣言します。

  • アプリのマニフェストで、<uses-feature> 要素を探します。特に、一部のタブレットで利用できない可能性のあるハードウェア機能を探します。たとえば次のようなものです。
    • android.hardware.telephony
    • android.hardware.camera(背面カメラを意味します)、または
    • android.hardware.camera.front
  • <uses-feature> 要素を、android:required=”false” 属性を含めることで不要と宣言します。

    たとえば、電話機能を提供しないデバイスにも、アプリを広く配布できるように、android.hardware.telephony に従属関係を宣言する正しい方法を次に示します。

    <uses-feature android:name="android.hardware.telephony" android:required="false" />
  • 同様に、タブレットにふさわしくないハードウェア機能の要件を暗黙指定する <permission> 要素がないかマニフェストを確認します。このようなパーミッションが見つかった場合、機能に対応する <uses-feature> 要素を明示的に宣言し、android:required=”false” 属性を含めるようにします。

ハードウェア機能を不要として宣言してから、アプリをさまざまなデバイスでテストするようにしてください。アプリが使用するハードウェア機能が利用できない場合でも、アプリは通常に機能する必要があり、必要に応じて「グレイスフル デグラデーション」を提供して、代替機能を用意しておく必要があります。

たとえば、アプリがロケーションの設定に通常は GPS を使用する場合で GPS が端末でサポートされていない場合、代わりにアプリでユーザーがロケーションを手動で設定する場合があります。アプリは実行時に端末のハードウェア機能があるかどうかを確認し、必要に応じてそれらの機能を操作します。

10. タブレット画面のサポートを宣言する

アプリをさまざまなタブレットに配布できるようにするには、アプリが次のようにそのマニフェスト ファイルでタブレットの画面サイズのサポートを宣言する必要があります。

  • <supports-screens> 要素が宣言されている場合は、android:largeScreens="false" または android:xlargeScreens="false" を指定しないでください。
  • 13 未満の minSdkVersion 値をターゲットにしているアプリの場合、<supports-screens> 要素を android:largeScreens="true"android:xlargeScreens="true" の両方で宣言する必要があります。

アプリがマニフェストに <compatible-screens> 要素を宣言している場合、その要素に、アプリがサポートするタブレット画面のサイズと密度の組み合わせをすべて指定する属性が含まれている必要があります。可能であれば、アプリで <compatible-screens> 要素の使用は避けてください。

11. Google Play でタブレット UI を紹介する

タブレット アプリ向けのリッチで最適化された UI を作成する作業が完了したら、利用者にその UI を知ってもらいましょう。タブレット アプリを Google Play でユーザーに宣伝する主な方法を以下に示します。

タブレット UI のスクリーンショットをアップロードする

タブレット ユーザーは、アプリがスマートフォンではなくタブレット上でどのように見えるか知りたいと思っています。タブレット アプリを開発したら、タブレットの UI のスクリーンショットを Google Play Console にアップロードするようにしてください。以下にガイドラインを示します。

  • スタートアップ ページやサインイン ページではなく、アプリの中核となる機能を示します。ユーザーが多くの時間を費やす画面が何であっても、スクリーンショットで中核となる機能を示すようにしてください。
  • 7 インチ タブレットと 10 インチ タブレットの両方のスクリーンショットを追加します。
  • 横方向と縦方向の両方のスクリーンショットを追加します(可能な場合)。
  • 可能であればスクリーン キャプチャを使用します。スクリーンショットに実際の端末のハードウェアを表示しないようにしてください。
  • 7 インチ タブレットの UI のスクリーンショットを 8 枚、10 インチ タブレット用にさらに 8 枚をアップロードします。

アプリの説明とリリース ノートを更新する

  • アプリの説明の中で、アプリがタブレット用に最適化した UI と優れた機能をタブレット ユーザーに提供していることを強調するようにします。タブレット UI の動作とユーザーがこれを気に入る理由について詳しく述べたものを追加します。
  • アプリのリリース ノートと更新情報に、タブレットのサポートに関する情報を含めます。

宣伝用動画を更新する

多くのユーザーは、アプリの宣伝用動画を見て、アプリがどのようなもので、楽しめそうかどうかを判断します。タブレット ユーザー向けに、宣伝用動画でアプリのタブレット UI を強調することで、この関心にしっかり対応します。以下にヒントとガイドラインを示します。

  • タブレットで実行されているアプリのスクリーンショットを 1 枚以上追加します。タブレット ユーザーに最も効果的に訴えかけるには、電話 UI とほぼ同じ比率でタブレット UI の宣伝を行うことをお勧めします。
  • タブレット UI を動画のできるだけ早い段階で示します。タブレット ユーザーがスマートフォン UI での機能のひと通りの紹介が終わるのを辛抱強く待つと想定しないでください。理想的には、最初の 10 秒以内にタブレット UI を示すか、スマートフォン UI を紹介するのと同じ時点で示して、ユーザーの関心を引くことが望まれます。
  • タブレット UI を示していることをはっきり伝えるには、ハンドヘルド タブレット端末で実行されているアプリのスクリーンショットを含めます。
  • 動画の台詞やナレーションでアプリのタブレット UI を強調します。

プロモーション キャンペーンでタブレット UI を大きく扱う

プロモーション キャンペーン、ウェブサイト、ソーシャル投稿、広告などで幅広くタブレット UI についてタブレット ユーザーに知ってもらいましょう。以下の推奨事項をご確認ください。

  • タブレットでのアプリの使用を強調するマーケティング キャンペーンまたは広告キャンペーンを行う計画を立てます。
  • プロモーション キャンペーンに、タブレット アプリを一番良い状態で示します。Device Art Generator を利用すると、7 インチ タブレットまたは 10 インチ タブレットの宣伝用画像を、選択した向きで、ドロップ シャドウと画面の光の反射の有無を選択して簡単に作ることができます。キャプチャし、ドラッグ&ドロップするだけでできあがります。
  • オンライン プロモーションに Google Play バッジを含めて、リンクによってユーザーがアプリのストア掲載情報に直接アクセスできるようにします。バッジ ジェネレータを利用してさまざまな言語のバッジを作成できます。

12. Google Play での公開に向けたベスト プラクティスに従う

Google Play でタブレット アプリの提供を成功に導くためのベスト プラクティスをいくつかご紹介します。

アプリの最適化に関するヒントを確認する

Google Play Console には最適化に関するヒントのページがあり、タブレット アプリの配布と品質に関する基本的なガイドラインへのアプリの対応状況を簡単に確認できます。このページにアクセスするには、Play Console にログインし、[All Applications] からアプリを読み込み、左のナビゲーションから [Optimization Tips] をクリックします。

Play Console は、基本的な品質基準を確認する一連のチェックを実行して、アプリ用の [最適化のヒント] ページを作成します。チェック中に問題が見つかった場合は、[最適化のヒント] ページで「To Do」項目として通知されます。

アプリでタブレット エクスペリエンスを開発した場合は、[最適化のヒント] ページにアクセスして、基本的なチェックに対するアプリの対応状況を確認してください。問題が挙げられていたら、必要に応じてアプリで対処し、配布用の新しいバイナリをアップロードすることをお勧めします。

[最適化のヒント] ページに、アプリに該当しない、またはタブレットの品質に影響しないと思われる「To Do」問題が挙がっている場合、タブレット向け設計に関するお問い合わせフォーム »を使用して当社までお知らせください。当社でアプリを確認し、必要に応じて [最適化のヒント] ページを更新します。

アプリのフィルタリングを確認する

Play Console にアプリをアップロードしたら、APK がサポートする端末のリストを確認して、ターゲットとするタブレット端末でアプリが除外されていないことを確認してください。

単一の APK として配布する

すべての画面サイズ(電話とタブレット)に対して、Google Play の掲載情報を 1 つだけ使用して、単一の APK としてアプリを公開することをお勧めします。このアプローチを利用すると次の複数のメリットがもたらされます。

  • 検索、ブラウジング、プロモーションでユーザーがアプリを見つけやすくなります。
  • ユーザーが新しい端末を入手した場合、アプリの自動リストアが簡単になります。
  • 評価とダウンロードの統計がすべてのデバイスで統合されます。
  • タブレットを 2 つ目の掲載情報に公開すると、ブランドに対する評価が希薄化されることがあります。

必要に応じて複数の APK サポートを使用してアプリを配布する方法を選択できますが、通常は単一の APK を使用してすべてのデバイスに到達する方法を強くお勧めします。

タブレット用のテスト環境の設定

タブレット上のアプリの品質(アプリの中核品質とタブレット アプリの品質の両方)を、テスト用に適切なハードウェアまたはエミュレータ環境を使用して評価します。

アプリの中核品質基準に対するテスト用の推奨されるテスト環境に照らして、中サイズのタブレットと、より多いまたは少ないハードウェア/ソフトウェア機能を搭載したタブレットを含めます。

表 1. 通常のタブレット テスト環境には、以下の表の各行にリストされたいずれかのプラットフォーム バージョン、画面構成、ハードウェア機能構成を持つ 1 つまたは 2 つの端末が含まれます。

タイプ サイズ 密度 バージョン AVD スキン
7 インチ タブレット large または
-sw600
hdpi
tvdpi
Android 4.0 以降(API レベル 14 以降) WXGA800-7in
10 インチ タブレット xlarge または
-sw800
mdpi
hdpi
xhdpi
Android 3.2 以降(API レベル 13 以降) WXGA800

フィードバックの送信方法

最適化のヒントに関するフィードバックを送信する場合や、手動による確認を依頼する場合は、タブレット向け設計に関するお問い合わせフォームをご利用ください。タブレット アプリの品質に関するガイドラインの、関連するセクションをよくお読みになってからフィードバックを送信してください。