Macrobenchmark のインストルメンテーション引数

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

以下のインストルメンテーション引数を指定して、ライブラリの動作を構成します。これらの引数は、Gradle 構成に追加することも、コマンドラインからインストルメンテーションを実行する際に直接適用することもできます。

androidx.benchmark.compilation.enabled

ベンチマークの各イテレーション間のコンパイルを無効にできます。デフォルトでは、ターゲット アプリは、measureRepeated に渡される CompilationMode に準拠するように、各ベンチマーク間で再インストールされ、再コンパイルされます。このパラメータを無効にすると、再インストールとコンパイルの両方をスキップできます(テストスイートを実行する前にターゲット アプリを完全にコンパイルし、その完全にコンパイルされたターゲットに対してすべてのベンチマークを実行する場合など)。

  • 引数タイプ: ブール値
  • デフォルト設定: true

androidx.benchmark.enabledRules

1 種類のテスト(ベースライン プロファイル生成または Macrobenchmark テスト)のみにフィルタリングを実行できます。カンマ区切りのリストもサポートされます。

  • 引数のタイプ: 文字列
  • 利用可能なオプション:
    • Macrobenchmark
    • BaselineProfile
  • デフォルト設定: 指定なし

androidx.benchmark.suppressErrors

エラーのカンマ区切りのリストを受け入れて、警告に変換できます。

  • 引数のタイプ: 文字列のリスト
  • 利用可能なオプション:
    • DEBUGGABLE
    • LOW-BATTERY
    • EMULATOR
    • NOT-PROFILEABLE
  • デフォルト設定: 空のリスト

additionalTestOutputDir

JSON ベンチマーク レポートとプロファイリング結果を保存するデバイス上の場所を指定します。

  • 引数タイプ: ファイルパスの文字列
  • デフォルト設定: テスト APK の外部ディレクトリ