ListenableWorker でのスレッド化

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

状況によっては、カスタムのスレッド戦略が必要になることもあります。たとえば、コールバック ベースの非同期操作への対処が必要になることがあります。この場合、ブロック方式で処理を行うことはできないため、単純に Worker を使用することはできません。WorkManager は ListenableWorker を通じてこのようなユースケースに対応します。ListenableWorker は最も基本的な Worker API です。WorkerCoroutineWorkerRxWorker はすべて、このクラスの派生クラスです。ListenableWorker は、処理の開始および停止のタイミングのみを通知し、スレッド化はすべてデベロッパーに委ねられます。処理の開始通知はメインスレッドで行われるため、選択したバックグラウンド スレッドに手動で移動することが非常に重要です。

抽象メソッド ListenableWorker.startWork() は、ResultListenableFuture を返します。ListenableFuture は軽量のインターフェースで、リスナーのアタッチと例外の伝達を行う機能を提供する Future です。startWork メソッドでは、ListenableFuture を返すことが求められます。このクラスは、処理の完了後にその Result を使用して設定します。ListenableFuture インスタンスは、次の 2 つの方法のいずれかで作成できます。

  1. Guava を使用する場合、ListeningExecutorService を使用する。
  2. Guava を使用していない場合は、gradle ファイルに councurrent-futures を追加して CallbackToFutureAdapter を使用する。

非同期コールバックに基づいてなんらかの処理を実行する場合は、次のようにします。

Kotlin

class CallbackWorker(
        context: Context,
        params: WorkerParameters
) : ListenableWorker(context, params) {
    override fun startWork(): ListenableFuture<Result> {
        return CallbackToFutureAdapter.getFuture { completer ->
            val callback = object : Callback {
                var successes = 0

                override fun onFailure(call: Call, e: IOException) {
                    completer.setException(e)
                }

                override fun onResponse(call: Call, response: Response) {
                    successes++
                    if (successes == 100) {
                        completer.set(Result.success())
                    }
                }
            }

            repeat(100) {
                downloadAsynchronously("https://example.com", callback)
            }

            callback
        }
    }
}

Java

public class CallbackWorker extends ListenableWorker {

    public CallbackWorker(Context context, WorkerParameters params) {
        super(context, params);
    }

    @NonNull
    @Override
    public ListenableFuture<Result> startWork() {
        return CallbackToFutureAdapter.getFuture(completer -> {
            Callback callback = new Callback() {
                int successes = 0;

                @Override
                public void onFailure(Call call, IOException e) {
                    completer.setException(e);
                }

                @Override
                public void onResponse(Call call, Response response) {
                    successes++;
                    if (successes == 100) {
                        completer.set(Result.success());
                    }
                }
            };

            for (int i = 0; i < 100; i++) {
                downloadAsynchronously("https://www.example.com", callback);
            }
            return callback;
        });
    }
}

処理が停止された場合はどうなるでしょうか。処理の停止が期待される場合は、ListenableWorkerListenableFuture を必ずキャンセルします。そのため、CallbackToFutureAdapter を使用して、次のようにキャンセル リスナーを追加する必要があります。

Kotlin

class CallbackWorker(
        context: Context,
        params: WorkerParameters
) : ListenableWorker(context, params) {
    override fun startWork(): ListenableFuture<Result> {
        return CallbackToFutureAdapter.getFuture { completer ->
            val callback = object : Callback {
                var successes = 0

                override fun onFailure(call: Call, e: IOException) {
                    completer.setException(e)
                }

                override fun onResponse(call: Call, response: Response) {
                    ++successes
                    if (successes == 100) {
                        completer.set(Result.success())
                    }
                }
            }

 completer.addCancellationListener(cancelDownloadsRunnable, executor)

            repeat(100) {
                downloadAsynchronously("https://example.com", callback)
            }

            callback
        }
    }
}

Java

public class CallbackWorker extends ListenableWorker {

    public CallbackWorker(Context context, WorkerParameters params) {
        super(context, params);
    }

    @NonNull
    @Override
    public ListenableFuture<Result> startWork() {
        return CallbackToFutureAdapter.getFuture(completer -> {
            Callback callback = new Callback() {
                int successes = 0;

                @Override
                public void onFailure(Call call, IOException e) {
                    completer.setException(e);
                }

                @Override
                public void onResponse(Call call, Response response) {
                    ++successes;
                    if (successes == 100) {
                        completer.set(Result.success());
                    }
                }
            };

            completer.addCancellationListener(cancelDownloadsRunnable, executor);

            for (int i = 0; i < 100; ++i) {
                downloadAsynchronously("https://www.example.com", callback);
            }
            return callback;
        });
    }
}

別のプロセスで ListenableWorker を実行する

ListenableWorker の実装である RemoteListenableWorker を使用して、ワーカーを特定のプロセスにバインドすることもできます。

RemoteListenableWorker は、2 つの引数 ARGUMENT_CLASS_NAMEARGUMENT_PACKAGE_NAME を追加で使用して、特定のプロセスにバインドします。これらの引数は、処理リクエストの作成時に入力データの一部として指定します。

次の例は、特定のプロセスにバインドされた処理リクエストの作成を示しています。

Kotlin

val PACKAGE_NAME = "com.example.background.multiprocess"

val serviceName = RemoteWorkerService::class.java.name
val componentName = ComponentName(PACKAGE_NAME, serviceName)

val data: Data = Data.Builder()
   .putString(ARGUMENT_PACKAGE_NAME, componentName.packageName)
   .putString(ARGUMENT_CLASS_NAME, componentName.className)
   .build()

return OneTimeWorkRequest.Builder(ExampleRemoteListenableWorker::class.java)
   .setInputData(data)
   .build()

Java

String PACKAGE_NAME = "com.example.background.multiprocess";

String serviceName = RemoteWorkerService.class.getName();
ComponentName componentName = new ComponentName(PACKAGE_NAME, serviceName);

Data data = new Data.Builder()
        .putString(ARGUMENT_PACKAGE_NAME, componentName.getPackageName())
        .putString(ARGUMENT_CLASS_NAME, componentName.getClassName())
        .build();

return new OneTimeWorkRequest.Builder(ExampleRemoteListenableWorker.class)
        .setInputData(data)
        .build();

また、RemoteWorkerService ごとに、AndroidManifest.xml ファイルにサービス定義を追加する必要もあります。

<manifest ... >
    <service
            android:name="androidx.work.multiprocess.RemoteWorkerService"
            android:exported="false"
            android:process=":worker1" />

        <service
            android:name=".RemoteWorkerService2"
            android:exported="false"
            android:process=":worker2" />
    ...
</manifest>

サンプル