Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Motion Editor を使用してアニメーションを作成する

Android Studio に MotionLayout レイアウト タイプのビジュアル デザイン エディタが追加され、アニメーションの作成とプレビューが簡単になりました。

Motion Editor は、Android アプリのアニメーションの基盤である MotionLayout ライブラリの要素を操作するシンプルなインターフェースを提供します。Android Studio を使用しない場合、これらの要素を作成および変更するには、XML リソース ファイル内の制約を手動で編集する必要があります。Motion Editor では、この XML を生成できます。また、開始状態と終了状態、キーフレーム、遷移、タイムラインがサポートされます。

MotionLayout を使用するには:

  1. ConstraintLayout を作成します。
  2. Layout Editor でプレビューを右クリックします。
  3. [Convert to MotionLayout] をクリックします。

Android Studio によって ConstraintLayout が MotionLayout に変換されると、モーション シーン ファイル(レイアウト ファイル名の末尾に _scene が付加された .xml ファイル)も、XML を格納するディレクトリに追加されます。

次に、MotionLayout がルート レイアウトになり、Motion Editor の UI に表示されます。レイアウトには、開始の ConstraintSet、終了の ConstraintSet、開始から終了までの遷移がすでに含まれています。

概要グラフィックを使用すると、ConstraintSet または Transition を選択し、選択パネルでコンポーネントを選択できます。

その後、ConstraintLayout を編集するのと同様に、開始または終了の ConstraintSet の制約と属性を編集できます。

グラフに対してさらに要素を作成する場合は、作成アイコンを使用して、ConstraintSetTransition、または OnClick / OnSwipe ジェスチャーをすばやく作成できます。

キーフレームを追加するには、まず Transition の矢印をクリックします。

次に [Transition] タイムライン ペインで、右上隅をクリックして [KeyPosition] を選択します。

キーフレームの属性を設定するダイアログが開きます。

属性パネルの遷移に OnClick ハンドラと OnSwipe ハンドラを追加することもできます。

追加すると、ターゲット コンポーネントやドラッグ方向など、クリックの属性を設定するダイアログが開きます。

Motion Editor では、デザイン サーフェス上のアニメーションのプレビューがサポートされます。アニメーションが選択されている場合、タイムラインの上にある再生ボタン をクリックして、アニメーションをプレビューできます。