コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

写真選択ツールと通知権限を使用して、ユーザーのプライバシーを保護します。テーマ別アプリアイコン、アプリ別の言語、クリップボードのプレビューで生産性を高めます。Bluetooth LE Audio や USB 経由の MIDI 2.0 など、最新の標準に合わせて構築しています。タブレットと大画面でのユーザー エクスペリエンスを向上させます。

Android 13 の特長

Android 13 でアプリを実行するときに影響を及ぼす可能性がある、プライバシー、セキュリティ、パフォーマンスなどに関するシステムの変更をご確認ください。
写真選択ツール、テーマ別アプリアイコン、アプリ別の言語設定、コピー&ペーストの改善など、さまざまな新機能をご紹介します。

Android 13 を使い始める

  1. ランタイム環境のセットアップ - Android 13 を入手するを参照して、Google Pixel デバイスをフラッシュするか、エミュレータをセットアップしてください。
  2. Android Studio のセットアップ - Android 13 SDK とツールをお試しください。手順については、SDK のセットアップ ページをご覧ください。
  3. 新機能の詳細 - アプリに影響を及ぼす可能性があるすべてのアプリ向けの動作の変更点と、Android 13 をターゲットとするアプリに影響する動作変更を確認します。
  4. アプリのテスト - あらゆるフローを実行し、問題点を探します。 ランタイムで動作変更を切り替え、問題を切り分けます。
  5. アプリの更新 - 可能であれば Android 13 をターゲットとしている、ベータ版チャネルの利用ユーザーなどのグループにテストしてもらいます。

ツールとリソース

主要な動作変更を切り替え、統合されたロギングを使用してデバッグを行います。ターゲット設定の変更は必要ありません。
このチェックリストの手順に沿って、アプリを Android 13 に対応させます。
フィードバックや問題をお知らせいただくことは非常に重要です。Google のメインの Issue Tracker をご利用ください。

最新情報