Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

データアクセスの監査

アプリとその依存関係がユーザーのプライベート データにどのようにアクセスするかを明確にするため、Android 11 では「データアクセスの監査」が導入されています。このプロセスを分析することで、予期しないデータアクセスの可能性を特定しやすくなります。アプリでは AppOpsManager.OnOpNotedCallback のインスタンスを登録して、次のいずれかのイベントが発生するたびにアクションを実行できます。

  • アプリのコードがプライベート データにアクセスした。アプリ内のどのロジック部分がイベントを呼び出したのかを特定するために、アトリビューション タグを使ってデータアクセスを監査できます。
  • 依存ライブラリまたは SDK のコードがプライベート データにアクセスした。

詳細については、データへのアクセスを監査する方法をご覧ください。