動作の変更点: すべてのアプリ

Android 14 プラットフォームには、アプリに影響する可能性がある動作変更が含まれています。次の動作変更は、targetSdkVersion に関係なく、Android 14 上で稼働するすべてのアプリに適用されます。該当する場合は、アプリをテストし、必要に応じて修正して、適切に対応してください。

Android 14 をターゲットとするアプリにのみ影響する動作変更のリストも必ずご確認ください。

コア機能

正確なアラームのスケジュールはデフォルトで拒否される

Exact alarms are meant for user-intentioned notifications, or for actions that need to happen at a precise time. Starting in Android 14, the SCHEDULE_EXACT_ALARM permission is no longer being pre-granted to most newly installed apps targeting Android 13 and higher—the permission is denied by default.

Learn more about the changes to the permission for scheduling exact alarms.

アプリがキャッシュされている間、コンテキスト登録されたブロードキャストがキューに追加される

On Android 14, the system can place context-registered broadcasts in a queue while the app is in the cached state. This is similar to the queuing behavior that Android 12 (API level 31) introduced for async binder transactions. Manifest-declared broadcasts aren't queued, and apps are removed from the cached state for broadcast delivery.

When the app leaves the cached state, such as returning to the foreground, the system delivers any queued broadcasts. Multiple instances of certain broadcasts might be merged into one broadcast. Depending on other factors, such as system health, apps might be removed from the cached state, and any previously queued broadcasts are delivered.

アプリは自身のバックグラウンド プロセスのみを強制終了できる

Android 14 以降では、アプリが killBackgroundProcesses() を呼び出した場合、API は自身のアプリのバックグラウンド プロセスのみを強制終了できます。

別のアプリのパッケージ名を渡した場合、このメソッドはそのアプリのバックグラウンド プロセスに影響せず、Logcat に次のメッセージが表示されます。

Invalid packageName: com.example.anotherapp

古いバージョンの OS であっても、アプリで killBackgroundProcesses() API を使用したり、他のアプリプロセスのライフサイクルに影響を与えようとしたりしないでください。Android は、キャッシュに保存されたアプリをバックグラウンドで保持し、システムにメモリが必要なときは自動的にそうしたアプリを強制終了するように設計されています。アプリが不必要に他のアプリを強制終了した場合、後でそれらのアプリを完全に再起動する必要があるため、システム パフォーマンスが低下し、バッテリー消費量が増加する可能性があります。これには、キャッシュに保存された既存のアプリを再開するよりもはるかに多くのリソースが必要になります。

MTU をリクエストした最初の GATT クライアントで、MTU が 517 に設定されている

Android 14 以降、Android Bluetooth スタックは Bluetooth コア仕様のバージョン 5.2 に厳密に準拠し、最初の GATT クライアントが BluetoothGatt#requestMtu(int) API を使用して MTU をリクエストしたときに BLE ATT MTU を 517 バイトにリクエストし、その ACL 接続での後続のすべての MTU リクエストを無視します。

この変更に対処し、アプリの堅牢性を高めるには、次のオプションを検討してください。

  • 周辺機器は、周辺機器が対応できる妥当な値で Android デバイスの MTU リクエストに応答する必要があります。最終的なネゴシエートされた値は、Android がリクエストした値とリモートから提供される値(例: min(517, remoteMtu))の最小要件になります。
    • この修正を実装するには、周辺機器のファームウェアの更新が必要になる場合があります。
  • または、周辺機器でサポートされている既知の値と受信した MTU の変更の間の最小値に基づいて、GATT 特性の書き込みを制限します。
    • サポートされているヘッダーのサイズから 5 バイト減らす必要があることへの注意
    • 例: arrayMaxLength = min(SUPPORTED_MTU, GATT_MAX_ATTR_LEN(517)) - 5

アプリを制限付きスタンバイ バケットに入れることができる新しい理由

Android 14 introduces a new reason an app can be placed into the restricted standby bucket. The app's jobs trigger ANR errors multiple times due to onStartJob, onStopJob, or onBind method timeouts. (See JobScheduler reinforces callback and network behavior for changes to onStartJob and onStopJob.)

To track whether or not the app has entered the restricted standby bucket, we recommend logging with the API UsageStatsManager.getAppStandbyBucket() on job execution or UsageStatsManager.queryEventsForSelf() on app startup.

mlock は 64 KB に制限されます

In Android 14 (API level 34) and higher, the platform reduces the maximum memory that can be locked using mlock() to 64 KB per process. In previous versions, the limit was 64 MB per process. This restriction promotes better memory management across apps and the system. To provide more consistency across devices, Android 14 adds a new CTS test for the new mlock() limit on compatible devices.

システムがキャッシュに保存されたアプリのリソースの使用を強制

By design, an app's process is in a cached state when it's moved to the background and no other app process components are running. Such an app process is subject to being killed due to system memory pressure. Any work that Activity instances perform after the onStop() method has been called and returned, while in this state, is unreliable and strongly discouraged.

Android 14 introduces consistency and enforcement to this design. Shortly after an app process enters a cached state, background work is disallowed, until a process component re-enters an active state of the lifecycle.

Apps that use typical framework-supported lifecycle APIs – such as services, JobScheduler, and Jetpack WorkManager – shouldn't be impacted by these changes.

ユーザー エクスペリエンス

写真と動画への部分的なアクセス権を付与する

Android 14 introduces Selected Photos Access, which allows users to grant apps access to specific images and videos in their library, rather than granting access to all media of a given type.

If you don't use the photo picker yet, we recommend implementing it in your app to provide a consistent experience for selecting images and videos that also enhances user privacy without having to request any storage permissions.

If you maintain your own gallery picker using storage permissions and need to maintain full control over your implementation, adapt your implementation to use the new READ_MEDIA_VISUAL_USER_SELECTED permission. If your app doesn't use the new permission, the system runs your app in a compatibility mode.

閉じることができない通知のユーザー エクスペリエンスに関する変更

Android 14 では、アプリで閉じることができないフォアグラウンド通知をユーザーに表示する場合、ユーザーがそうした通知を閉じられるように動作が変更されました。

この変更は、Notification.Builder#setOngoing(true) または NotificationCompat.Builder#setOngoing(true)Notification.FLAG_ONGOING_EVENT を設定することで、ユーザーがフォアグラウンド通知を閉じられないようにしているアプリに適用されます。これにより、FLAG_ONGOING_EVENT の動作が変更され、ユーザーがこのような通知を閉じられるようになりました。

次のような状況では引き続き、こうした通知を閉じることができません。

  • スマートフォンがロックされている場合
  • ユーザーが [すべて消去] 通知アクションを選択した場合(誤って消去しないようにするため)

また、この新しい動作は、次のユースケースの通知には適用されません。

  • CallStyle の通知
  • エンタープライズ向けの Device Policy Controller(DPC)とサポート パッケージ

データ セーフティ情報の視認性が向上

To enhance user privacy, Android 14 increases the number of places where the system shows the information you have declared in the Play Console form. Currently, users can view this information in the Data safety section on your app's listing in Google Play.

We encourage you to review your app's location data sharing policies and take a moment to make any applicable updates to your app's Google Play Data safety section.

Learn more in the guide about how data safety information is more visible on Android 14.

ユーザー補助

非線形フォント スケーリングを 200% にする

Starting in Android 14, the system supports font scaling up to 200%, providing low-vision users with additional accessibility options that align with Web Content Accessibility Guidelines (WCAG).

If you already use scaled pixels (sp) units to define text sizing, then this change probably won't have a high impact on your app. However, you should perform UI testing with the maximum font size enabled (200%) to ensure that your app can accommodate larger font sizes without impacting usability.

セキュリティ

インストール可能な最小対象 API レベル

Android 14 以降では、targetSdkVersion が 23 未満のアプリはインストールできません。これらの最小対象 API レベルの要件をアプリが満たすことを必須とすることで、ユーザーのセキュリティとプライバシーを強化しています。

マルウェアは多くの場合、新しい Android バージョンで導入されたセキュリティとプライバシー保護を回避するため、古い API レベルをターゲットにします。たとえば、一部のマルウェア アプリは、2015 年に Android 6.0 Marshmallow(API レベル 23)で導入された実行時の権限モデルの対象にならないよう、22 の targetSdkVersion を使用します。この Android 14 の変更により、マルウェアが強化されたセキュリティとプライバシー保護を回避することが難しくなります。下位の API レベルをターゲットとするアプリをインストールしようとすると、インストールに失敗し、Logcat に次のメッセージが表示されます。

INSTALL_FAILED_DEPRECATED_SDK_VERSION: App package must target at least SDK version 23, but found 7

Android 14 にアップグレードするデバイスでは、targetSdkVersion が 23 未満のアプリはインストールされたままになります。

古い API レベルをターゲットとするアプリをテストする必要がある場合は、次の ADB コマンドを使用します。

adb install --bypass-low-target-sdk-block FILENAME.apk

メディア所有者のパッケージ名が削除される場合がある

The media store supports queries for the OWNER_PACKAGE_NAME column, which indicates the app that stored a particular media file. Starting in Android 14, this value is redacted unless at least one of the following conditions is true:

  • The app that stored the media file has a package name that is always visible to other apps.
  • The app that queries the media store requests the QUERY_ALL_PACKAGES permission.

Learn more about how Android filters package visibility for privacy purposes.