コンテンツに移動

よくアクセスするページ

最近アクセスしたページ

navigation

Building Effective Unit Tests

You should also read

Unit tests are the fundamental tests in your app testing strategy. By creating and running unit tests against your code, you can easily verify that the logic of individual units is correct. Running unit tests after every build helps you to quickly catch and fix software regressions introduced by code changes to your app.

A unit test generally exercises the functionality of the smallest possible unit of code (which could be a method, class, or component) in a repeatable way. You should build unit tests when you need to verify the logic of specific code in your app. For example, if you are unit testing a class, your test might check that the class is in the right state. Typically, the unit of code is tested in isolation; your test affects and monitors changes to that unit only. A mocking framework can be used to isolate your unit from its dependencies.

Note: Unit tests are not suitable for testing complex UI interaction events. Instead, you should use the UI testing frameworks, as described in Automating UI Tests.

For testing Android apps, you typically create these types of automated unit tests:

The lessons in this class teach you how to build these types of automated unit tests.

Lessons

Building Local Unit Tests
Learn how to build unit tests that run on your local machine.
Building Instrumented Unit Tests
Learn how to build unit tests that run on an Android device or emulator.
このサイトでは、ユーザーが選択したサイトの言語と表示設定を保存する目的で Cookie を使用しています。

Android デベロッパー向けの最新情報やヒントを入手して、Google Play での成功を手に入れましょう。

* 必須

送信しました

WeChat で Google Developers をフォローする

このサイトをで表示しますか?

ページの表示言語としてを選択しましたが、このサイトの言語はに設定されています。

言語設定を変更してこのサイトをで表示しますか?言語設定を変更する場合は、各ページの下にある言語メニューを使用してください。

このクラスには、API レベル 以上が必要です。

API レベル が選択されているため、このドキュメントは非表示になっています。左のナビゲーションの上にあるセレクタを使って、ドキュメントの API レベルを変更できます。

アプリに必要な API レベルを指定する方法について、詳しくは異なるプラットフォーム バージョンのサポートをご覧ください。

Take a short survey?
Help us improve the Android developer experience. (April 2018 — Developer Survey)