The Android Developer Challenge is back! Submit your idea before December 2.

カスタム アニメーションの定義

このページのサポートは終了しています。過去のドキュメントの新しい掲載場所については、下記をご覧ください。

タッチ フィードバックをカスタマイズする

マテリアル デザインのタッチ フィードバックは、ユーザーが UI 要素に触れて操作した時点で、視覚的な反応を瞬時に表します。ボタンに対するデフォルトのタッチ フィードバック アニメーションでは、新しい RippleDrawable クラスを使用して、状態の切り替わりをリップル(波紋)効果で表現しています。

ほとんどの場合、次のようにビューの背景を指定することでビュー XML にこの機能を適用します。

  • ?android:attr/selectableItemBackground: 範囲が限定された波紋。
  • ?android:attr/selectableItemBackgroundBorderless: ビューの範囲外まで広がる波紋。これは、背景が null ではない最も近くにある親ビュー上に表示されますが、その外側にはみ出ることはありません。

注: selectableItemBackgroundBorderless は API レベル 21 で導入された新しい属性です。

または、ripple 要素を使って RippleDrawable を XML リソースとしても定義できます。

RippleDrawable オブジェクトには色を割り当てることができます。タッチ フィードバックのデフォルトの色を変更するには、テーマの android:colorControlHighlight 属性を使用します。

詳細については、API リファレンスの RippleDrawable クラスをご覧ください。

出現エフェクトを使用する

円形状の出現アニメーションを作成する方法についての説明をご覧ください。

アクティビティ遷移をカスタマイズする

アニメーションを使ってアクティビティを開始する方法についての説明をご覧ください。

曲線モーションを使用する

曲線モーションを使用する方法についての説明をご覧ください。

ビューの状態遷移にアニメーションを付ける

StateListAnimator を使用してビューの状態遷移にアニメーションを付ける方法についての説明をご覧ください。

ベクター型ドローアブルにアニメーションを付ける

ドローアブル グラフィックにアニメーションを付ける方法についての説明をご覧ください。