Compose マテリアル 3 アダプティブ

  
マテリアル 3 アダプティブ ライブラリを使用して、ウィンドウ サイズクラスやデバイスの形状などの現在のウィンドウ構成に応じて自動的に適応するアダプティブ UI を作成します。このライブラリは、デフォルトのスキャフォールド実装と、独自のカスタム エクスペリエンスの作成に必要な構成要素コンポーザブルの両方を提供します。
最新の更新 安定版リリース リリース候補版 ベータ版リリース アルファ版リリース
2024 年 6 月 12 日 - - 1.0.0-beta03 -

依存関係の宣言

Compose への依存関係を追加するには、Google の Maven リポジトリをプロジェクトに追加する必要があります。詳しくは、Google の Maven リポジトリをご覧ください。

アプリまたはモジュールの build.gradle ファイルに、必要なアーティファクトの依存関係を追加します。

Groovy

dependencies {
    implementation "androidx.compose.material3.adaptive:adaptive:1.0.0-beta03"
    implementation "androidx.compose.material3.adaptive:adaptive-layout:1.0.0-beta03"
    implementation "androidx.compose.material3.adaptive:adaptive-navigation:1.0.0-beta03"
}

Kotlin

dependencies {
    implementation("androidx.compose.material3.adaptive:adaptive:1.0.0-beta03")
    implementation "androidx.compose.material3.adaptive:adaptive-layout:1.0.0-beta03"
    implementation "androidx.compose.material3.adaptive:adaptive-navigation:1.0.0-beta03"
}

依存関係について詳しくは、ビルド依存関係の追加をご覧ください。

フィードバック

お寄せいただいたフィードバックは Jetpack 改善の参考にさせていただきます。新しい問題が見つかった場合や、このライブラリを改善するアイデアをお持ちの場合は、お知らせください。新しい問題を報告していただく前に、このライブラリの既存の問題をご確認ください。スターボタンをクリックすると、既存の問題に投票できます。

新しい問題を報告する

詳細については、Issue Tracker のドキュメントをご覧ください。

Compose Material3 Adaptive バージョン 1.0

バージョン 1.0.0-beta03

2024 年 6 月 12 日

androidx.compose.material3.adaptive:adaptive-*:1.0.0-beta03 がリリースされました。バージョン 1.0.0-beta03 に含まれる commit については、こちらをご覧ください。

バグの修正

  • beta02 で依存関係の解決が正しく行われなかったことが原因で発生するクラッシュを修正しました。

バージョン 1.0.0-beta02

2024 年 5 月 29 日

androidx.compose.material3.adaptive:adaptive-*:1.0.0-beta02 がリリースされました。バージョン 1.0.0-beta02 に含まれる commit については、こちらをご覧ください。

バージョン 1.0.0-beta01

2024 年 5 月 14 日

androidx.compose.material3.adaptive:adaptive-*:1.0.0-beta01 がリリースされました。バージョン 1.0.0-beta01 に含まれる commit については、こちらをご覧ください。

バージョン 1.0.0-alpha12

2024 年 5 月 1 日

androidx.compose.material3.adaptive:adaptive-*:1.0.0-alpha12 がリリースされました。バージョン 1.0.0-alpha12 に含まれる commit については、こちらをご覧ください。

API の変更

  • isFlat の情報を HingeInfo に追加しました(Ie0516b/333784198
  • アダプティブ API を試験運用版以外でしました。(I1d038
  • アダプティブ レイアウト API を試験運用版以外でしました。(Id23df
  • BackNavigationBehavior を列挙型から値クラスに変更しました。(Id8757

バグの修正

  • 遷移率をラムダに変更しました。(I6f5a9
  • SizeTracker の初期状態の問題を修正しました。(18326a9
  • Posture 等価チェックにヒンジリストを追加しました。(6687137

バージョン 1.0.0-alpha11

2024 年 4 月 17 日

androidx.compose.material3.adaptive:adaptive-*:1.0.0-alpha11 がリリースされました。バージョン 1.0.0-alpha11 に含まれる commit については、こちらをご覧ください。

API の変更

  • スコープのインターフェースをシールしました。(Iefa57
  • AnimatedPaneScope を導入しました。(I62d73b/332750742
  • AdaptStrategy をシールして安定させます。(Ia28b2
  • PaneScaffoldDirective のコピーメソッドを導入しました。(I9291f
  • ThreePaneScaffoldScope を試験運用版としてマーク(I9d527
  • ナビゲーションをサポートする使いやすいスキャフォールド API を提供します。(I263f0b/321010778

バージョン 1.0.0-alpha10

2024 年 4 月 3 日

androidx.compose.material3.adaptive:adaptive-*:1.0.0-alpha10 がリリースされました。バージョン 1.0.0-alpha10 に含まれる commit については、こちらをご覧ください。

API の変更

  • デフォルトの幅をアダプティブでカスタマイズ可能にします。(Ic3abc
  • スキャフォールド ディレクティブの計算関数の名前を変更。(I10855
  • スキャフォールド API からパディングとインセットを削除します。(I786f8
  • 汎用型のない remember メソッドを追加しました。(I607c3

バージョン 1.0.0-alpha09

2024 年 3 月 20 日

androidx.compose.material3.adaptive:adaptive-*:1.0.0-alpha09 がリリースされました。バージョン 1.0.0-alpha09 に含まれる commit については、こちらをご覧ください。

API の変更

  • 状態遷移フィールドを ThreePaneScaffoldScope に追加しました。(I3d917
  • スキャフォールド パラメータを並べ替えます。(I4dff5
  • AnimatedPane 修飾子パラメータのデフォルト値を指定します。(I77dd7

バグの修正

  • ペインの動きにスペーサーのサイズを含める。(a3174ca

バージョン 1.0.0-alpha08

2024 年 3 月 6 日

androidx.compose.material3.adaptive:adaptive-*:1.0.0-alpha08 がリリースされました。バージョン 1.0.0-alpha08 に含まれる commit については、こちらをご覧ください。

新機能

  • ペインの切り替え時に遅延スライディングを実装します。(I1a38e

API の変更

  • ThreePaneScaffoldState インターフェースを削除しました。(I63f23

バージョン 1.0.0-alpha07

2024 年 2 月 21 日