実行時に適切にアクセス権限をリクエストする(Android 6.0 以降)

  • 開発
  • エンゲージメント

アクセス権限のリクエストは適切なタイミングで行い、アクセス権限をリクエストする必要性についてユーザーにわかりやすく説明します。

解説

アクセス権限のリクエストが不適切で、ユーザーがその必要性をよく理解できないと、ユーザーからアクセス権限を許可されない可能性があります。その結果、意図していたアプリの機能をユーザーに提供できなくなることがあります。アクセス権限をリクエストする方法に不手際があると、最悪の場合、ユーザーがアプリに対する信用を失ってアンインストールしてしまう恐れもあります。

アクセス権限のリクエストに関するおすすめの方法を採用すれば、アプリのリクエストが正当であり、アプリからアクセスできるデータや機能が慎重に扱われるという安心感を与えることができます。そのため、アプリで必要なアクセス権限をユーザーが許可する可能性が高くなり、意図したとおりのアプリの機能を使えるようになるとアプリを愛用してくれるようになるでしょう。

おすすめの方法

  • アクセス権限をリクエストする前にユーザーにその理由を説明します。アクセス権限の用途が曖昧な場合は特に、説明が不可欠です。アクセス権限を必要とする機能には、アクセス権限のリクエストに対する明確なメリットがあることを示します。
  • アクセス権限が許可されているかどうかを常に確認してから、そのアクセス権限を使用します。ユーザーはシステム設定でいつでも権限の許可を取り消すことができるためご注意ください。
  • 権限を許可したユーザーがすぐにメリットを得られるようにします。そうすることで、ユーザーの信頼を得ることができ、ユーザーは権限のリクエストが正当かつ不可欠であったと確信できます。
  • ユーザーがアクセス権限の拒否を元に戻せるようにします。ユーザーが「今後表示しない」を選択した場合でも、アクセス権限を許可する必要が生じたときはアプリの設定で変更できることを説明します。
  • アプリが正しく機能するために適切な設定を行うよう、ユーザーに説明します。 アクセス権限を付与した後でも、ユーザーはデバイスの特定の設定を無効にすることができます。たとえば、機内モードでは、アプリがデータを取得できない場合があります。または、位置情報に対するアクセス権限がアプリに付与されていても、デバイスそのものの位置情報機能がオフにされることもあります。
    • 位置情報が必要な場合は、位置情報の設定リクエストを作成して、該当するデバイス設定がオンになっていることを確認します。これにより、ユーザーにダイアログが表示され、アプリを離れることなくデバイスの位置情報設定をオンにするよう促すことができます。

      Google 検索アプリの位置情報の設定リクエスト ダイアログの例