The Android Developer Challenge is back! Submit your idea before December 2.

Android 10 SDK をセットアップする

Android 10 はメジャー リリースで、アプリの拡張に使用できるさまざまな機能が組み込まれています。また、Android 10 には、電池寿命とセキュリティを向上させるための動作変更(Android 10 をターゲットとするアプリ向けおよびすべてのアプリ向け)や、プライバシーに関する変更も組み込まれています。

Android 10 API でアプリを開発して Android 10 の動作変更でテストするには、このページの手順に沿って Android Studio で Android 10 SDK をセットアップし、Android 10 でアプリをビルドして実行します。

最新の Android Studio を入手する

Android 10 SDK には、古いバージョンの Android Studio と互換性のない変更が含まれています。そのため、最適な開発エクスペリエンスを確保するには、Android Studio の最新版をインストールすることをおすすめします。

Android Studio を入手する

Android Studio 3.3 以降を使用して Android 10 アプリをコンパイルし、テストすることはできますが、Android 10 SDK を使用している際に Gradle の同期に失敗したり、古い依存関係に関する警告が表示されたりすることがあります。

Android 10 SDK を入手する

Android Studio をインストールして開いた後、次の手順で Android 10 SDK をインストールします。

  1. [Tools] > [SDK Manager] をクリックします。
  2. [SDK Platforms] タブで、[Android 10 (29)] を選択します。
  3. [SDK Tools] タブで、[Android SDK Build-Tools 29](またはそれ以降)を選択します。
  4. [OK] をクリックしてインストールを開始します。

ビルド設定をアップデートする

Android 10 に対するアプリの互換性を十分にテストし、このバージョンのプラットフォームで導入された API の使用を開始するには、次に示すようにモジュール レベルの build.gradle ファイルを開いて compileSdkVersiontargetSdkVersion をアップデートします。

android {
        compileSdkVersion 29

        defaultConfig {
            targetSdkVersion 29
        }
        ...
    }
    

アプリに影響を与える可能性のある Android 10 の変更点を確認し、テストを開始するには、すべてのアプリに影響する Android 10 の動作変更Android 10 をターゲットとするアプリに影響する Android 10 の動作変更Android 10 のプライバシーに関する変更点をご覧ください。

Android 10 以降で使用できる API について詳しくは、Android 10 の機能と API をご覧ください。