フリーズしたフレーム

フリーズしたフレームは、レンダリングに 700 ミリ秒より長くかかる UI フレームです。フレームがレンダリングされている間、アプリが停止しているように見え、ユーザー入力にほぼ 1 秒間反応しないため、これは問題です。UI をスムーズにするため、通常は 16 ミリ秒以内にフレームをレンダリングすることをおすすめします。ただし、アプリの起動時または別の画面への移行時には、最初のフレームの描画に 16 ミリ秒以上かかることが普通です。これは、アプリがビューを拡大し、画面をレイアウトし、最初から描画する必要があるためです。そのため、Android では遅いレンダリングとは別に、フリーズしたフレームをトラックします。アプリのフレームのレンダリングに 700 ミリ秒以上かかることはありません。

アプリの品質向上に役立つように、Android ではアプリのフリーズしたフレームを自動的にモニターし、情報を Android Vitals ダッシュボードに表示します。データの収集方法については、Play Console のドキュメントをご覧ください。

フリーズしたフレームは遅いレンダリングの極端な形であるため、問題を診断し解決する手順は同じです。遅いレンダリングの診断と解決については、遅いレンダリングをご覧ください。