Chromebook でのアプリの読み込み

このドキュメントでは、デベロッパー モードに移行し、提供元不明のアプリを許可することにより、Google Chromebook に Android アプリを読み込む方法について説明します。

デベロッパー モードへの移行

Android アプリを読み込むには、提供元不明のアプリを許可する必要があります。端末がデベロッパー モードになっている場合にのみ、提供元不明のアプリを許可できます。

警告: Google はシステムに加えられた変更をサポートしません。変更を加えると、保証が無効になる場合があります。また、変更により、ハードウェア、ソフトウェア、またはセキュリティの問題が発生する可能性があります。

注: ほとんどの端末では、[recovery] ボタンと [dev-switch] ボタンの両方が仮想化されています。このドキュメントに記載された手順が機能しない場合、各端末向けの詳しい手順を参照してください。

デベロッパー モードに移行するには、次のステップを実行します。

  1. Esc キーと F3 キー(更新)を押したまま電源ボタンを押し、リカバリー モードで起動します。
  2. リカバリー画面が表示されたら、Ctrl+D を押します。この操作を求めるプロンプトは表示されないため、単にキーを押す必要があります。その後、確認が求められるので、再起動してデベロッパー モードに移行します。

端末が起動したときに次のいずれかの画面が表示された場合、正常にデベロッパー モードに移行しています。

図 1 デベロッパー モードの確認画面

注: OS の読み込み画面をスキップするには、30 間秒待つか、Ctrl+D を押します。そうすると、Chromebook が起動を継続します。

提供元不明のアプリの許可

提供元不明のアプリを許可するには、[Chrome Settings] > [App Settings] > [Security] に移動し、スライダを右側に動かして提供元不明のアプリを許可します。

注: 端末がデベロッパー モードになっている場合にのみ、提供元不明のアプリを許可できます。

アプリの読み込み

提供元不明のアプリを許可した後、アプリの APK ファイルを [Downloads] フォルダにコピーし、Android の File Manager アプリでそのファイルを開くことにより、アプリを読み込むことができます。

次のいずれかの方法を使用して、Chromebook に APK ファイルをコピーできます。

  • クラウドアプリを使用する – APK ファイルを Google Drive にアップロードするか、メールを使って APK ファイルを自分宛てに送信します。Android アプリに相当する機能(Drive と Gmail)で APK ファイルを開きます。
  • 外部ストレージ デバイスを使用する – サムドライブ、SDカード、または外部ハードドライブを使用して、Chromebook の [Downloads] フォルダに APK ファイルを移します。その後、[Chrome Settings] > [App Settings] > [Device & USB] > [Explore] に移動し、Android の File Manager アプリを開きます。
  • ADB を使用する – Chromebook で ADB をセットアップした後、開発ワークステーションのターミナル ウィンドウに次のコマンドを入力します。
    adb install app-name.apk
    

    このコマンドにより、接続された Chromebook にアプリがプッシュされてインストールされます。開発コンピュータからアプリをコピーしてインストールする方法の詳細については、アプリのインストールを参照してください。