Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Chromebook でのアプリのレンダリングの違い

Chrome OS では Android アプリはウィンドウ内で実行されるため、Chromebook でのアプリのレンダリング方法は少し異なります。このページでは、その違いについて説明します。

タスク、ウィンドウ、透明度

1 つのタスクは、1 つのアプリの実行時にユーザーが操作するアクティビティのスタックで構成されています。Chrome OS 上では、タスクはタイトルバー付きのウィンドウとして表示され、複数のアプリが互いに重なり合っています。各アクティビティを一部半透明にして、下位のレイヤが透けて見えるようにできます。

従来の Android アプリでは、前のタスクまたはデスクトップがタスクの下に透けて見えます。 つまり、半透明のタスクの下に常に何かが表示されています。

これは、次の理由からウィンドウ環境では機能しません。

  • ウィンドウの下に表示されるコンテンツは制御できず、よってどのようなものにもなりうる。
  • 完全に透明なピクセルはすべて、いかなるタッチやマウスのイベントも「魔法のように」通過させる。
  • ウィンドウ要素とそれに対応するキャプションが視覚的に切り離され、目には見えるものの実際には対応しない要素と混同される可能性がある。

この問題を回避するために、Chrome OS の Play では各ウィンドウの背後に半透明の四角形が描画されます。そのため、Chrome OS で実行されるアプリでは、Theme.Translucent.NoTitleBar テーマを使用している場合でも完全に透明になることはありません。