Android 11 SDK をセットアップする

Android 11 は Android の次期メジャー リリースであり、アプリを拡張できるさまざまな新機能が追加されています。Android 11 では、電池寿命やセキュリティを向上させ、またユーザーのプライバシーを強化するための動作変更も行われています。こうした動作変更は、アプリの targetSDKVersion にかかわらず、Android 11 をターゲットとするアプリだけに影響する変更もあれば、Android 11 デバイスで実行されるすべてのアプリに影響する変更もあります。

Android 11 API でアプリを開発して Android 11 の動作変更でテストするには、このページの手順に沿って Android Studio で Android 11 SDK をセットアップし、Android 11 でアプリをビルドして実行します。

最新の Android Studio プレビュー版を入手する

Android 11 には、古いバージョンの Android Studio と互換性のない変更が含まれています。そのため、Android 11 SDK で最適な開発を行うには、最新のプレビュー版の Android Studio をインストールすることをおすすめします。

Android Studio プレビュー版を入手する

Android Studio 3.3 以上を使用して Android 11 アプリをコンパイル、テストできますが、Android 11 SDK の使用時に、Gradle の同期に失敗したり、古い依存関係に関する警告が表示されたりすることがあります。なお、Android Studio は複数のバージョンを同じシステム上にインストールできます。そのため、Android Studio の既存のバージョンをインストールしたままにしておくことができます。

Android 11 SDK を入手する

Android Studio プレビュー版をインストールして開いた後、次の手順で Android 11 SDK をインストールします。

  1. [Tools] > [SDK Manager] をクリックします。
  2. [SDK Platforms] タブで [Android R Preview] を選択します。
  3. [SDK Tools] タブで [Android SDK Build-Tools 30](またはそれ以上)を選択します。
  4. [OK] をクリックしてインストールします。

ビルド構成を更新する

Android 11 をターゲットにするようにアプリのビルド構成を変更すると、アプリが Android 11 API にアクセスできるようになり、Android 11 を完全にサポートする過程でアプリの互換性を十分にテストできます。これを行うには、モジュール レベルの build.gradle ファイルを開いて、compileSdkVersiontargetSdkVersion を更新します。

android {
    compileSdkVersion 30

    defaultConfig {
        targetSdkVersion 30
    }
    ...
}

アプリに影響する可能性のある Android 11 の変更点を確認し、テストを開始する方法については、以下のページをお読みください。

Android 11 で利用できる新しい API について詳しくは、Android 11 の機能と API の概要をご覧ください。