コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
Android 11

人とのつながりを表現豊かに、新しいコントロール スペース、より多彩なプライバシー機能で実現。
会話通知やバブルによるアプリの拡張、1 回だけのアクセス許可、デバイス コントロールとメディア コントロールが用意されています。互換性切り替えや ADB の増分インストールなどのツールで、より迅速に作業できます。

Android 11 の特長

Android 11 で稼働するアプリが影響を受ける可能性のあるシステム変更。
アプリでサポートする必要がある、ユーザーのプライバシーを保護するための新たな安全保護対策。
会話、バブル、デバイス、メディア コントロール、5G、生体認証など。

Android 11 を使ってみる

  1. ランタイム環境のセットアップ - Android 11 を入手するを参照して、Google Pixel デバイスをフラッシュするか、エミュレータをセットアップしてください。
  2. Android Studio のセットアップ - Android 11 SDK とツールをお試しください。手順については、セットアップ ガイドをご覧ください。
  3. 新機能の詳細 - アプリに影響を及ぼす可能性があるプライバシー機能動作の変更点を確認します。
  4. アプリのテスト - あらゆるフローを実行し、問題点を探します。 ランタイムで動作変更を切り替え、問題を切り分けます。
  5. アプリの更新 - 可能であれば Android 11 をターゲットとして、ベータ版チャネルの利用ユーザー、または他のグループにテストしてもらいます。

ツールとリソース

主要な動作変更を切り替え、統合されたログを使用してデバッグします。ターゲット設定を変更する必要はありません。
このチェックリストの手順に沿ってアプリを Android 11 に対応させます。
フィードバックや問題をお知らせいただくことは非常に重要です。Google のメインの Issue Tracker をご利用ください。

最新情報