BooleanConfiguration

ブール値構成を使用すると、ユーザーがウォッチフェイス エディタでウォッチフェイスをカスタマイズするときに、オン / オフを切り替えられるようになります。

Wear OS 4 から導入されました。

構文

<BooleanConfiguration id="string" displayName="string" icon="string"
                         screenReaderText="string" defaultValue="TRUE | FALSE"
/>

次のコード スニペットのとおり、Scene 要素内に BooleanConfiguration 要素を含められます。

<UserConfigurations>
  <BooleanConfiguration id="show_date"
      displayName="@string/show_date_label"
      screenReaderText="@string/show_date_label"
      defaultValue="TRUE"
  />
</UserConfigurations>

<!-- ... -->

<Scene backgroundColor="#ff000000">
  <!-- ... -->

  <BooleanConfiguration id="show_date">
    <BooleanOption id="TRUE">
      <Group ...>
        <!-- ...Content to show date -->
      </Group>
    </BooleanOption>
    <BooleanOption id="FALSE">
      <Group ...>
        <!-- ...Content when date not required -->
      </Group>
    </BooleanOption>
  </BooleanConfiguration>

  <!-- ... -->
</Scene>

属性

BooleanConfiguration 要素には次の属性があります。

必須属性

次の属性は必須です。

id
それぞれの構成値に割り当てられる一意の識別子。
displayName
ウォッチフェイス エディタに表示されるテキストに対応したリソース ID。
defaultValue
ユーザーがウォッチフェイス エディタで明示的に構成を変更しない場合に使用される、デフォルトの構成値。

オプションの属性

次の属性は省略可能です。

icon
ウォッチフェイス エディタに表示されるドローアブル リソースに対応するリソース ID。最大サイズは 400x400 ピクセルです。
screenReaderText
ユーザーが TalkBack を有効にしている場合に使用されるテキストに対応したリソース ID。