アニメーション

アニメーションをウォッチフェイス XML ファイル内の親 Transform 要素に適用します。Transform 要素が特定の属性の値を変更した場合、子 Animation 要素はウォッチフェイスの変更値を徐々に更新します。

Wear OS 4 で導入されました。

構文

<Transform ...>
    <!-- Only the "duration" attribute is required. -->
    <Animation interpolation="LINEAR | EASE_IN | EASE_OUT | EASE_IN_OUT |
               OVERSHOOT | CUBIC_BEZIER" controls="four-component-vector"
               angleDirection="NONE | CLOCKWISE | COUNTER_CLOCKWISE"
               repeat="integer" fps="integer"
               duration="float">
    </Animation>
</Transform>

属性

Animation 要素には次の属性があります。

必須属性

次の属性は必須です。

duration
アニメーションの再生時間(秒単位)。この属性は必須です。

オプションの属性

次の属性は省略可能です。

interpolation

このアニメーションに使用する補間メソッド。有効な値は次のとおりです。

  • LINEAR(デフォルト)
  • EASE_IN
  • EASE_OUT
  • EASE_IN_OUT
  • OVERSHOOT
  • CUBIC_BEZIER
controls

アニメーションのコントロール ポイントの位置を表す 4 成分ベクトル。デフォルト値は <0.5, 0.5, 0.5, 0.5> です。

この属性は interpolationCUBIC_BEZIER に設定されている場合にのみ有効になります。

angleDirection

このアニメーションを一定角度回転するときに使用する向き。 有効な値は次のとおりです。

  • NONE(デフォルト): 回転しない
  • CLOCKWISE: 時計回りにアニメーション化
  • COUNTER_CLOCKWISE: 反時計回りにアニメーション化
repeat

アニメーションを繰り返し再生する回数を指定します。値 0(デフォルト値)を指定すると、アニメーションは繰り返し再生されません。値 -1 は、アニメーションが無期限にループすることを意味します。

fps

アニメーション レート(フレーム/秒)。デフォルト値は 15 です。