ローカライズ

現在の日時に依存する親要素のタイムゾーンとカレンダー形式を指定します。

Wear OS 4 から導入されました。

構文

<Localization timeZone="iana-tz-string" calendar="BUDDHIST | CHINESE |
              COPTIC | DANGI | ETHIOPIC | ETHIOPIC_AMETE_ALEM | GREGORIAN |
              HEBREW | INDIAN | ISLAMIC | ISLAMIC_CIVIL | ISLAMIC_UMALQURA |
              JAPANESE | PERSIAN | ROC" locales="locales-list">
</Localization>

属性

Localization 要素には次の属性を任意で含められます。

timeZone

IANA タイムゾーン識別子Asia/SeoulEurope/LondonAmerica/Los_Angeles など)。

SYNC_TO_DEVICE は Wear OS デバイスの現在のタイムゾーンを式で使用することを表します。

calendar

ICU 対応の世界カレンダー形式。デフォルトは GREGORIAN で、グレゴリオ暦を表します。

locales

ロケールの文字列をスペースで区切ったリスト。リストされたロケールのいずれかがシステム ロケールと一致する場合は、このフィールドが使用されます。それ以外の場合は、リストで最初に使用可能なロケールが使用されます。デフォルトはシステム ロケールです。