チェック

ウォッチフェイスの作成者は、個々の針の動きに合わせて秒数を増加させるなど、SecondHand 要素の動作を定義できます。

Wear OS 4 から導入されました。

構文

<Tick duration="valid-value" strength="valid-value" />

属性

Tick 要素には次の属性が必要です。

duration
指定された秒での針の動きの継続時間(範囲: (0.0-1.0))。たとえば、値が 0.2 の場合、最初の 200 ミリ秒間動き、残りの 800 ミリ秒間は動きません。
strength
針の動きの強さは、(0.0-1.0] の範囲内にします。
  • 注: JavaScript がオフになっている場合はリンクテキストが表示されます
  • SecondHand