Android 11 を入手する

Android 11 デベロッパー プレビューへようこそ。ご利用を開始する手順は次のとおりです。

  1. プログラムとスケジュールの確認 - 主な期日と詳細については、概要をご覧ください
  2. ランタイム環境のセットアップ - 下記を参照して、Google Pixel デバイスを使用するか、エミュレータをセットアップしてください
  3. Android Studio のセットアップ(Preview SDK とツールも使用)- 詳細については SDK をセットアップするをご覧ください

Google Pixel でのフラッシュから OTA まで

Android 11 デベロッパー プレビューは、Google Pixel 4 / 4 XL、Pixel 3a / 3a XL、Pixel 3 / 3 XL、Pixel 2 / 2 XL 上で利用できます。

デベロッパー プレビューのリリースは、デベロッパーのみを対象とした早期基本ビルドです。アーリー アドプターやエンドユーザーによる日常的な利用には適していないため、手動ダウンロードとフラッシュでのみ提供しています。これらのビルドを書き込むには、完全にリセットする必要があるので、最初に必ずデータをバックアップしてください。

各マイルストーンで、ダウンロード可能なシステム イメージが提供されるので、ご自身でダウンロードして書き込むことができます。手動でのダウンロードとフラッシュの操作を簡単にするため、Android Flash Tool でもプレビュー版のシステム イメージが提供されます。デバイスを USB に接続してツールにアクセスするだけでご利用になれます。

Pixel デバイスにデベロッパー プレビュー ビルドを書き込むと、その後のデベロッパー プレビュー ビルドとベータ版ビルドの無線(OTA)アップデートが自動的に提供されるようになります。

Flash Tool からシステム イメージのダウンロード ページに移動し、書き込む手順を完了します。

いつでも製品版ビルドに戻すことができます。それには、Pixel ファクトリー イメージのページから該当するシステム イメージを書き込んでください。この場合も完全にリセットする必要があります。

Android Emulator

Android 11 を稼働できるハードウェア デバイスを利用できない場合でも、Android Emulator を開発とテスト用にセットアップすることで、デベロッパー プレビューに参加できます。

Android 11 デベロッパー プレビューを実行するように Android Emulator を設定すると、新機能や API を調べたり、Android 11 の動作の変更点をテストしたりするのにとても便利です。エミュレータのセットアップは簡単です。エミュレータを使用すると、さまざまな画面サイズやデバイスの特性をエミュレートできます。

Android 11 デベロッパー プレビューを使用するように、Android Studio 内からエミュレータをセットアップできます。次のように、最新のシステム イメージをインストールして、新しい仮想デバイスを作成するだけです。

  1. Android Studio で [Tools] > [SDK Manager] をクリックします。
  2. [SDK Platforms] タブで、ウィンドウの下部にある [Show Package Details] を選択します。
  3. [Android 11 Developer Preview] でシステム イメージ([Google APIs Intel x86 Atom System Image] など)を選択します。
  4. [SDK Tools] タブで Android Emulator の最新版を選択します。
  5. [OK] をクリックするとインストールが開始します。
  6. インストールが完了したら、[Tools] > [AVD Manager] を選択し、手順に沿って新しい AVD を作成します。

    必ず Pixel デバイスを選択し、システム イメージとして [R] を選択してください。

  7. AVD Manager の仮想デバイスのリストに戻ったら、新しい仮想デバイスをダブルクリックして起動します。

Android GSI

Android の Generic System Image(GSI)バイナリは、Treble に対応しているデバイス上でアプリをテストして検証するデベロッパー向けに提供されています。このイメージを使用して Android 11 での互換性の問題に対処できるだけでなく、Android 11 が正式にリリースされる前に OS やフレームワークの問題を見つけて報告することができます。

デバイスの要件、書き込む手順、各デバイスに応じたイメージタイプの選択について詳しくは、GSI ドキュメントをご覧ください。GSI バイナリをダウンロードする準備ができたら、Android 11 GSI ページのダウンロード セクションをご覧ください。