注: 2022 年 8 月 2 日以降、すべての新規アプリでは Billing Library バージョン 4 以降を使用する必要があります。また既存のアプリのアップデートについては、2022 年 11 月 1 日より Billing Library バージョン 4 以降の使用が必須となります。詳細

Google Play Billing Library をアプリに統合する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このトピックでは、Google Play Billing Library をアプリに統合してアイテムの販売を開始する方法について説明します。

このトピックには、GitHub 上の公式サンプルアプリに基づくコード例が含まれています。統合の際に使用できるサンプルアプリとその他のリソースの一覧については、追加リソースをご覧ください。

購入ライフサイクル

1 回限りの購入または定期購入の一般的な購入フローは次のとおりです。

  1. 購入できるアイテムをユーザーに表示します。
  2. ユーザーが実際に購入を選択するまでの購入フローを起動します。
  3. サーバーで購入を確認します。
  4. ユーザーにコンテンツを提供します。
  5. コンテンツの配信を承認します。消費可能アイテムの場合は、その購入アイテムを消費し、ユーザーがアイテムを再購入できないようにします。

定期購入は、ユーザーがキャンセルするまで自動的に更新されます。定期購入には次のステータスがあります。

  • アクティブ: ユーザーは良好な状態にあり、問題なく定期購入を利用できます。
  • キャンセル済み: ユーザーは定期購入をキャンセルしましたが、期限切れになるまで利用できます。
  • 猶予期間内: 支払いに関する問題が発生しましたが、Google がお支払い方法を再試行している間、ユーザーは定期購入を利用できます。
  • 保留中: 支払いに関する問題が発生し、Google がお支払い方法を再試行している間、ユーザーは定期購入を利用できなくなりました。
  • 一時停止中: ユーザーは定期購入の利用を一時停止し、再開するまで利用できなくなりました。
  • 期限切れ: ユーザーは定期購入をキャンセルし、利用できなくなりました。期限切れになると、ユーザーは解約したものと見なされます。

Google Play への接続を初期化する

Google Play の課金システムを統合するための最初のステップは、アプリに Google Play Billing Library を追加して接続を初期化することです。

Google Play Billing Library への依存関係を追加する

次に示すように、Google Play Billing Library への依存関係をアプリの build.gradle ファイルに追加します。

Groovy

dependencies {
    def billing_version = "5.1.0"

    implementation "com.android.billingclient:billing:$billing_version"
}

Kotlin

dependencies {
    val billing_version = "5.1.0"

    implementation("com.android.billingclient:billing:$billing_version")
}

Kotlin を使用している場合、Google Play Billing Library の KTX モジュールに Kotlin 拡張機能とコルーチンのサポートが含まれているため、Google Play Billing Library を使用する際に慣用的な Kotlin コードを作成できます。これらの拡張機能をプロジェクトに含めるには、アプリの build.gradle ファイルに次の依存関係を追加します。

Groovy

dependencies {
    def billing_version = "5.1.0"

    implementation "com.android.billingclient:billing-ktx:$billing_version"
}

Kotlin

dependencies {
    val billing_version = "5.1.0"

    implementation("com.android.billingclient:billing-ktx:$billing_version")
}

BillingClient を初期化する

Google Play Billing Library への依存関係を追加したら、BillingClient インスタンスを初期化する必要があります。BillingClient は、Google Play Billing Library とアプリの他の部分の通信に使用されるメイン インターフェースです。BillingClient は、多くの一般的な請求処理に役立つコンビニエンス メソッド(同期メソッドと非同期メソッドの両方)を提供します。1 つのイベントに対する複数の PurchasesUpdatedListener コールバックを回避するため、一度に開くアクティブな BillingClient 接続は 1 つにすることを強くおすすめします。

BillingClient を作成するには、newBuilder() を使用します。任意のコンテキストを newBuilder() に渡すと、BillingClient がそれを使用してアプリケーションのコンテキストを取得します。つまり、メモリリークを心配する必要はありません。また、購入に関する最新情報を受け取るには、setListener() を呼び出して PurchasesUpdatedListener への参照を渡す必要があります。このリスナーは、すべてのアプリ内購入に関する最新情報を受信します。

Kotlin

private val purchasesUpdatedListener =
   PurchasesUpdatedListener { billingResult, purchases ->
       // To be implemented in a later section.
   }

private var billingClient = BillingClient.newBuilder(context)
   .setListener(purchasesUpdatedListener)
   .enablePendingPurchases()
   .build()

Java

private PurchasesUpdatedListener purchasesUpdatedListener = new PurchasesUpdatedListener() {
    @Override
    public void onPurchasesUpdated(BillingResult billingResult, List<Purchase> purchases) {
        // To be implemented in a later section.
    }
};

private BillingClient billingClient = BillingClient.newBuilder(context)
    .setListener(purchasesUpdatedListener)
    .enablePendingPurchases()
    .build();