アプリ内アイテムや定期購入などのデジタル コンテンツをアプリ内で販売できます。ご購入手続きは Google Play で処理されるため、デベロッパーは支払い取引を直接扱う必要がなく、またユーザーは使い慣れた統一感のあるフローでコンテンツを購入できます。

その他のリソース

アプリの収益基盤を確立し、収益を拡大するためのおすすめの方法をご紹介します。
Google Play 請求サービスを利用して定期購入を販売することにより、ユーザーがコンテンツや機能に継続的にアクセスできるようになります。
クレジット カードや配送情報の入力フォームをアプリに組み込まずに済み、商品やサービスの購入におけるコンバージョンを高めることができます。