アプリ内アップデート

ユーザーのデバイスでアプリを最新の状態に保つと、ユーザーは新しい機能を試すことができるほか、パフォーマンスの向上とバグの修正というメリットも得られます。デバイスが定額制で接続されている間のみ、バックグラウンド アップデートを実施する設定をユーザーが有効にしている場合もありますが、アップデートのインストールの通知を必要とするユーザーもいます。アプリ内アップデートは、アクティブ ユーザーにアプリのアップデートを促す Google Play Core ライブラリの機能です。

このアプリ内アップデート機能は、Android 5.0(API レベル 21)以降を搭載するデバイスでサポートされており、アプリは Play Core SDK のバージョン 1.5.0 以降を使用する必要があります。また、アプリ内アップデートは、Android モバイル デバイス、Android タブレット、Chrome OS デバイスでのみサポートされています。

アップデート フロー

アプリでは、Google Play Core ライブラリを使用して、アプリ内アップデートに関する次の UX フローをサポートできます。

フレキシブル アップデート

フレキシブル アップデートでは、正常状態のモニタリングによるバックグラウンドでのダウンロードとインストールが可能です。この UX は、ユーザーがアップデートをダウンロードしながらアプリを使用することを許容できる場合に適しています。たとえば、アプリのコア機能にとって重要ではない新機能をユーザーに試してもらうようにすすめる場合などです。

図 1. フレキシブルなアップデート フローの例。

即時アップデート

全画面表示の UX フローである即時アップデートでは、ユーザーがアプリを更新して再起動することで、継続的に使用できるようになります。この UX フローは、アップデートがアプリのコア機能に不可欠な場合に最適です。ユーザーが即時アップデートを承認すると、Google Play はアップデートのインストールとアプリの再起動を行います。

図 2. 即時アップデート フローの例。

アプリでアプリ内アップデートをサポートする

開発環境に応じて、アプリでアプリ内アップデートをサポートする方法をご確認ください。

利用規約

Play アプリ内アップデート ライブラリにアクセスするか、これを使用すると、Play Core ソフトウェア開発キット利用規約に同意したことになります。適用されるすべての利用規約とポリシーを読んで理解したうえで、ライブラリにアクセスしてください。

データ セーフティ

Play Core ライブラリは、Google Play ストアにおけるアプリのランタイム インターフェースです。そのため、アプリで Play Core を使用すると、Play ストア独自のプロセスが実行され、Google Play 利用規約に則ってデータが処理されます。ここでは、Play Core ライブラリがデータを処理して、アプリからの特定のリクエストを処理する方法について説明します。

アプリ内アップデート

使用量について収集されたデータ デバイスのメタデータ
アプリのバージョン
インストール済みのモジュールとアセットパックのリスト
データ収集の目的 収集されたデータは、アップデートが利用可能かどうか、アップデートのサイズがどの程度になるかを判断するために使用されます。
データの暗号化 データは暗号化されています。
データの共有 データが第三者に転送されることはありません。
データの削除 一定の保持期間が経過するとデータが削除されます。

Google ではできる限り透明性を確保することを目標としていますが、アプリのユーザーデータの収集、共有、セキュリティ対策に関する Google Play のデータ セーフティ セクションのフォームに対応する責任は、デベロッパーにあります。