ProtoLayout 名前空間に移行する

バージョン 1.2 ではタイル レイアウト API のほとんどは androidx.wear.protolayout 名前空間にあります。最新の API を使用するには、コードで以下の移行手順を実行してください。

依存関係を更新する

アプリ モジュールのビルドファイルを次のように変更します。

Groovy

  // Remove
  implementation 'androidx.wear.tiles:tiles-material:version'

  // Include additional dependencies
  implementation "androidx.wear.protolayout:1.1.0-alpha03"
  implementation "androidx.wear.protolayout-material:1.1.0-alpha03"
  implementation "androidx.wear.protolayout-expression:1.1.0-alpha03"

  // Update
  implementation "androidx.wear.tiles:tiles:1.3.0-alpha03"

Kotlin

  // Remove
  implementation("androidx.wear.tiles:tiles-material:version")

  // Include additional dependencies
  implementation("androidx.wear.protolayout:1.1.0-alpha03")
  implementation("androidx.wear.protolayout-material:1.1.0-alpha03")
  implementation("androidx.wear.protolayout-expression:1.1.0-alpha03")

  // Update
  implementation("androidx.wear.tiles:tiles:1.3.0-alpha03")

名前空間を更新する

アプリの Kotlin ベースと Java ベースのコードファイルを次のように更新します。または、こちらの名前空間名変更スクリプトを実行することもできます。

  1. すべての androidx.wear.tiles.material.* インポートを androidx.wear.protolayout.material.* に置き換えます。androidx.wear.tiles.material.layouts ライブラリでもこのステップを実行します。
  2. 他のほぼすべての androidx.wear.tiles.* インポートを androidx.wear.protolayout.* に置き換えます。

    androidx.wear.tiles.EventBuildersandroidx.wear.tiles.RequestBuildersandroidx.wear.tiles.TileBuildersandroidx.wear.tiles.TileService のインポートはそのままにします。

  3. TileService クラスと TileBuilder クラスの非推奨のメソッドの名前を変更します。

    1. TileBuilders: getTimeline() から getTileTimeline()setTimeline() から setTileTimeline() に変更
    2. TileService: onResourcesRequest() から onTileResourcesRequest() に変更
    3. RequestBuilders.TileRequest: getDeviceParameters() から getDeviceConfiguration()setDeviceParameters() から setDeviceConfiguration()getState() から getCurrentState()setState() から setCurrentState() に変更