ネイティブまたは Java 向けのビルド

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

プロジェクトの Android App Bundle に Play Asset Delivery を組み込む手順は次のとおりです。この手順で Android Studio を使用する必要はありません。

  1. プロジェクトに Play Core Library をインポートします。

  2. プロジェクトの build.gradle ファイル内の Android Gradle プラグインのバージョンを 4.0.0 以降に更新します。

  3. プロジェクトの最上位ディレクトリに、Asset Pack のディレクトリを作成します。このディレクトリ名は Asset Pack 名として使用されます。Asset Pack 名の先頭は英字にしてください。その後には、英字、数字、アンダースコアのみ使用できます。

  4. Asset Pack のディレクトリに build.gradle ファイルを作成し、下記のコードを入力します。Asset Pack の名前と配信タイプを 1 つだけ指定します。

    // In the asset pack’s build.gradle file:
    apply plugin: 'com.android.asset-pack'
    
    assetPack {
        packName = "asset-pack-name" // Directory name for the asset pack
        dynamicDelivery {
            deliveryType = "[ install-time | fast-follow | on-demand ]"
        }
    }
    
  5. プロジェクトのアプリの build.gradle ファイルで、下記のように、プロジェクト内の各 Asset Pack の名前を追加します。

    // In the app build.gradle file:
    android {
        ...
        assetPacks = [":asset-pack-name", ":asset-pack2-name"]
    }
    
  6. プロジェクトの settings.gradle ファイルに、下記のように、プロジェクト内のすべての Asset Pack をインクルードします。

    // In the settings.gradle file:
    include ':app'
    include ':asset-pack-name'
    include ':asset-pack2-name'
    
  7. Asset Pack のディレクトリにサブディレクトリ src/main/assets を作成します。

  8. アセットを src/main/assets ディレクトリに配置します。ここでもサブディレクトリを作成できます。アプリのディレクトリ構造は次のようになります。

    • build.gradle
    • settings.gradle
    • app/
    • asset-pack-name/build.gradle
    • asset-pack-name/src/main/assets/your-asset-directories
  9. Gradle を使用して Android App Bundle をビルドします。生成された App Bundle のルートレベルのディレクトリには、以下が含まれるようになりました。

    • asset-pack-name/manifest/AndroidManifest.xml: Asset Pack の識別子と配信モードを設定します
    • asset-pack-name/assets/your-asset-directories: Asset Pack の一部として配信されるすべてのアセットを含むディレクトリです

    Gradle は各 Asset Pack のマニフェストを生成し、assets/ ディレクトリを出力してくれます。

  10. (省略可)さまざまなテクスチャ圧縮形式をサポートするように App Bundle を構成します。

次のステップ

次のいずれかを使用して、ゲームまたはアプリのコードに Play Asset Delivery を統合します。