大画面での開発におけるレスポンシブ レイアウト

ユーザーはあらゆる種類のデバイスでアプリを使用します。スマートフォン、タブレット、折りたたみ式、Chrome OS デバイスに合わせて調整できるレスポンシブ レイアウトを使用して、アプリの可能性を最大限に引き出します。
現在、タブレット、折りたたみ式、Chrome OS など、2 億 5,000 万台以上の大画面 Android デバイスが使用されています。
レスポンシブ レイアウトを使用して、同じコードベースからさまざまな Android デバイスにアプリをデプロイできます。
大画面はコンテンツの消費に最適です。多くのアプリは、折りたたみ式デバイスとタブレットのアプリ指標でユーザー エンゲージメントと時間が向上しています。


大画面向けのマテリアル デザイン リソース

より多くのデバイスを対象として設計、開発します。
レスポンシブ エクスペリエンスを構築する際の優先事項。
マテリアル デザイン レイアウトでは、統一された要素と間隔を使用して、プラットフォーム、環境、画面サイズ全体で一貫性を確保します。

すでに多くのアプリがレスポンシブ レイアウトを使用

アプリを大画面向けに最適化すると、ユーザー エクスペリエンスが向上し、ビジネスの成果につながります。すべてのカテゴリにわたって、大画面を活用してこのチャンスを獲得するアプリが増えています。デベロッパーが構築したエクスペリエンスをご覧になり、その実装内容やビジネスにとって重要な理由をご確認ください。

最新のニュース