ワーカーの中間進捗状況の監視

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

WorkManager には、ワーカーの中間進捗状況の設定および監視に関する最高クラスのサポートがあります。アプリがフォアグラウンドで実行されているときにワーカーが実行されていた場合、この情報も、WorkInfoLiveData を返す API を使用して、ユーザーに表示できます。

ListenableWorker が中間進捗状況を保持可能な setProgressAsync() API をサポートするようになりました。デベロッパーはこの API を使用して、UI で監視可能な中間進捗状況を設定できます。進捗状況は、プロパティのシリアル化可能なコンテナ(input および output に似ており、同じ制限を受ける)である Data 型で表されます。

進捗状況情報を監視および更新できるのは、ListenableWorker が実行されている間だけです。ListenableWorker の実行完了後にその進捗状況を設定しようとしても無視されます。進捗状況情報は、getWorkInfoBy…() または getWorkInfoBy…LiveData() のいずれかのメソッドを使用して監視することも可能です。これらのメソッドは、Data を返す新しい getProgress() メソッドを持つ WorkInfo のインスタンスを返します。

進捗状況の更新

Java で ListenableWorker または Worker を使用している場合、setProgressAsync() API は ListenableFuture<Void> を返します。更新プロセスで進捗状況情報をデータベースに保存する場合、進捗状況の更新は非同期で行われます。Kotlin では、CoroutineWorker オブジェクトの setProgress() 拡張関数を使用して進捗状況情報を更新できます。

以下に、シンプルな ProgressWorker の例を示します。Worker は開始時に進捗状況の値を 0 に設定し、完了時に 100 に更新します。

Kotlin

import android.content.Context
import androidx.work.CoroutineWorker
import androidx.work.Data
import androidx.work.WorkerParameters
import kotlinx.coroutines.delay

class ProgressWorker(context: Context, parameters: WorkerParameters) :
    CoroutineWorker(context, parameters) {

    companion object {
        const val Progress = "Progress"
        private const val delayDuration = 1L
    }

    override suspend fun doWork(): Result {
        val firstUpdate = workDataOf(Progress to 0)
        val lastUpdate = workDataOf(Progress to 100)
        setProgress(firstUpdate)
        delay(delayDuration)
        setProgress(lastUpdate)
        return Result.success()
    }
}

Java

import android.content.Context;
import androidx.annotation.NonNull;
import androidx.work.Data;
import androidx.work.Worker;
import androidx.work.WorkerParameters;

public class ProgressWorker extends Worker {

    private static final String PROGRESS = "PROGRESS";
    private static final long DELAY = 1000L;

    public ProgressWorker(
        @NonNull Context context,
        @NonNull WorkerParameters parameters) {
        super(context, parameters);
        // Set initial progress to 0
        setProgressAsync(new Data.Builder().putInt(PROGRESS, 0).build());
    }

    @NonNull
    @Override
    public Result doWork() {
        try {
            // Doing work.
            Thread.sleep(DELAY);
        } catch (InterruptedException exception) {
            // ... handle exception
        }
        // Set progress to 100 after you are done doing your work.
        setProgressAsync(new Data.Builder().putInt(PROGRESS, 100).build());
        return Result.success();
    }
}

進捗状況の監視

進捗状況情報の監視も簡単です。getWorkInfoBy…() または getWorkInfoBy…LiveData() メソッドを使用して WorkInfo への参照を取得できます。

以下に、getWorkInfoByIdLiveData API の使用例を示します。

Kotlin

WorkManager.getInstance(applicationContext)
    // requestId is the WorkRequest id
    .getWorkInfoByIdLiveData(requestId)
    .observe(observer, Observer { workInfo: WorkInfo? ->
            if (workInfo != null) {
                val progress = workInfo.progress
                val value = progress.getInt(Progress, 0)
                // Do something with progress information
            }
    })

Java

WorkManager.getInstance(getApplicationContext())
     // requestId is the WorkRequest id
     .getWorkInfoByIdLiveData(requestId)
     .observe(lifecycleOwner, new Observer<WorkInfo>() {
             @Override
             public void onChanged(@Nullable WorkInfo workInfo) {
                 if (workInfo != null) {
                     Data progress = workInfo.getProgress();
                     int value = progress.getInt(PROGRESS, 0)
                     // Do something with progress
             }
      }
});

Worker オブジェクトの監視方法について詳しくは、処理の状態と処理のモニタリングをご覧ください。