CoroutineWorker でのスレッド化

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Kotlin ユーザーは WorkManager を使用することによってコルーチンを最大限に活用できます。まず、gradle ファイルに work-runtime-ktx を追加しますWorker を拡張する代わりに、doWork() の suspend バージョンを持つ CoroutineWorker を拡張する必要があります。たとえば、簡単な CoroutineWorker を作成してネットワーク オペレーションを実行する場合は、次のようにします。

class CoroutineDownloadWorker(
    context: Context,
    params: WorkerParameters
) : CoroutineWorker(context, params) {

    override suspend fun doWork(): Result {
        val data = downloadSynchronously("https://www.google.com")
        saveData(data)
        return Result.success()
    }
}

なお、CoroutineWorker.doWork() は、suspend 関数です。Worker とは異なり、このコードは、Configuration で指定された Executor では実行できません。代わりに、デフォルトで Dispatchers.Default になります。これをカスタマイズするには、独自の CoroutineContext を用意します。上記の例の場合、Dispatchers.IO で次のように処理を行うことをおすすめします。

class CoroutineDownloadWorker(
    context: Context,
    params: WorkerParameters
) : CoroutineWorker(context, params) {

    override suspend fun doWork(): Result {
        withContext(Dispatchers.IO) {
            val data = downloadSynchronously("https://www.google.com")
            saveData(data)
            return Result.success()
        }
    }
}

CoroutineWorker は、コルーチンをキャンセルしてキャンセル信号を伝達することにより、停止を自動的に処理します。処理の停止に対処するために特別な操作は必要ありません。

CoroutineWorker を別のプロセスで実行する

ListenableWorker の実装である RemoteCoroutineWorker を使用して、ワーカーを特定のプロセスにバインドすることもできます。

RemoteCoroutineWorker は、2 つの引数 ARGUMENT_CLASS_NAMEARGUMENT_PACKAGE_NAME を追加で使用して、特定のプロセスにバインドします。これらの引数は、処理リクエストの作成時に入力データの一部として指定します。

次の例は、特定のプロセスにバインドされた処理リクエストの作成を示しています。

Kotlin

val PACKAGE_NAME = "com.example.background.multiprocess"

val serviceName = RemoteWorkerService::class.java.name
val componentName = ComponentName(PACKAGE_NAME, serviceName)

val data: Data = Data.Builder()
   .putString(ARGUMENT_PACKAGE_NAME, componentName.packageName)
   .putString(ARGUMENT_CLASS_NAME, componentName.className)
   .build()

return OneTimeWorkRequest.Builder(ExampleRemoteCoroutineWorker::class.java)
   .setInputData(data)
   .build()

Java

String PACKAGE_NAME = "com.example.background.multiprocess";

String serviceName = RemoteWorkerService.class.getName();
ComponentName componentName = new ComponentName(PACKAGE_NAME, serviceName);

Data data = new Data.Builder()
        .putString(ARGUMENT_PACKAGE_NAME, componentName.getPackageName())
        .putString(ARGUMENT_CLASS_NAME, componentName.getClassName())
        .build();

return new OneTimeWorkRequest.Builder(ExampleRemoteCoroutineWorker.class)
        .setInputData(data)
        .build();

また、RemoteWorkerService ごとに、AndroidManifest.xml ファイルにサービス定義を追加する必要もあります。

<manifest ... >
    <service
            android:name="androidx.work.multiprocess.RemoteWorkerService"
            android:exported="false"
            android:process=":worker1" />

        <service
            android:name=".RemoteWorkerService2"
            android:exported="false"
            android:process=":worker2" />
    ...
</manifest>

サンプル