機能と API の概要

Android 15 では、デベロッパー向けに優れた新しい機能と API が導入されています。以降のセクションでは、関連する API の使用を開始する際に役立つこれらの機能の概要を説明します。

新しい API、変更された API、削除された API の詳細なリストについては、API 差分レポートをご覧ください。新しい API について詳しくは、Android API リファレンスをご覧ください。新しい API は、見やすくするためにハイライト表示されています。また、プラットフォームの変更がアプリに影響する領域については、Android 15 をターゲットとするアプリに影響する Android 15 の動作変更と、targetSdkVersion に関係なくすべてのアプリに影響する動作変更をご覧ください。

カメラとメディア

Android 15 には、カメラとメディアのエクスペリエンスを向上させるさまざまな機能が含まれています。また、クリエイターが Android でビジョンを具現化するのをサポートするツールやハードウェアにアクセスできます。

Android のメディアとカメラの最新機能とデベロッパー ソリューションについて詳しくは、Google I/O の最新の Android メディアとカメラ エクスペリエンスの構築の講演をご覧ください。

ローライト ブースト

Android 15 では、新しい自動露出モードであるローライト ブーストが導入され、カメラ 2夜間モードのカメラ拡張機能の両方で使用できます。ローライト ブーストは、暗い場所でプレビュー ストリームの露出を調整します。これは、夜間モードのカメラ拡張機能が静止画像を作成する方法とは異なります。夜間モードでは、大量の写真を組み合わせて 1 つの補正された画像を作成するためです。夜間モードは静止画像の作成には適していますが、フレームの連続ストリームを作成することはできませんが、ローライト ブーストは作成できます。そのため、ローライト ブーストにより、次のような新しいカメラ機能が有効になります。

  • 強化された画像プレビューを提供することで、ユーザーが暗い場所での写真をより適切にフレームに収められるようにする
  • 暗い場所での QR コードのスキャン

ローライト ブーストを有効にすると、光量が不足すると自動的にオンになり、光量が増加するとオフになります。

アプリは、暗い場所でプレビュー ストリームから録画して、明るい動画を保存できます。

詳しくは、ローライト ブーストをご覧ください。

アプリ内カメラ コントロール

Android 15 adds a new extension for more control over the camera hardware and its algorithms on supported devices:

  • Advanced flash strength adjustments enabling precise control of flash intensity in both SINGLE and TORCH modes while capturing images.

HDR ヘッドルーム コントロール

Android 15 では、基盤となるデバイスの機能とパネルのビット深度に適した HDR ヘッドルームが選択されます。1 つの HDR サムネイルを表示するメッセージ アプリなど、SDR コンテンツが大量にあるページの場合、この動作は SDR コンテンツの明度に悪影響を及ぼす可能性があります。Android 15 では、setDesiredHdrHeadroom を使用して HDR ヘッドルームを制御し、SDR と HDR のコンテンツのバランスを取ることができます。

左側の画面の SDR UI 要素の明るさは、右側の画面の明るさよりも均一に見えるため、HDR と SDR のコンテンツが混在している場合に生じる可能性があるヘッドルームの問題をシミュレートします。HDR ヘッドルームを調整することで、SDR コンテンツと HDR コンテンツのバランスを改善できます。

音量調整

Android 15 introduces support for the CTA-2075 loudness standard to help you avoid audio loudness inconsistencies and ensure users don't have to constantly adjust volume when switching between content. The system leverages known characteristics of the output devices (headphones and speaker) along with loudness metadata available in AAC audio content to intelligently adjust the audio loudness and dynamic range compression levels.

To enable this feature, you need to ensure loudness metadata is available in your AAC content and enable the platform feature in your app. For this, you instantiate a LoudnessCodecController object by calling its create factory method with the audio session ID from the associated AudioTrack; this automatically starts applying audio updates. You can pass an OnLoudnessCodecUpdateListener to modify or filter loudness parameters before they are applied on the MediaCodec.

// Media contains metadata of type MPEG_4 OR MPEG_D
val mediaCodec = …
val audioTrack = AudioTrack.Builder()
                                .setSessionId(sessionId)
                                .build()
...
// Create new loudness controller that applies the parameters to the MediaCodec
try {
   val lcController = LoudnessCodecController.create(mSessionId)
   // Starts applying audio updates for each added MediaCodec
}

AndroidX media3 ExoPlayer will also be updated to use the LoudnessCodecController APIs for a seamless app integration.

Virtual MIDI 2.0 デバイス

Android 13 では、Universal MIDI Packets(UMP)を使用して通信する USB を使用して MIDI 2.0 デバイスに接続するためのサポートが追加されました。Android 15 では、UMP のサポートが仮想 MIDI アプリに拡張されています。これにより、合成アプリは USB MIDI 2.0 デバイスの場合と同様に、シンセサイザー アプリを仮想 MIDI 2.0 デバイスとして制御できます。

AV1 ソフトウェア デコードの効率化

dav1d logo

dav1d, the popular AV1 software decoder from VideoLAN is now available for Android devices that don't support AV1 decode in hardware. dav1d is up to 3x more performant than the legacy AV1 software decoder, enabling HD AV1 playback for more users, including some low and mid tier devices.

For now, your app needs to opt-in to using dav1d by invoking it by name "c2.android.av1-dav1d.decoder". dav1d will be made the default AV1 software decoder in a subsequent update. This support is standardized and backported to Android 11 devices that receive Google Play system updates.

デベロッパーの生産性とツール

生産性を向上させるための Google の取り組みのほとんどは、Android StudioJetpack ComposeAndroid Jetpack ライブラリなどのツールを中心としていますが、ユーザーがより簡単にビジョンを実現できる方法を常に模索しています。

OpenJDK 17 の更新

Android 15 continues the work of refreshing Android's core libraries to align with the features in the latest OpenJDK LTS releases.

The following key features and improvements are included:

These APIs are updated on over a billion devices running Android 12 (API level 31) and higher through Google Play System updates, so you can target the latest programming features.

PDF の改善

Android 15 では、PdfRenderer API が大幅に改善されています。アプリには、パスワード保護されたファイルのレンダリング、アノテーション、フォームの編集検索、コピーによる選択などの高度な機能を組み込むことができます。線形化された PDF 最適化がサポートされているため、ローカルの PDF 表示を高速化し、リソース使用量を削減できます。

PDF レンダリングの最新のアップデートには、埋め込み PDF ファイルの検索などの機能が含まれています。

PdfRenderer は、プラットフォーム リリースに関係なく Google Play システム アップデートを使用して更新できるモジュールに移動されました。PdfRendererPreV という Android 15 より前の互換性のある API サーフェスを作成することで、これらの変更を Android 11(API レベル 30)まで遡ってサポートしています。

PdfRenderer API サーフェスの機能強化について皆様からのフィードバックをお待ちしております。今後の Android Jetpack ライブラリでは、こうした API の組み込みがより簡単になる予定です。

言語の自動切り替えによる調整

Android 14 では、言語の自動切り替えを伴うデバイス上の多言語認識機能が追加されていますが、特に 2 つの発話間の一時停止が少なく言語が切り替わる場合は、単語が欠落する可能性があります。Android 15 では、アプリがユースケースに合わせてこの切り替えを調整できるように、コントロールが追加されています。 EXTRA_LANGUAGE_SWITCH_INITIAL_ACTIVE_DURATION_TIME_MILLIS は自動切り替えを音声セッションの開始に制限し、EXTRA_LANGUAGE_SWITCH_MATCH_SWITCHES は定義された回数の切り替えの後に言語切り替えを無効にします。これらのオプションは、セッション中に 1 つの言語が自動検出されることを想定している場合に特に便利です。

OpenType Variable Font API を改善

Android 15 improves the usability of the OpenType variable font. You can now create a FontFamily instance from a variable font without specifying weight axes with the buildVariableFamily API. The text renderer overrides the value of wght axis to match the displaying text.

Using the new API, this simplifies the code for creating a Typeface considerably:

Kotlin

val newTypeface = Typeface.CustomFallbackBuilder(
            FontFamily.Builder(
                Font.Builder(assets, "RobotoFlex.ttf").build())
                    .buildVariableFamily())
    .build()

Java

Typeface newTypeface = Typeface.CustomFallbackBuilder(
            new FontFamily.Builder(
                new Font.Builder(assets, "RobotoFlex.ttf").build())
                    .buildVariableFamily())
    .build();

Previously, to create the same Typeface, you would need much more code:

Kotlin

val oldTypeface = Typeface.CustomFallbackBuilder(
            FontFamily.Builder(
                Font.Builder(assets, "RobotoFlex.ttf")
                    .setFontVariationSettings("'wght' 400")
                    .setWeight(400)
                    .build())
                .addFont(
                    Font.Builder(assets, "RobotoFlex.ttf")
                        .setFontVariationSettings("'wght' 100")
                        .setWeight(100)
                        .build()
                )
                .addFont(
                    Font.Builder(assets, "RobotoFlex.ttf")
                        .setFontVariationSettings("'wght' 200")
                        .setWeight(200)
                        .build()
                )
                .addFont(
                    Font.Builder(assets, "RobotoFlex.ttf")
                        .setFontVariationSettings("'wght' 300")
                        .setWeight(300)
                        .build()
                )
                .addFont(
                    Font.Builder(assets, "RobotoFlex.ttf")
                        .setFontVariationSettings("'wght' 500")
                        .setWeight(500)
                        .build()
                )
                .addFont(
                    Font.Builder(assets, "RobotoFlex.ttf")
                        .setFontVariationSettings("'wght' 600")
                        .setWeight(600)
                        .build()
                )
                .addFont(
                    Font.Builder(assets, "RobotoFlex.ttf")
                        .setFontVariationSettings("'wght' 700")
                        .setWeight(700)
                        .build()
                )
                .addFont(
                    Font.Builder(assets, "RobotoFlex.ttf")
                        .setFontVariationSettings("'wght' 800")
                        .setWeight(800)
                        .build()
                )
                .addFont(
                    Font.Builder(assets, "RobotoFlex.ttf")
                        .setFontVariationSettings("'wght' 900")
                        .setWeight(900)
                        .build()
                ).build()
        ).build()

Java

Typeface oldTypeface = new Typeface.CustomFallbackBuilder(
    new FontFamily.Builder(
        new Font.Builder(assets, "RobotoFlex.ttf")
            .setFontVariationSettings("'wght' 400")
            .setWeight(400)
            .build()
    )
    .addFont(
        new Font.Builder(assets, "RobotoFlex.ttf")
            .setFontVariationSettings("'wght' 100")
            .setWeight(100)
            .build()
    )
    .addFont(
        new Font.Builder(assets, "RobotoFlex.ttf")
            .setFontVariationSettings("'wght' 200")
            .setWeight(200)
            .build()
    )
    .addFont(
        new Font.Builder(assets, "RobotoFlex.ttf")
            .setFontVariationSettings("'wght' 300")
            .setWeight(300)
            .build()
    )
    .addFont(
        new Font.Builder(assets, "RobotoFlex.ttf")
            .setFontVariationSettings("'wght' 500")
            .setWeight(500)
            .build()
    )
    .addFont(
        new Font.Builder(assets, "RobotoFlex.ttf")
            .setFontVariationSettings("'wght' 600")
            .setWeight(600)
            .build()
    )
    .addFont(
        new Font.Builder(assets, "RobotoFlex.ttf")
            .setFontVariationSettings("'wght' 700")
            .setWeight(700)
            .build()
    )
    .addFont(
        new Font.Builder(assets, "RobotoFlex.ttf")
            .setFontVariationSettings("'wght' 800")
            .setWeight(800)
            .build()
    )
    .addFont(
        new Font.Builder(assets, "RobotoFlex.ttf")
            .setFontVariationSettings("'wght' 900")
            .setWeight(900)
            .build()
    )
    .build()
).build();

Here's an example of how a Typeface created with both the old and new APIs renders:

An example of how Typeface rendering differs using new and old
APIs

In this example, the Typeface created with the old API doesn't have the capability to create accurate font weights for the 350, 450, 550 and 650 Font instances, so the renderer falls back to the closest weight. So in this case, 300 is rendered instead of 350, 400 is rendered instead of 450, and so on. By contrast, the Typeface created with the new APIs dynamically creates a Font instance for a given weight, so accurate weights are rendered for 350, 450, 550, and 650 as well.

きめの細かい改行コントロール

Android 15 以降では、TextView とその基になる改行を挿入して、読みやすくするために、同じ行の指定された部分を保持できます。この改行のカスタマイズを利用するには、文字列リソースで <nobreak> タグを使用するか、createNoBreakSpan を使用します。同様に、<nohyphen> タグまたは createNoHyphenationSpan を使用すると、ハイフンでつないだ単語を保持できます。

たとえば、次の文字列リソースには改行がなく、「Google Pixel 8 Pro」というテキストで不適切な位置で改行されます。

<resources>
    <string name="pixel8pro">The power and brains behind Pixel 8 Pro.</string>
</resources>

一方、この文字列リソースには <nobreak> タグが含まれています。このタグは「Google Pixel 8 Pro」というフレーズを囲み、改行を防ぎます。

<resources>
    <string name="pixel8pro">The power and brains behind <nobreak>Pixel 8 Pro.</nobreak></string>
</resources>

これらの文字列のレンダリング方法の違いを次の画像に示します。

「Google Pixel 8 Pro」というフレーズが <nobreak> タグでラップされていないテキスト行のレイアウト。
「Google Pixel 8 Pro」というフレーズが <nobreak> タグで囲まれているテキスト行と同じ行のレイアウト。

アプリのアーカイブ

Android と Google Play は昨年、アプリのアーカイブのサポートを発表しました。これにより、Google Play で Android App Bundle を使用して公開された、使用頻度の低いアプリをデバイスから部分的に削除して、空き容量を増やすことができます。Android 15 では、アプリのアーカイブとアーカイブ解除の OS レベルのサポートが追加され、すべてのアプリストアでより簡単に実装できるようになりました。

REQUEST_DELETE_PACKAGES 権限を持つアプリは、PackageInstaller requestArchive メソッドを呼び出して、インストール済みのアプリ パッケージのアーカイブをリクエストできます。これにより、APK とキャッシュに保存されたファイルが削除されますが、ユーザーデータは保持されます。アーカイブされたアプリは、LauncherApps API を通じて表示可能なアプリとして返されます。ユーザーには、それらのアプリがアーカイブされていることを示す UI 処理が表示されます。ユーザーがアーカイブされたアプリをタップすると、担当インストーラがそのアプリのアーカイブ解除リクエストを受け取ります。復元プロセスは、ACTION_PACKAGE_ADDED ブロードキャストによってモニタリングできます。

グラフィック

Android 15 では、ANGLE や Canvas グラフィック システムの追加など、最新のグラフィック改善が行われています。

Android の GPU アクセスのモダナイゼーション

Vulkan logo

Android hardware has evolved quite a bit from the early days where the core OS would run on a single CPU and GPUs were accessed using APIs based on fixed-function pipelines. The Vulkan® graphics API has been available in the NDK since Android 7.0 (API level 24) with a lower-level abstraction that better reflects modern GPU hardware, scales better to support multiple CPU cores, and offers reduced CPU driver overhead — leading to improved app performance. Vulkan is supported by all modern game engines.

Vulkan is Android's preferred interface to the GPU. Therefore, Android 15 includes ANGLE as an optional layer for running OpenGL® ES on top of Vulkan. Moving to ANGLE will standardize the Android OpenGL implementation for improved compatibility, and, in some cases, improved performance. You can test out your OpenGL ES app stability and performance with ANGLE by enabling the developer option in Settings -> System -> Developer Options -> Experimental: Enable ANGLE on Android 15.

The Android ANGLE on Vulkan roadmap

Roadmap of upcoming changes to the Android GPU APIs.

As part of streamlining our GPU stack, going forward we will be shipping ANGLE as the GL system driver on more new devices, with the future expectation that OpenGL/ES will be only available through ANGLE. That being said, we plan to continue support for OpenGL ES on all devices.

Recommended next steps

Use the developer options to select the ANGLE driver for OpenGL ES and test your app. For new projects, we strongly encourage using Vulkan for C/C++.

Canvas の改善点

Android 15 では、次の新機能によって Android のキャンバス グラフィック システムのモダナイゼーションが引き続き行われています。

  • Matrix44 は、キャンバスを 3D で操作する場合に使用する座標を変換するための 4x4 マトリックスを提供します。
  • clipShader は現在のクリップと指定されたシェーダーを交差させ、clipOutShader はクリップを現在のクリップとシェーダーの差分に設定し、それぞれがシェーダーをアルファマスクとして扱います。これにより、複雑な図形の描画が効率的にサポートされます。

パフォーマンスとバッテリー

Android は、引き続きアプリのパフォーマンスと品質の改善に力を注いでいます。Android 15 では、アプリ内のタスクの実行の効率化、アプリのパフォーマンスの最適化、アプリに関する分析情報の収集に役立つ新しい API が導入されています。

バッテリー効率の高いおすすめの方法、ネットワークと電力使用量のデバッグ、および Android 15 と Android の最近のバージョンにおけるバックグラウンド処理のバッテリー効率を向上させる方法について詳しくは、Google I/O の Android でのバックグラウンド処理のバッテリー効率を改善するをご覧ください。

ApplicationStartInfo API

以前のバージョンの Android では、アプリの起動が少し謎でした。アプリ内で、コールド状態、ウォーム状態、ホット状態のうちどれで開始されたのかを判断するのが困難でした。また、プロセスのフォーク、onCreate の呼び出し、最初のフレームの描画など、さまざまなリリース フェーズにアプリが費やした時間を把握するのも困難でした。Application クラスがインスタンス化された時点では、アプリがブロードキャスト、コンテンツ プロバイダ、ジョブ、バックアップ、起動完了、アラーム、Activity のどれから開始されたかを知る方法がありませんでした。

Android 15 の ApplicationStartInfo API は、これらすべてを提供します。独自のタイムスタンプをフローに追加して、タイミング データを 1 か所に収集することもできます。ApplicationStartInfo を使用すると、指標を収集するだけでなく、アプリの起動を直接最適化することもできます。たとえば、ブロードキャストによってアプリが起動したときに、Application クラス内で UI 関連ライブラリのインスタンス化のコストがかからなくなります。

アプリのサイズに関する詳細情報

Android 8.0(API レベル 26)以降、アプリのインストール サイズを 1 つのバイト数として要約する StorageStats.getAppBytes API が追加されました。これは、APK サイズ、APK から抽出されたファイルのサイズ、デバイス上で生成されたファイル(AOT コンパイル済みコードなど)の合計です。この数値は、アプリがストレージをどのように使用しているかという点から見て、あまり意味がありません。

Android 15 では、StorageStats.getAppBytesByDataType([type]) API が追加されています。これにより、APK ファイルの分割、AOT と高速化に関連するコード、dex メタデータ、ライブラリ、ガイド付きプロファイルなど、アプリがその容量をどのように使用しているかに関する分析情報を取得できます。

アプリ管理のプロファイリング

Android 15 includes the all-new ProfilingManager class, which lets you collect profiling information from within your app. We're planning to wrap this with an Android Jetpack API that will simplify construction of profiling requests, but the core API will allow the collection of heap dumps, heap profiles, stack sampling, and more. It provides a callback to your app with a supplied tag to identify the output file, which is delivered to your app's files directory. The API does rate limiting to minimize the performance impact.

SQLite データベースの改善

Android 15 では、基盤となる SQLite エンジンの高度な機能を公開する新しい SQLite API が導入されています。これらの API は、アプリに現れる特定のパフォーマンス問題を対象としています。

デベロッパーは、特に大規模なデータベースを扱う場合や、レイテンシの影響を受けやすいクエリを実行する場合は、SQLite のパフォーマンスに関するベスト プラクティスを参照して SQLite データベースを最大限に活用する必要があります。

  • 読み取り専用の遅延トランザクション: 読み取り専用のトランザクション(書き込みステートメントを含まない)を発行する場合は、beginTransactionReadOnly()beginTransactionWithListenerReadOnly(SQLiteTransactionListener) を使用して読み取り専用の DEFERRED トランザクションを発行します。このようなトランザクションは相互に同時に実行でき、データベースが WAL モードの場合、IMMEDIATE または EXCLUSIVE トランザクションと同時に実行できます。
  • 行数と ID: 追加のクエリを発行せずに、変更された行の数または最後に挿入された行 ID を取得できる新しい API が追加されました。getLastChangedRowCount() は、現在のトランザクション内の最新の SQL ステートメントによって挿入、更新、削除された行数を返します。getTotalChangedRowCount() は現在の接続の数を返します。getLastInsertRowId() は、現在の接続に挿入される最後の行の rowid を返します。
  • 未加工ステートメント: 未処理の SQlite ステートメントを発行し、コンビニエンス ラッパーや追加の処理オーバーヘッドをバイパスします。

Android Dynamic Performance Framework の更新

Android 15 continues our investment in the Android Dynamic Performance Framework (ADPF), a set of APIs that allow games and performance intensive apps to interact more directly with power and thermal systems of Android devices. On supported devices, Android 15 will add new ADPF capabilities:

  • A power-efficiency mode for hint sessions to indicate that their associated threads should prefer power saving over performance, great for long-running background workloads.
  • GPU and CPU work durations can both be reported in hint sessions, allowing the system to adjust CPU and GPU frequencies together to best meet workload demands.
  • Thermal headroom thresholds to interpret possible thermal throttling status based on headroom prediction.

To learn more about how to use ADPF in your apps and games, head over to the documentation.

プライバシー

Android 15 には、アプリ デベロッパーがユーザーのプライバシーを保護するために役立つさまざまな機能が搭載されています。

画面の録画の検出

Android 15 では、録画されていることを検出するアプリのサポートが追加されています。コールバックは、画面録画内でアプリが表示と非表示を切り替えるたびに呼び出されます。登録プロセスの UID が所有するアクティビティが記録されている場合、アプリは可視と見なされます。これにより、アプリが機密性の高いオペレーションを実行している場合に、記録されていることをユーザーに通知できます。

val mCallback = Consumer<Int> { state ->
  if (state == SCREEN_RECORDING_STATE_VISIBLE) {
    // We're being recorded
  } else {
    // We're not being recorded
  }
}

override fun onStart() {
   super.onStart()
   val initialState =
      windowManager.addScreenRecordingCallback(mainExecutor, mCallback)
   mCallback.accept(initialState)
}

override fun onStop() {
    super.onStop()
    windowManager.removeScreenRecordingCallback(mCallback)
}

拡張された IntentFilter 機能

Android 15 では、UriRelativeFilterGroup を通じて、より正確な Intent 解決をサポートしています。これには、URL クエリ パラメータ、URL フラグメント、ブロックルールまたは除外ルールなど、それぞれ満たす必要がある Intent 一致ルールのセットを形成する一連の UriRelativeFilter オブジェクトが含まれています。

これらのルールは、AndroidManifest XML ファイルで新しい <uri-relative-filter-group> タグを使用して定義できます。このタグには必要に応じて android:allow タグを含めることができます。これらのタグには、既存のデータタグ属性を使用する <data> タグと、新しい android:query 属性と android:fragment 属性を含めることができます。

AndroidManifest 構文の例を次に示します。

<intent-filter>
  <action android:name="android.intent.action.VIEW" />
  <category android:name="android.intent.category.BROWSABLE" />
  <data android:scheme="http" />
  <data android:scheme="https" />
  <data android:domain="astore.com" />
  <uri-relative-filter-group>
    <data android:pathPrefix="/auth" />
    <data android:query="region=na" />
  </uri-relative-filter-group>
  <uri-relative-filter-group android:allow="false">
    <data android:pathPrefix="/auth" />
    <data android:query="mobileoptout=true" />
  </uri-relative-filter-group>
  <uri-relative-filter-group android:allow="false">
    <data android:pathPrefix="/auth" />
    <data android:fragmentPrefix="faq" />
  </uri-relative-filter-group>
</intent-filter>

プライベート スペース

The private space can be unlocked and locked to show or hide sensitive apps on a device.

Private space lets users create a separate space on their device where they can keep sensitive apps away from prying eyes, under an additional layer of authentication. The private space uses a separate user profile. The user can choose to use the device lock or a separate lock factor for the private space.

Apps in the private space show up in a separate container in the launcher, and are hidden from the recents view, notifications, settings, and from other apps when the private space is locked. User-generated and downloaded content (such as media or files) and accounts are separated between the private space and the main space. The system sharesheet and the photo picker can be used to give apps access to content across spaces when the private space is unlocked.

Users can't move existing apps and their data into the private space. Instead, users select an install option in the private space to install an app using whichever app store they prefer. Apps in the private space are installed as separate copies from any apps in the main space (new copies of the same app).

When a user locks the private space, the profile is stopped. While the profile is stopped, apps in the private space are no longer active and can't perform foreground or background activities, including showing notifications.

We recommend that you test your app with private space to make sure your app works as expected, especially if your app falls into one of the following categories:

「選択した写真へのアクセス」について最新のユーザー選択をクエリする

It is now possible for apps to highlight only the most recently selected photos and videos when partial access to media permissions is granted. This feature can improve the user experience for apps that frequently request access to photos and videos. To use this feature in your app, enable the QUERY_ARG_LATEST_SELECTION_ONLY argument when querying MediaStore through ContentResolver.

Kotlin

val externalContentUri = MediaStore.Files.getContentUri("external")

val mediaColumns = arrayOf(
   FileColumns._ID,
   FileColumns.DISPLAY_NAME,
   FileColumns.MIME_TYPE,
)

val queryArgs = bundleOf(
   // Return only items from the last selection (selected photos access)
   QUERY_ARG_LATEST_SELECTION_ONLY to true,
   // Sort returned items chronologically based on when they were added to the device's storage
   QUERY_ARG_SQL_SORT_ORDER to "${FileColumns.DATE_ADDED} DESC",
   QUERY_ARG_SQL_SELECTION to "${FileColumns.MEDIA_TYPE} = ? OR ${FileColumns.MEDIA_TYPE} = ?",
   QUERY_ARG_SQL_SELECTION_ARGS to arrayOf(
       FileColumns.MEDIA_TYPE_IMAGE.toString(),
       FileColumns.MEDIA_TYPE_VIDEO.toString()
   )
)

Java

Uri externalContentUri = MediaStore.Files.getContentUri("external");

String[] mediaColumns = {
    FileColumns._ID,
    FileColumns.DISPLAY_NAME,
    FileColumns.MIME_TYPE
};

Bundle queryArgs = new Bundle();
queryArgs.putBoolean(MediaStore.QUERY_ARG_LATEST_SELECTION_ONLY, true);
queryArgs.putString(MediaStore.QUERY_ARG_SQL_SORT_ORDER, FileColumns.DATE_ADDED + " DESC");
queryArgs.putString(MediaStore.QUERY_ARG_SQL_SELECTION, FileColumns.MEDIA_TYPE + " = ? OR " + FileColumns.MEDIA_TYPE + " = ?");
queryArgs.putStringArray(MediaStore.QUERY_ARG_SQL_SELECTION_ARGS, new String[] {
    String.valueOf(FileColumns.MEDIA_TYPE_IMAGE),
    String.valueOf(FileColumns.MEDIA_TYPE_VIDEO)
});

Android 版プライバシー サンドボックス

Android 15 には、最新バージョンの Android 版プライバシー サンドボックスを組み込んだ最新の Android 広告サービス拡張機能が搭載されています。この追加は、ユーザーのプライバシーを向上させ、モバイルアプリで効果的なパーソナライズド広告体験を可能にする新しいテクノロジーを開発する取り組みの一環です。プライバシー サンドボックスのページには、Android 版プライバシー サンドボックス デベロッパー プレビューとベータ版プログラムに関する詳細情報が記載されています。

ヘルスコネクト

Android 15 には、Android のヘルスコネクトに関する最新の拡張機能が統合されています。これは、アプリで収集された健康とフィットネスに関するデータを管理および共有するための、安全で一元化されたプラットフォームです。このアップデートにより、フィットネス栄養、皮膚温、トレーニング プランなど、新しいデータ型のサポートが追加されました。

皮膚温のトラッキングを使用すると、ウェアラブルなどのトラッキング デバイスからより正確な温度データを保存し、共有できます。

トレーニング プランは、ユーザーがフィットネスの目標を達成できるように構造化されたワークアウト プランです。トレーニング プランは、さまざまな完了目標やパフォーマンス目標をサポートしています。

Android のヘルスコネクトの最新アップデートについては、Google I/O の講演 Android Health で適応性の高いエクスペリエンスを構築するをご覧ください。

部分的画面共有

Android 15 supports partial screen sharing so users can share or record just an app window rather than the entire device screen. This feature, first enabled in Android 14 QPR2, includes MediaProjection callbacks that allow your app to customize the partial screen sharing experience. Note that for apps targeting Android 14 (API level 34) or higher, user consent is now required for each MediaProjection capture session.

ユーザー エクスペリエンスとシステム UI

Android 15 では、アプリ デベロッパーとユーザーは、ニーズに合わせてデバイスをより細かく柔軟に設定できます。

Android 15 の最新の改善点を使用してアプリのユーザー エクスペリエンスを改善する方法について詳しくは、Google I/O の Android アプリのユーザー エクスペリエンスを改善するをご覧ください。

Generated Previews API によるリッチなウィジェット プレビュー

Before Android 15, the only way to provide widget picker previews was to specify a static image or layout resource. These previews often differ significantly from the look of the actual widget when it is placed on the home screen. Also, static resources can't be created with Jetpack Glance, so a Glance developer had to screenshot their widget or create an XML layout to have a widget preview.

Android 15 adds support for generated previews. This means that app widget providers can generate RemoteViews to use as the picker preview, instead of a static resource.

Apps can provide Remote Views to the Widget Picker, so they can update the content in the picker to be more representative of what the user will see.

Push API

Apps can provide generated previews through a push API. Apps can provide previews at any point in their lifecycle, and don't receive an explicit request from the host to provide previews. Previews are persisted in AppWidgetService, and hosts can request them on-demand. The following example loads an XML widget layout resource and sets it as the preview:

AppWidgetManager.getInstance(appContext).setWidgetPreview(
   ComponentName(
       appContext,
       SociaLiteAppWidgetReceiver::class.java
   ),
   AppWidgetProviderInfo.WIDGET_CATEGORY_HOME_SCREEN,
   RemoteViews("com.example", R.layout.widget_preview)
)

The expected flow is:

  1. At any time, the widget provider calls setWidgetPreview. The provided previews are persisted in AppWidgetService with other provider info.
  2. setWidgetPreview notifies hosts of an updated preview through the AppWidgetHost.onProvidersChanged callback. In response, the widget host reloads all of its provider information.
  3. When displaying a widget preview, the host checks AppWidgetProviderInfo.generatedPreviewCategories, and if the chosen category is available, calls AppWidgetManager.getWidgetPreview to return the saved preview for this provider.

When to call setWidgetPreview

Because there is no callback to provide previews, apps can choose to send previews at any point when they are running. How often to update the preview depends on the widget's use case.

The following list describes the two main categories of preview use cases:

  • Providers that show real data in their widget previews, such as personalized or recent information. These providers can set the preview once the user has signed in or has done initial configuration in their app. After this, they can set up a periodic task to update the previews at their chosen cadence. Examples of this type of widget could be a photo, calendar, weather or news widget.
  • Providers that show static information in previews or quick-action widgets that don't display any data. These providers can set previews once, when the app first launches. Examples of this type of widget include a drive quick actions widget or chrome shortcuts widget.

Some providers might show static previews on the hub mode picker, but real information on the homescreen picker. These providers should follow the guidance for both of these use cases to set previews.

ピクチャー イン ピクチャー

Android 15 introduces new changes in Picture-in-Picture (PiP) ensuring an even smoother transition when entering into PiP mode. This will be beneficial for apps having UI elements overlaid on top of their main UI, which goes into PiP.

Developers use the onPictureInPictureModeChanged callback to define logic that toggles the visibility of the overlaid UI elements. This callback is triggered when the PiP enter or exit animation is completed. Beginning in Android 15, the PictureInPictureUiState class includes a new state.

With this new UI state, apps targeting Android 15 will observe the Activity#onPictureInPictureUiStateChanged callback being invoked with isTransitioningToPip() as soon as the PiP animation starts. There are many UI elements that are not relevant for the app when it is in PiP mode, for example views or layout that include information such as suggestions, upcoming video, ratings, and titles. When the app goes to PiP mode, use the onPictureInPictureUiStateChanged callback to hide these UI elements. When the app goes to full screen mode from the PiP window, use onPictureInPictureModeChanged callback to unhide these elements, as shown in the following examples:

override fun onPictureInPictureUiStateChanged(pipState: PictureInPictureUiState) {
        if (pipState.isTransitioningToPip()) {
          // Hide UI elements
        }
    }
override fun onPictureInPictureModeChanged(isInPictureInPictureMode: Boolean) {
        if (isInPictureInPictureMode) {
          // Unhide UI elements
        }
    }

This quick visibility toggle of irrelevant UI elements (for a PiP window) helps ensure a smoother and flicker-free PiP enter animation.

サイレント モード ルールの改善

AutomaticZenRule を使用すると、アプリはアテンション管理(サイレント モード)ルールをカスタマイズし、いつ有効にするか無効にするかを決定できます。Android 15 では、ユーザー エクスペリエンスの向上を目的として、これらのルールが大幅に強化されています。次の機能強化が含まれています。

  • AutomaticZenRule にタイプを追加し、システムで一部のルールに特別な処理を適用できるようにしました。
  • AutomaticZenRule にアイコンを追加して、モードを認識しやすくしました。
  • ユーザーに対してルールをアクティブにする条件を記述する triggerDescription 文字列を AutomaticZenRule に追加します。
  • AutomaticZenRuleZenDeviceEffects が追加され、グレースケール表示、夜間モード、壁紙を暗くするなどのルールをトリガーできるようになりました。

通知チャンネルの VibrationEffect を設定する

Android 15 では、NotificationChannel.setVibrationEffect を使用してチャンネルごとに着信通知にリッチ バイブレーションを設定できるため、ユーザーはデバイスを見ることなく、さまざまな種類の通知を区別できます。

大画面とフォーム ファクタ

Android 15 では、大画面、フリップ式デバイス、折りたたみ式デバイスなど、Android のフォーム ファクタを最大限に活用するためのサポートがアプリで提供されています。

大画面でのマルチタスクの改善

Android 15 では、大画面デバイスでのマルチタスクがさらに簡単になります。たとえば、ユーザーはお気に入りの分割画面アプリの組み合わせを保存してすばやくアクセスしたり、タスクバーを画面に固定してアプリをすばやく切り替えたりできます。つまり、アプリを状況に適応させることがこれまで以上に重要になっています。

Google I/O では、アダプティブ Android アプリの構築マテリアル 3 適応ライブラリを使用した UI の作成に関するセッションを開催しています。また、大画面向けの設計に役立つドキュメントには、さらに多くの情報が記載されています。

カバー画面のサポート

アプリは、サポートされているフリップ式デバイスの小さなカバー画面に Application または Activity を表示できるように、Android 15 で使用されるプロパティを宣言できます。これらの画面は小さすぎるため、Android アプリの実行可能なターゲットとして見なされませんが、アプリでサポートをオプトインすることで、より多くの場所でアプリを利用できるようになります。

接続

Android 15 ではプラットフォームが更新され、アプリは最新の通信技術とワイヤレス技術にアクセスできます。

衛星のサポート

Android 15 continues to extend platform support for satellite connectivity and includes some UI elements to ensure a consistent user experience across the satellite connectivity landscape.

Apps can use ServiceState.isUsingNonTerrestrialNetwork() to detect when a device is connected to a satellite, giving them more awareness of why full network services might be unavailable. Additionally, Android 15 provides support for SMS and MMS apps as well as preloaded RCS apps to use satellite connectivity for sending and receiving messages.

A notification appears when the device connects to a satellite.

NFC の操作性が向上

Android 15 is working to make the tap to pay experience more seamless and reliable while continuing to support Android's robust NFC app ecosystem. On supported devices, apps can request the NfcAdapter to enter observe mode, where the device listens but doesn't respond to NFC readers, sending the app's NFC service PollingFrame objects to process. The PollingFrame objects can be used to auth ahead of the first communication to the NFC reader, allowing for a one tap transaction in many cases.

In addition, apps can now register a filter on supported devices so they can be notified of polling loop activity, which allows for smooth operation with multiple NFC-aware applications.

ウォレットの役割

Android 15 introduces a new Wallet role that allows tighter integration with the user's preferred wallet app. This role replaces the NFC default contactless payment setting. Users can manage the Wallet role holder by navigating to Settings > Apps > Default Apps.

The Wallet role is used when routing NFC taps for AIDs registered in the payment category. Taps always go to the Wallet role holder unless another app that is registered for the same AID is running in the foreground.

This role is also used to determine where the Wallet QuickAccess tile should go when activated. When the role is set to "None", the QuickAccess tile isn't available and payment category NFC taps are only delivered to the foreground app.

セキュリティ

Android 15 では、アプリのセキュリティの強化、アプリのデータの保護、ユーザーによるデータの透明性と管理が可能になります。ユーザーの安全保護対策を改善し、新たな脅威からアプリを保護するために Google が行っている取り組みについて詳しくは、Google I/O の Android でのユーザー セキュリティの保護に関する講演をご覧ください。

認証情報マネージャーを自動入力と統合する

Starting with Android 15, developers can link specific views like username or password fields with Credential Manager requests, making it easier to provide a tailored user experience during the sign-in process. When the user focuses on one of these views, a corresponding request is sent to Credential Manager. The resulting credentials are aggregated across providers and displayed in autofill fallback UIs, such as inline suggestions or drop-down suggestions. The Jetpack androidx.credentials library is the preferred endpoint for developers to use and will soon be available to further enhance this feature in Android 15 and higher.

生体認証プロンプトにシングルタップによる登録とログインを統合

Credential Manager integrates biometric prompts into the credential creation and sign-in processes, eliminating the need for providers to manage biometric prompts. As a result, credential providers only need to focus on the results of the create and get flows, augmented with the biometric flow result. This simplified process creates a more efficient and streamlined credential creation and retrieval process.

エンドツーエンドの暗号化のための鍵管理

Android 15 で導入された E2eeContactKeysManager は、暗号公開鍵の保存用に OS レベルの API を提供することで、Android アプリのエンドツーエンドの暗号化(E2EE)を容易にします。

E2eeContactKeysManager は、プラットフォームの連絡先アプリと統合するように設計されています。これにより、ユーザーは連絡先の公開鍵を一元的に管理および検証できます。

コンテンツ URI に対する権限チェック

Android 15 introduces a new set of APIs that perform permission checks on content URIs:

ユーザー補助

Android 15 では、ユーザーのユーザー補助機能を向上させる機能が追加されています。

点字の改善

Android 15 では、USB とセキュアな Bluetooth の両方で HID 標準を使用する点字ディスプレイを TalkBack でサポートできるようになりました。

マウスやキーボードで使用されている標準規格と同様に、Android は今後、より幅広い種類の点字ディスプレイをサポートするようになります。

多言語対応

Android 15 では、デバイスをさまざまな言語で使用する場合のユーザー エクスペリエンスに役立つ機能が追加されています。

CJK 可変フォント

Starting with Android 15, the font file for Chinese, Japanese, and Korean (CJK) languages, NotoSansCJK, is now a variable font. Variable fonts open up new possibilities for creative typography in CJK languages. Designers can explore a broader range of styles and create visually striking layouts that were previously difficult or impossible to achieve.

How the variable font for Chinese, Japanese, and Korean (CJK) languages appears with different font widths.

文字間の両端揃え

Starting with Android 15, text can be justified utilizing letter spacing by using JUSTIFICATION_MODE_INTER_CHARACTER. Inter-word justification was first introduced in Android 8.0 (API level 26), and inter-character justification provides similar capabilities for languages that use the whitespace character for segmentation, such as Chinese, Japanese, and others.

Layout for Japanese text using JUSTIFICATION_MODE_NONE.
Layout for English text using JUSTIFICATION_MODE_NONE.


Layout for Japanese text using JUSTIFICATION_MODE_INTER_WORD.
Layout for English text using JUSTIFICATION_MODE_INTER_WORD.


Layout for Japanese text using the new JUSTIFICATION_MODE_INTER_CHARACTER.
Layout for English text using the new JUSTIFICATION_MODE_INTER_CHARACTER.

改行の自動設定

Android では、Android 13(API レベル 33)から日本語と韓国語のフレーズベースの改行がサポートされるようになりました。ただし、フレーズベースの改行は、短いテキストの読みやすさは向上しますが、長いテキスト行には適していません。Android 15 では、アプリで LINE_BREAK_WORD_STYLE_AUTO オプションを使用して、短いテキストのみにフレーズベースの改行を適用できるようになりました。これにより、テキストの最適な単語スタイル オプションが選択されます。

短いテキスト行の場合、フレーズベースの改行が使用されます。これは、次の図に示すように、LINE_BREAK_WORD_STYLE_PHRASE と同じように機能します。

テキストが短い場合、LINE_BREAK_WORD_STYLE_AUTO ではフレーズベースの改行が挿入され、テキストが読みやすくなります。 これは、LINE_BREAK_WORD_STYLE_PHRASE を適用する場合と同じです。

長い行のテキストの場合、LINE_BREAK_WORD_STYLE_AUTO は改行なしの単語スタイルを使用し、次の図に示すように LINE_BREAK_WORD_STYLE_NONE と同じように機能します。

長い行のテキストに対して、LINE_BREAK_WORD_STYLE_AUTO は改行なしの単語スタイルを適用して、テキストを読みやすくします。 これは、LINE_BREAK_WORD_STYLE_NONE を適用する場合と同じです。

新しい日本語の変態文字フォント

Android 15 では、古い日本語のひらがな(変名)の新しいフォント ファイルがデフォルトでバンドルされています。変身長のユニークな形は、アートワークやデザインに独特の魅力をプラスし、古代日本の文書を正確に伝え、理解するのにも役立ちます。

日本語の変態フォントの文字とテキスト スタイル。

VideoLAN cone Copyright (c) 1996-2010 VideoLAN. このロゴまたは修正版は、VideoLAN プロジェクト、または VideoLAN チームが開発したプロダクトに言及するために、誰でも使用または変更することができますが、プロジェクトによる承認を示すものではありません。

Vulkan および Vulkan ロゴは、Khronos Group Inc.の登録商標です。

OpenGL は Hewlett Packard Enterprise の登録商標で、OpenGL ES ロゴは Khronos の許可を得て使用しています。