割り当てモニタリングと割り当てアラートを設定する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

時間が経つにつれ、サービスの使用量が増えるため、API 割り当ての使用量が増える可能性があります。ユーザー エクスペリエンスを維持するため、Stackdriver Monitoring で API 割り当ての使用量を監視し、割り当てが足りなくなったときに通知させることをおすすめします。

Stackdriver Monitoring で割り当て監視モニタリング処理を設定するには、次の手順を実行します。

  1. 必要に応じて、既存のプロジェクトに Stackdriver Monitoring ワークスペースを作成します。
  2. 横にあるナビゲーション領域で [Resources] > [Metrics Explorer] をクリックします。
  3. [Find resource type and metric] ボックスで、「Consumed API」と入力し、[Consumed API] リソースタイプを選択します。
  4. 再度 [Find resource type and metric] ボックスで、今度は「serviceruntime.googleapis.com/api/request_count」と入力し、表示された [Request count] 指標を選択します。
  5. [Filter] ボックスで、「androidcheck.googleapis.com」と入力します。
  6. [Group By] ボックスに「project_id」と入力し、[project_id] リソースラベルを選択します。
  7. [Aggregator] プルダウン リストで、[sum] を選択します。
  8. 必要に応じて、より高度な集計オプションを使用して、アライメント期間を変更できます。この設定手順は、SafetyNet Attestation API に対する 1 日あたりの呼び出し回数をモニタリングするために必要になることがあります。
  9. カスタム ダッシュボードとカスタム アラートを作成します。詳細については、次のガイドをご覧ください。