大画面のスタートガイド

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

タブレット、折りたたみ式デバイス、Chrome OS デバイスの大画面は、詳細なコンテンツの表示、マルチタスクの実現、小さな画面のデバイスでは不可能な独自のエクスペリエンスの提供を可能にします。

Android デバイスにはさまざまな形とサイズがあるため、あらゆるデバイスに対応できるレスポンシブで適応性の高いレイアウトを使用してアプリを設計します。特定の画面サイズ、アスペクト比、画面の向きを前提とした固定ディメンションのレイアウトは定義しないでください。

まず、次のガイドラインをご確認ください。

状態遷移

アプリのウィンドウ サイズは、アプリの使用中に変わる可能性があります。たとえば、サイズが動的に変化するウィンドウで複数のアプリを実行できる Chrome OS デバイスでアプリが実行されることがあります。または、さまざまな折りたたみ形状を取ることができる折りたたみ式デバイスでアプリが実行されることもあります。

フリーフォームのマルチウィンドウと入力デバイスの操作

ユーザー操作によっては、アプリが動的な状態変化に対応しなければならないものがあります(ウィンドウ サイズの変更やマウス トラッキングなど)。

  • Chrome OS のウィンドウ管理では、複数のウィンドウを処理する方法について説明しています。
  • Chromebook の入力互換性では、マウスとトラックパッドによる入力のサポートに関するアドバイスを紹介しています。