コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
Jetpack Compose は、ネイティブ UI をビルドする際に推奨される Android の最新ツールキットです。Android での UI 開発を簡素化し、加速します。少ないコード、パワフルなツール、直感的な Kotlin API を使用してアプリをすぐに動かすことができます。
少ないコードで多くの機能が可能になり、あらゆる種類のバグが避けられるので、コードがシンプルで維持しやすくなります。
UI を記述するだけで、残りの部分は Compose で処理されます。アプリの状態が変更されると、UI が自動的に更新されます。
あらゆる既存のコードと互換性があり、必要に応じて利用できます。ライブ プレビューと Android Studio のフルサポートにより、反復処理を高速化できます。
Android プラットフォーム API に直接アクセスし、マテリアル デザイン、ダークテーマ、アニメーションなどを組み込んだ美しいアプリを作成できます。

設計
Compose はマテリアル 3 をサポートしてるため、テーマ設定とコンポーネントのサポートにより Material You を利用できます。
詳細
Compose、マテリアル 3、アダプティブ UI を使用してビルドされた、完全に機能する公開 Android アプリ。
「Compose を用いた Android アプリ開発の基礎」コースから始めます。
Jetpack Compose を使用して Android のネイティブ UI を作成する方法を学習します。このコースでは、レイアウト、テーマ設定、アニメーション、アーキテクチャ、状態、ユーザー補助、テストなど、Compose を使用してビルドする際の基本事項について説明します。
Compose と宣言型プログラミングの機能をほんの数分で確認します。
デベロッパー向け Android の YouTube チャンネルの動画コンテンツをご覧になり、Compose の使用に関する最新のベスト プラクティスをご確認ください。
Compose の優れた機能の使用方法を示すサンプルをご覧ください。
開発環境をセットアップして、Compose を使用します。

Compose を使用したさまざまなデバイスでのビルド

Jetpack Compose を使用すると、スマートフォン、タブレット、折りたたみ式デバイス、Chrome OS、Wear OS など、さまざまなデバイスで美しいアプリを構築できます。
アプリの UI は、さまざまな画面サイズ、向き、フォーム ファクタに対応するためにレスポンシブでなければなりません。アダプティブ レイアウトは、使用可能な画面スペースに応じて変化します。
Wear OS 向け Compose を使用することで、スマートウォッチでの使用を想定したアプリの作成がより簡単ですばやく直感的になります。このガイドでは、Wear OS 向け Compose と Compose の類似点と相違点について説明します。

おすすめのリソース

Compose とビューベースの UI を組み合わせる方法について説明します。
Android Studio の Compose の機能について説明します。
Compose でレイアウトを扱う方法について説明します。
アプリのスタイルを設定し、ライトテーマとダークテーマをサポートする方法について説明します。
Compose を使用する場合の状態管理のパターンについて説明します。
Compose の学習に役立つその他のリソースもご確認ください。

Jetpack Compose の次の展開

Google は複数のパートナー様と協力して、パートナー様のアプリへの Compose の統合を開始しました。チームの生産性を高めて高品質の UI を作成するために Compose がいかに役立っているかをご確認ください。

最新のニュースと動画

Compose コミュニティに参加する

Stack Overflow で質問する
問題を報告してバグを追跡する
KotlinLang Slack グループに参加する