コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

適切な Android プラットフォームでアプリを配布する

  • リリース
  • Wear アプリ
  • Auto アプリ
  • TV アプリ
  • ファミリー&キッズ向けアプリ
  • エンタープライズ アプリ

Google Play でアプリを公開すると、スマートフォンやタブレットで利用できるようになります。特定のユーザー層や他の Android プラットフォームのユーザーにアプリを見つけてもらうには、Google Play Console の [価格と配布] ページで適切な項目にオプトインします。

適切なプラットフォームに配布する方法

  • アプリの [価格と配布] ページで、アプリが無料か有料かを指定し、配布先の国を選択します。
  • 次に、Google Play で特定のデバイスやプログラム向けにアプリが表示されるように、オプトインする項目を選択します。
    • Wear OS by Google: 承認されたアプリは、Google Play で Wear OS バッジとともに表示され、Wear OS コレクションに追加されます。
    • Android TV: 承認されたアプリは、Android TV 向けの Play ストアに表示されます。オプトインした後で、TV 専用のスクリーンショットを Play ストアの掲載情報に追加することもできます。
    • Android Auto: 運転時の注意散漫に関するガイドラインと技術面や品質の条件への準拠について審査が行われた後、承認されたアプリが Google Play に表示されます。
    • Daydream: Daydream 向けのスタンドアロン アプリとして承認されると、Play ストアの [VR] に表示されるため、Daydream ユーザーが Google Play でアプリを見つけやすくなります。
    • ファミリー向け: 承認されたアプリは、通常の Google Play ストアのほか、Google Play のファミリー向けのブラウジングや検索でも表示されます。
    • managed Google Play: 無料アプリは、企業や教育機関の顧客のために Google Play を管理している IT 管理者に自動的に提供されます。有料アプリは、オプトインして、デベロッパー販売 / 配布契約の managed Google Play 補足条項に同意した後で、提供できるようになります。
    • Google Play for Education: Google Play for Education 補足条項に同意すると、Google Play for Education の「教育者おすすめ」への掲載を選択できるようになります。現在は、アメリカの K-12 の学校のみがサポートされています。
  • アプリに広告が含まれている場合は申告します。アプリに第三者の広告ネットワーク経由で配信される広告、ディスプレイ広告、ネイティブ広告、バナー広告が含まれている場合は、申告する必要があります。アプリのストアの掲載情報に [広告を含む] ラベルが表示されるようになります。
  • アプリが審査中の場合は、Google Play でスマートフォンとタブレット向けに提供されます(例外として、Android Auto アプリは、承認されるまで誰にも表示されません)。[価格と配布] ページに、アプリの審査ステータスが表示され、取るべき対応手順があれば通知されます。

スタートガイド

価格や配布の設定方法