Register now for Android Dev Summit 2019!

アプリを実行する

前のレッスンでは、「Hello World」と表示する Android プロジェクトを作成しました。これで実機またはエミュレータでアプリを実行できます。

実際のデバイスで実行する

次のようにデバイスを設定します。

  1. USB ケーブルでデバイスを開発用コンピュータと接続します。開発に Windows を使用している場合、デバイスで適切な USB ドライバのインストールが必要になる場合があります。
  2. 以下の手順に従い、[Developer options] で [USB debugging] を有効にします。

    まず次のように開発者向けオプションを有効にします。

    1. 設定アプリを開く。
    2. [System] を選択する(Android 8.0 以降のみ)。
    3. 一番下までスクロールして [About phone] を選択する。
    4. 一番下までスクロールして [Build number] を 7 回タップする。
    5. 前の画面に戻り、下の方に [Developer options] が表示されていることを確認する。

    [Developer options] を開き、下にスクロールして [USB debugging] を有効にします。

次のようにデバイス上でアプリを実行します。

  1. Android Studio で、[Project] ウィンドウの [app] モジュールをクリックし、[Run] > [Run] を選択します(または、ツールバーの [Run] をクリックします)。
  2. [Select Deployment Target] ウィンドウでデバイスを選択し、[OK] をクリックします。

Android Studio が、接続されたデバイスにアプリをインストールして起動します。これで「Hello World!」がデバイスで実行されているアプリに表示されます。

開発をはじめるには、次のレッスンに進んでください。

エミュレータで実行する

次のようにエミュレータ上でアプリを実行します。

  1. Android Studio で、[Project] ウィンドウの [app] モジュールをクリックし、[Run] > [Run] を選択します(または、ツールバーの [Run] をクリックします)。
  2. [Select Deployment Target] ウィンドウで [Create New Virtual Device] をクリックします。
  3. [Select Hardware] 画面で Pixel などのスマートフォンを選択し、[Next] をクリックします。
  4. [System Image] 画面で最も API レベルが高いバージョンを選択します。そのバージョンがインストールされていない場合は、ダウンロード リンクが表示されるので、クリックしてダウンロードを完了してください。
  5. [Next] をクリックします。
  6. [Android Virtual Device (AVD)] 画面で、すべての設定をそのままにして [Finish] をクリックします。
  7. [Select Deployment Target] ダイアログに戻って、作成したデバイスを選択して [OK] をクリックします。

Android Studio がエミュレータにアプリをインストールして起動します。これで「Hello World!」がエミュレータで実行されているアプリに表示されます。

開発をはじめるには、次のレッスンに進んでください。