The Android Developer Challenge is back! Submit your idea before December 2.

アプリを実行する

前のレッスンでは、「Hello World」と表示する Android プロジェクトを作成しました。これで実機またはエミュレータでアプリを実行できます。

実際のデバイスで実行する

次のようにデバイスを設定します。

  1. USB ケーブルでデバイスを開発用コンピュータと接続します。開発に Windows を使用した場合、デバイスに適した USB ドライバのインストールが必要になる場合があります。
  2. 次の手順に従って、[Developer options] ウィンドウで [USB debugging] を有効にします。
    1. 設定アプリを開きます。
    2. デバイスで Android 8.0 以降が使用されている場合は、[System] を選択します。それ以外の場合は、次の手順に進みます。
    3. 一番下までスクロールして [About phone] を選択します。
    4. 一番下までスクロールして [Build number] を 7 回タップします。
    5. 前の画面に戻り、一番下までスクロールして [Developer options] をタップします。
    6. [Developer options] ウィンドウで、下にスクロールして [USB debugging] を有効にします。

次のようにデバイス上でアプリを実行します。

  1. Android Studio のツールバーで、実行 / デバッグ構成のプルダウン メニューからアプリを選択します。
  2. ツールバーで、ターゲット デバイスのプルダウン メニューからアプリを実行するデバイスを選択します。

ターゲット デバイスのプルダウン メニュー。

図 1. ターゲット デバイスのプルダウン メニュー

  1. 実行アイコン をクリックします。

    Android Studio によって、接続されたデバイスにアプリがインストールされ、そのアプリが起動します。これで「Hello World!」がデバイスのアプリに表示されます。

アプリの開発を開始するには、次のレッスンに進んでください。

エミュレータで実行する

次のようにエミュレータ上でアプリを実行します。

  1. Android Studio で、エミュレータがアプリのインストールと実行に使用できる Android Virtual Device(AVD)を作成します。
  2. ツールバーで、実行構成のプルダウン メニューからアプリを選択します。
  3. ターゲット デバイスのプルダウン メニューから、アプリを実行する AVD を選択します。

    ターゲット デバイスのプルダウン メニュー。

    図 2. ターゲット デバイスのプルダウン メニュー

  4. 実行アイコン をクリックします。

    Android Studio によってアプリが AVD にアプリがインストールされ、エミュレータが起動します。これで「Hello World!」がアプリに表示されます。

アプリの開発を開始するには、次のレッスンに進んでください。