Android プロジェクトを作成する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このレッスンでは、Android Studio を使用して新しい Android プロジェクトを作成する方法について説明します。また、そのプロジェクト内のファイルについても一部説明します。

新しい Android プロジェクトを作成する手順は次のとおりです。

  1. 最新バージョンの Android Studio をインストールします。
  2. [Welcome to Android Studio] ウィンドウで、[Create New Project] をクリックします。

    図 1. Android Studio のウェルカム画面

    プロジェクトがすでに開いている場合は、[File] > [New] > [New Project] を選択します。

  3. [Select a Project Template] ウィンドウで [Empty Activity] を選択して、[Next] をクリックします。
  4. [Configure your project] ウィンドウで、次のように入力します。
    • [Name] に「My First App」と入力します。
    • [Package name] に「com.example.myfirstapp」と入力します。
    • プロジェクトを別のフォルダに配置する場合は、[Save] の場所を変更します。
    • [Language] プルダウン メニューから [Java] または [Kotlin] のいずれかを選択します。
    • [Minimum SDK] フィールドで、アプリがサポートする Android の最小バージョンを選択します。

      注: [Help me choose] リンクをクリックすると、[Android Platform/API Version Distribution] ダイアログが開きます。このダイアログには、デバイス間で配信されるさまざまなバージョンの Android に関する情報が表示されます。考慮すべき主なトレードオフは、サポートする Android デバイスの割合と、それらのデバイスに搭載されているさまざまなバージョンのそれぞれでアプリを維持するための作業量です。たとえば、アプリをさまざまなバージョンの Android に対応させる場合、最も古いバージョンと最も新しいバージョンの間で互換性を維持するために必要な作業量が増加します。

    • レガシー ライブラリのサポートを必要とするアプリの場合は、[Use legacy android.support libraries] チェックボックスをオンにします。
    • 他のオプションはそのままにします。
  5. [Finish] をクリックします。

処理が実行された後、Android Studio のメイン ウィンドウが表示されます。

図 2. Android Studio のメイン ウィンドウ

ここでは重要なファイルのみ紹介します。

まず([View] > [Tool Windows] > [Project] を選択して)[Project] ウィンドウを確実に開き、そのウィンドウの上部のプルダウン リストから [Android] ビューを選択します。この操作で次のファイルが表示されます。

app > java > com.example.myfirstapp > MainActivity
メイン アクティビティ。アプリのエントリ ポイントです。アプリをビルドして実行すると、この Activity のインスタンスが起動し、レイアウトが読み込まれます。
app > res > layout > activity_main.xml
アクティビティのユーザー インターフェース(UI)のレイアウトを定義する XML ファイル。「Hello, World!」というテキストを表示する TextView 要素が含まれています。
app > manifests > AndroidManifest.xml
マニフェスト ファイルにはアプリの基本的な特徴が記述され、アプリの各コンポーネントが定義されています。
Gradle Scripts > build.gradle
この名前を持つファイルは 2 種類あり、1 つはプロジェクト用(「Project: My_First_App」)で、もう 1 つはアプリ モジュール用(「Module: My_First_App.app」)です。モジュールごとにそれぞれ個別の build.gradle ファイルが用意されます。現在のところ、このプロジェクトに含まれるモジュールは 1 つだけです。各モジュールの build.gradle ファイルを使用して、Gradle プラグインでアプリを作成する方法を制御します。このファイルの詳細については、ビルドを設定するをご覧ください。

アプリを実行するには、次のレッスンのアプリを実行するに進んでください。