初めてのアプリを作成する

このセクションでは、シンプルな Android アプリを作成する方法について説明します。まず、Android Studio を使用して「Hello, World!」プロジェクトを作成し、そのプロジェクトを実行する方法について学びます。次に、ユーザー入力を受け取る新しいアプリ用インターフェースを作成し、アプリ内で新しい画面に切り替えて、作成したインターフェースを表示します。

最初に Android アプリに関する 2 つの基本的なコンセプト、つまり、アプリが複数のエントリ ポイントをどのように提供し、さまざまなデバイスにどのように対応するかというコンセプトを理解しておく必要があります。

アプリは複数のエントリ ポイントを持つ

Android アプリは、個別に呼び出せるコンポーネントを組み合わせて作成されます。たとえば、アクティビティは、ユーザー インターフェース(UI)を提供するアプリ コンポーネントの一種です。

「メイン」のアクティビティは、ユーザーがアプリのアイコンをタップすると起動します。通知や別のアプリなど、他の場所からユーザーをアクティビティに誘導することもできます。

WorkManager などの他のコンポーネントを使用すると、アプリは、UI なしでバックグラウンド タスクを実行できるようになります。

初めてのアプリを作成したら、アプリの基礎で、他のアプリ コンポーネントについてご確認ください。

アプリはさまざまなデバイスに対応する

Android では、さまざまなリソースをさまざまなデバイスに提供できます。たとえば、画面サイズに応じて異なるレイアウトを作成できます。使用するレイアウトは、そのデバイスの画面サイズによって決まります。

アプリの機能に特定のハードウェア(カメラなど)が必要な場合は、デバイスにそのハードウェアが搭載されているかどうかを実行時に照会し、搭載されていない場合は対応する機能を無効にできます。特定のハードウェアを必要とするようにアプリを指定すると、Google Play は、指定ハードウェアを持たないデバイスに対して、アプリのインストールを許可しなくなります。

初めてのアプリを作成したら、デバイスの適合性の概要で、デバイス構成についてご確認ください。

次のステップ

この 2 つの基本コンセプトを念頭に置くと、選択肢は次の 2 つです。メインのドキュメントに沿って進むと、アプリの作成に関する特定の側面について解説した各トピックを簡単に学ぶことができます。次のレッスンに進み、初めてのアプリ作成を始めましょう。一方、各手順を説明したステップバイステップのチュートリアルに沿って進める場合は、Kotlin での Android の基礎コースをご検討ください。