初めてのアプリを作成する

この後のページでは、シンプルな Android アプリを作成する方法について説明します。まず、Android Studio で「Hello World」プロジェクトを作成して実行する方法を学びます。次に、ユーザー入力を受け取ってアプリの 2 番目の画面を開く新しいインターフェースを作成します。

ただし、始める前に、Android アプリに関する 2 つの基本的なコンセプトを理解しておく必要があります。


アプリには複数のエントリ ポイントがある

Android アプリは、個別に呼び出せるコンポーネントを組み合わせてビルドされます。たとえば、アクティビティは、ユーザー インターフェースを提供するアプリ コンポーネントの一種です。

「メイン」のアクティビティはユーザーがアプリのアイコンをタップしたときに起動しますが、通知や別のアプリなどの他の場所からも、ユーザーを別のアクティビティに直接誘導できます。

また、ブロードキャスト レシーバサービスなどの他のコンポーネントは、アプリがユーザー インターフェースなしでバックグラウンド タスクを実行することを可能にします。

初めてのアプリを作成したら、そうした他のコンポーネントの詳細をアプリの基礎で学んでください。

アプリはさまざまな端末に対応する

Android では、さまざまな端末にさまざまなリソースを提供できます。たとえば、画面サイズに応じて異なるレイアウトを作成できます。その場合、システムは現在使用している端末の画面サイズに基づいてどのレイアウトを使用するかを決定します。

アプリの機能が特定のハードウェア(カメラなど)を必要とする場合は、端末にそのハードウェアが搭載されているかどうかを実行時に照会し、搭載されていない場合は対応する機能を無効にできます。いくつかの機能を「必須」に設定し、それらがなければ Google Play が端末へのインストールを許可しないようにすることもできます。

初めてのアプリを作成したら、端末の構成の詳細を端末の互換性で学んでください。


上記の基本的なコンセプトを念頭に置きつつ、下のリンクをクリックして初めてのアプリの作成に取り掛かってください。