初めての Android アプリを作成する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

1. 始める前に

この Codelab では、Android Studio に用意されているプロジェクト テンプレートを使用して、初めての Android アプリを作成します。Kotlin と Jetpack Compose を使用して、アプリをカスタマイズします。なお、Android Studio は更新されて UI が変更されることがあるため、ご使用の Android Studio がこの Codelab のスクリーンショットと多少異なっていても問題ありません。

前提条件

  • Kotlin の基礎知識があること

必要なもの

  • Android Studio の最新バージョン

学習内容

  • Android Studio で Android アプリを作成する方法
  • Android Studio のプレビュー ツールでアプリを実行する方法
  • Kotlin でテキストを更新する方法
  • Jetpack Compose でユーザー インターフェース(UI)を更新する方法
  • Jetpack Compose のプレビューでアプリのプレビューを表示する方法

作成するアプリの概要

  • 自己紹介をカスタマイズできるアプリ

この Codelab が完了すると、アプリは次のようになります(ただし、ご自身の名前でカスタマイズします)。

マゼンタの背景に「Hi, my name is Meghan!」というテキストが表示され、周囲にパディングが設定されたデフォルトのプレビューの画像。

必要なもの

  • Android Studio がインストールされているパソコン

2. Code-Along 動画を見る(省略可)

コースの講師が Codelab を完了する様子を視聴する場合は、以下の動画を再生してください。

動画を拡大して全画面表示にすることをおすすめします(動画の右下隅のアイコン 正方形の 4 つの角が強調表示されたこの記号は、全画面モードを表します。 を使用します)。そうすれば、Android Studio とコードがもっとはっきり見えるようになります。

このステップは省略可能です。動画をスキップして、すぐに Codelab の学習を開始することもできます。

3. テンプレートを使用してプロジェクトを作成する

この Codelab では、Android Studio に用意されている Empty Compose Activity プロジェクト テンプレートを使用して Android アプリを作成します。

Android Studio でプロジェクトを作成するには:

  1. Android Studio のアイコンをダブルクリックして Android Studio を起動します。

Android Studio のロゴの画像。

  1. [Welcome to Android Studio] ダイアログで、[New Project] をクリックします。

Android Studio のオープニング ページの画像

[New Project] ウィンドウが開き、Android Studio に用意されているテンプレートのリストが表示されます。

スマートフォンとタブレット、Wear OS、Android TV、Automotive 用にアプリを作成するためのテンプレートが表示された、[New project] ウィンドウの画像。

Android Studio のプロジェクト テンプレートは、ある種のアプリのブループリントを提供する Android プロジェクトです。テンプレートにより、プロジェクトの構造と、Android Studio でプロジェクトをビルドするために必要なファイルを作成します。選択したテンプレートに基づいてスターター コードが提供されるため、作業を迅速に進めることができます。

  1. [Phone and Tablet] タブが選択されていることを確認します。
  2. [Empty Compose Activity] テンプレートをクリックし、プロジェクトのテンプレートとして選択します。Empty Compose Activity テンプレートは、Compose アプリの構築に使用できるシンプルなプロジェクトを作成するためのテンプレートです。単一の画面に「"Hello Android!"」というテキストが表示されます。
  3. [Next] をクリックします。[New Project] ダイアログが開き、プロジェクトを設定するためのフィールドが表示されます。
  4. プロジェクトを次のように設定します。

[Name] フィールドは、プロジェクトの名前を入力するために使用します。この Codelab では「Greeting Card」と入力します。

[Package name] フィールドはそのままにしておきます。ファイル構造の中でどのようにファイルが整理されるかを示しています。今回の場合、パッケージ名は com.example.greetingcard になります。

[Save location] フィールドはそのままにしておきます。プロジェクトに関連するすべてのファイルが保存される場所が表示されます。ファイルを見つけられるように、パソコンのどこに保存されるかをメモしておきます。

[Language] フィールドでは、「Kotlin」がすでに選択されています。[Language] フィールドはプロジェクトに使用するプログラミング言語を定義します。Compose は Kotlin にしか対応していないため、このフィールドは変更できません。

[Minimum SDK] フィールドのメニューから [API 21: Android 5.0 (Lollipop)] を選択します。Minimum SDK は、アプリを実行できる Android の最小バージョンを示します。

[Use legacy android.support libraries] チェックボックスはすでにオフになっています。

d22bfe6ae8de4147.png

  1. [Finish] をクリックします。この処理には時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。Android Studio のセットアップ中、Android Studio でプロジェクトがセットアップ中であることを示す進行状況バーとメッセージが表示されます。たとえば、次のようになります。

進行状況バーが回転し、「2 processes running...」というテキストが表示されている画像。

プロジェクトのセットアップが作成されると、次のようなメッセージが表示されます。

「Gradle sync finished in 44s 546 ms」という Gradle の同期のメッセージが表示されている画像。

  1. [What's New] ペインには Android Studio の新機能に関する最新情報が記載されています。いったん閉じます。

この画像は、Android Studio のアップデートに関する情報を提供する [What's New] ペインの画像。

  1. Android Studio の右上にある [Split] をクリックすると、コードとデザインの両方を表示できます。コードのみを表示するには [Code] をクリックし、デザインのみを表示するには [Design] をクリックします。

b19824b6bdd2eb0e.png

[Split] をクリックすると、次の 3 つのエリアが表示されます。

1dd07c51c7fff62c.png

  • [Project] ビュー(1)には、プロジェクトのファイルとフォルダが表示されます。
  • [Code] ビュー(2)では、コードを編集します。
  • [Design] ビュー(3)では、アプリの外観をプレビューします。

[Design] ビューには、空白のペインに次のテキストが表示されています。

「A successful build is needed before the preview can be displayed」という 1 行と、その下の「Build and Refresh」というテキスト。

  1. [Build & Refresh] をクリックします。ビルドに時間がかかる場合がありますが、完了すると、プレビューに「Hello Android!」というテキスト ボックスが表示されます。Empty Compose アクティビティには、このアプリを作成するために必要なコードがすべて含まれています。

「Hello Android!」というテキストが表示されたデフォルトのプレビューの画像。

4. プロジェクト ファイルを探す

このセクションではファイル構造について理解を深めることで、引き続き Android Studio について説明します。

  1. Android Studio で [Project] タブを確認します。[Project] タブには、プロジェクトのファイルとフォルダが表示されます。プロジェクトをセットアップしたとき、パッケージ名は com.example.greetingcard でした。パッケージは、この [Project] タブで確認できます。パッケージとは基本的に、コードが配置されているフォルダのことです。Android Studio は、パッケージで構成されたディレクトリ構造でプロジェクトを整理します。
  2. 必要に応じて、[Project] タブのプルダウン メニューから [Android] を選択します。

[Android] メニューを選択した [Project] タブの画像。

これが、使用するファイルの標準的なビューと構成です。アプリで作業するファイルに簡単にアクセスできるため、プロジェクトのコードを記述する場合に便利です。ただし、Finder や Windows のエクスプローラーなどのファイル ブラウザでファイルを確認すると、ファイル階層はまったく異なる構成になっています。

  1. プルダウン メニューから [Project Source Files] を選択します。これで、ファイル ブラウザと同じようにファイルを閲覧できるようになりました。

[Project Source Files] メニューを選択した [Project] タブの画像。

  1. もう一度 [Android] を選択し、さきほどのビューに戻ります。このコースでは Android ビューを使用します。ファイル構造がおかしい場合は、Android ビューになっていることを確認してください。

5. テキストを更新する

Android Studio について理解したところで、グリーティング カードを作成してみましょう。

MainActivity.kt ファイルの [Code] ビューを確認します。このコードには自動生成された関数があります(具体的には onCreate() 関数や setContent() 関数)。

class MainActivity : ComponentActivity() {
   override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
       super.onCreate(savedInstanceState)
       setContent {
           GreetingCardTheme {
               // A surface container using the 'background' color from the theme
               Surface(
                   modifier = Modifier.fillMaxSize(),
                   color = MaterialTheme.colors.background
               ) {
                   Greeting("Android")
               }
           }
       }
   }
}

onCreate() 関数は、このアプリのエントリ ポイントであり、他の関数を呼び出してユーザー インターフェースを構築します。Kotlin プログラムでは、main() 関数は Kotlin コンパイラが開始するコード内の特定の場所です。Android アプリでは、onCreate() 関数がその役割を担います。

onCreate() 関数内の setContent() 関数は、コンポーズ可能な関数を介してレイアウトを定義するために使用されます。@Composable アノテーションが付いた関数はすべて、setContent() 関数や他のコンポーズ可能な関数から呼び出すことができます。アノテーションは、Jetpack Compose がこの関数を使用して UI を生成することを Kotlin コンパイラに伝えます。

次に、Greeting() 関数を見てみましょう。Greeting() 関数はコンポーズ可能な関数です。この関数の上に @Composable アノテーションが付加されている点に留意してください。コンポーズ可能な関数は、入力を受け取り、画面に表示される内容を生成します。

@Composable
fun Greeting(name: String) {
   Text(text = "Hello $name!")
}

関数については以前に学習しました(復習が必要な場合は「Kotlin で関数を作成して使用する」の Codelab をご覧ください)。ただし、コンポーズ可能な関数には異なる点がいくつかあります。

67e3f969c53e7149.png

  • @Composable 関数名は大文字で始めます。
  • 関数の前に @Composable アノテーションを追加します。
  • @Composable 関数は何も返しません。
@Composable
fun Greeting(name: String) {
   Text(text = "Hello $name!")
}

現時点では、Greeting() 関数は名前を受け取り、その人物に Hello を表示します。

  1. 「Hello」と挨拶するのではなく自己紹介するように Greeting() 関数を更新します。
@Composable
fun Greeting(name: String) {
   Text(text = "Hi, my name is $name!")
}
  1. [Design] ペインの左上にある 2c3d9b02e673771c.png ボタンを押して、DefaultPreview を再ビルドします。

「Hi, my name is Android!」というテキストが表示されたデフォルトのプレビューの画像。

これでテキストは変更されましたが、Android として自己紹介しています。これはおそらくご自身の名前ではないでしょう。今度は、ご自身の名前で自己紹介するようにカスタマイズしてみましょう。

DefaultPreview() 関数は、アプリ全体をビルドせずにアプリの外観を確認できる便利な機能です。Preview 関数にするためには、@Preview アノテーションを追加する必要があります。

ご覧のとおり、@Preview アノテーションは showBackground というパラメータを受け取ります。showBackgroundtrue に設定すると、アプリのプレビューに背景が追加されます。

Android Studio は、デフォルトではエディタにライトモードを使用するため、showBackground = true と showBackground = false の違いがわかりにくい場合があります。しかし、ダークモードではこのように違いがわかります。true に設定した場合の画像は背景が白くなっています。

上は、白い背景に黒いフォントで「Hello Android」というテキストを表示した画像。下は、暗い背景に黒いフォントで「Hello Android」というテキストを表示した画像。

  1. ご自身の名前を使用して DefaultPreview() 関数を更新します。次に再ビルドし、カスタマイズしたグリーティング カードを見てみましょう。
@Preview(showBackground = true)
@Composable
fun DefaultPreview() {
   GreetingCardTheme {
       Greeting("Meghan")
   }
}

「Hi, my name is Meghan!」というテキストが表示されたデフォルトのプレビューの画像。

6. テキストの背景色を変更する

これで自己紹介のテキストが完成しました。しかし、これだけではあまりおもしろくありません。このセクションでは、背景色を変更する方法について説明します。

自己紹介のテキストに別の背景色を設定するには、テキストを Surface で囲む必要があります。Surface は、外観(背景色や枠線など)を変更できる UI のセクションを表すコンテナです。

  1. テキストを Surface で囲むには、テキストの行をハイライト表示し、Windows の場合は Alt+Enter キー、Mac の場合は Option+Enter キーを押して、[Surround with widget] を選択します。

Text コンポーネントがハイライト表示され、その下に [Surround with widget] が選択されたメニューが表示されている画像。

  1. [Surround with Container] を選択します。

78e713bc774d05b1.png

デフォルトで提供されるコンテナは Box ですが、別のコンテナタイプに変更することもできます。

9fbdb58d26bd577a.png

  1. Box を削除し、代わりに「Surface()」と入力します。
@Composable
fun Greeting(name: String) {
   Surface() {
       Text(text = "Hi, my name is $name!")
   }
}
  1. Surface コンテナには color パラメータがあるため、このパラメータを Color. に設定します。
@Composable
fun Greeting(name: String) {
   Surface(color = Color) {
       Text(text = "Hi, my name is $name!")
   }
}
  1. 「Color」と入力すると、赤色で表示され、下線が引かれます。この問題を解決するには、[import] と表示されているファイルの先頭までスクロールして、3 つの点のボタンを押します。

MainActivity.kt の先頭にある import ステートメントを示す画像

  1. このステートメントをインポート リストの一番下に追加します。
import androidx.compose.ui.graphics.Color

インポートの全一覧は次のように表示されます。

import android.os.Bundle
import androidx.activity.ComponentActivity
import androidx.activity.compose.setContent
import androidx.compose.foundation.layout.fillMaxSize
import androidx.compose.material.MaterialTheme
import androidx.compose.material.Surface
import androidx.compose.material.Text
import androidx.compose.runtime.Composable
import androidx.compose.ui.Modifier
import androidx.compose.ui.tooling.preview.Preview
import com.example.myapplication.ui.theme.GreetingCard
import androidx.compose.ui.graphics.Color
  1. コードでは、インポートをアルファベット順で保持することをおすすめします。そのためには、上部のツールバーで [Help] を押し、「Optimize Imports」と入力して、[Optimize Imports] をクリックします。

[Optimize Imports] を見つける方法を示す画像

この時点でインポートの全一覧は次のように表示されます。

import android.os.Bundle
import androidx.activity.ComponentActivity
import androidx.activity.compose.setContent
import androidx.compose.material.MaterialTheme
import androidx.compose.material.Surface
import androidx.compose.material.Text
import androidx.compose.runtime.Composable
import androidx.compose.ui.Modifier
import androidx.compose.ui.graphics.Color
import androidx.compose.ui.tooling.preview.Preview
import com.example.myapplication.ui.theme.MyApplicationTheme
  1. サーフェスの括弧内で入力した色は、赤色および下線付きから赤色の下線のみに変更されています。これを修正するため、後ろにピリオドを追加します。ポップアップが開き、さまざまな色のオプションが表示されます。

これも Android Studio の便利な機能です。インテリジェントで、役に立つことがあります。この場合は色を指定しようとしているため、さまざまな色が提案されます。

Color 引数を受け入れる Surface を示しているコード画像。横にドットが付いた Color と、その後に表示されたさまざまな色の名前のメニュー。

  1. サーフェスの色を選択します。この Codelab ではマゼンタを使用しますが、好きな色を選択できます。
@Composable
fun Greeting(name: String) {
   Surface(color = Color.Magenta) {
       Text(text = "Hi, my name is $name!")
   }
}
  1. [Build & Refresh] をクリックします。テキストが選択した色で囲まれます。

マゼンタの背景に「Hi, my name is Meghan!」というテキストが表示されたデフォルトのプレビューの画像。

7. パディングを追加する

これでテキストに背景色が設定されました。今度はテキストの周囲に余白(パディング)を追加してみましょう。

Modifier は、コンポーザブルを拡張または装飾するために使用します。使用できる Modifier の一つに、padding 修飾子があります。これは要素の周囲に余白を設けます(この場合はテキストの周囲に余白を追加します)。そのためには Modifier.padding() 関数を使用します。

  1. これらのインポートを import ステートメント セクションに追加します。

[Optimize Imports] を使用して、新しいインポートをアルファベット順に並べ替えてください。

import androidx.compose.ui.unit.dp
import androidx.compose.foundation.layout.padding
  1. テキストにサイズ 24.dp のパディング修飾子を追加し、[Build & Refresh] をクリックします。
@Composable
fun Greeting(name: String) {
   Surface(color = Color.Magenta) {
       Text(text = "Hi, my name is $name!", modifier = Modifier.padding(24.dp))
   }
}

マゼンタの背景に「Hi, my name is Meghan!」というテキストが表示され、周囲にパディングが設定されたデフォルトのプレビューの画像。

おつかれさまでした。Compose で初めての Android アプリを作成しました。これはかなり大きな成果です。時間をかけてさまざまな色やテキストを試し、カスタマイズしてみましょう。

8. 解答コードを確認する

import android.os.Bundle
import androidx.activity.ComponentActivity
import androidx.activity.compose.setContent
import androidx.compose.foundation.layout.padding
import androidx.compose.material.MaterialTheme
import androidx.compose.material.Surface
import androidx.compose.material.Text
import androidx.compose.runtime.Composable
import androidx.compose.ui.Modifier
import androidx.compose.ui.graphics.Color
import androidx.compose.ui.tooling.preview.Preview
import androidx.compose.ui.unit.dp
import com.example.myapplication.ui.theme.GreetingCardTheme

class MainActivity : ComponentActivity() {
   override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
       super.onCreate(savedInstanceState)
       setContent {
           GreetingCardTheme {
               // A surface container that uses the 'background' color from the theme
               Surface(color = MaterialTheme.colors.background) {
                   Greeting("Android")
               }
           }
       }
   }
}

@Composable
fun Greeting(name: String) {
   Surface(color = Color.Magenta) {
       Text(text = "Hi, my name is $name!", modifier = Modifier.padding(24.dp))
   }
}

@Preview(showBackground = true)
@Composable
fun DefaultPreview() {
   GreetingCardTheme {
       Greeting("Meghan")
   }
}

9. まとめ

これで、Android Studio について学び、Compose で初めての Android アプリを作成できました。

まとめ

  • 新しいプロジェクトを作成するには、Android Studio を開き、[New Project] > [Empty Compose Activity] > [Next] をクリックし、プロジェクトの名前を入力して設定を行います。
  • アプリの外観を確認するには、[Preview] ペインを使用します。
  • コンポーズ可能な関数は、通常の関数と似てはいますが少し異なります。関数名は大文字で始め、関数の前に @Composable アノテーションを追加します。@Composable 関数は何も返しません。
  • Modifier は、コンポーザブルを拡張または装飾するために使用します。

詳細