Android 11 のデベロッパー プレビューが公開されました。ぜひお試しのうえ、フィードバックをお寄せください

注目を集めるフィーチャー グラフィックでアプリをアピールする

  • リリース
  • マーケティング

大胆でクリエイティブなプロモーション画像を使ってアプリの特長を表現し、ストアの掲載情報を見てアプリをダウンロードするようにユーザーを促します。

解説

フィーチャー グラフィックは、ユーザーがアプリのストアの掲載情報を開くと最初に目に留まるものです。Android スマートフォンやタブレットのほとんどで、画面の 3 分の 1 を占めてフィーチャー グラフィックが表示されます。そのため、ストアにアクセスしたユーザーがアプリをダウンロードするかどうか決断するときに大きな影響を及ぼします。フィーチャー グラフィックはアプリのマーケティングにとって重要な要素です。ストアの掲載情報に動画を含める場合は、フィーチャー グラフィックでリンクを提供すると(再生アイコンを重ねて表示します)、ユーザーがすぐに再生を開始できます。

運用ガイド

  • テキストはアプリ名とわずかな追加説明のみに限定し、画像内の情報は率直で簡潔なものにします。テキストの多い広告のような画像は作成しないでください。
  • 鮮やかな前景色と背景色を使用します。背景に溶け込むような画像にはしないでください。
  • ストーリーと文脈を表現して、アプリに人間味が感じられるようにします。
  • 画像内に象徴的な重点を作ります。フィーチャー グラフィックではアプリのロゴを繰り返さずに、ブランドを補完する画像を使用してください。
  • 画像の枠線の近くには、重要なビジュアル情報を含めないでください。特にフレームの下部 3 分の 1 の付近には含めないようにします。
  • フィーチャー グラフィック、アプリアイコン、アプリ本体で、同様のまたは補完し合う色のテーマやスタイルを使用して、ユーザーがアプリやブランドとすぐに結び付けられるようにします。さらに詳しいアドバイスについては、マテリアル デザイン ガイドラインをご覧ください。
  • 大きいサイズのフォントを使用して、どの画面サイズでも判読できるようにします。また、詳細すぎる画像は避けてください。そのような画像は多くのスマートフォンの画面でうまく表示されません。
  • さまざまな市場や言語に合わせて、画像やテキストをローカライズします。
  • 必要に応じて更新する予定がない限り、頻繁に更新が必要な情報は使用しないでください。実施中のイベント、イベント プロモーション、セールなどの活動を宣伝する際に、フィーチャー グラフィックを更新します。活動が終了したら、必ずフィーチャー グラフィックを再び更新してくだい。
  • 表示される画面の大きさに関係なく、見映えよく表示される画像を作成します。画像のアスペクト比はデバイス間で一定ですが、サイズが変わることに留意してください。テストするには、画像の幅を 1 インチに変更してみます。それでも見映えよく表示され、ブランド メッセージが伝われば、合格です。
  • 不適切または反復的な画像要素を含めないでください。たとえば、第三者の商標登録されたキャラクターやロゴを許可なく掲載しないでください。また、デバイスの画像(すぐに古くなる、一部のユーザーを疎外するなどの可能性がある)、スクリーンショット、広告、Google Play や他のストアのバッジやアイコン、デベロッパー プログラム ポリシーに違反するコンテンツなどは避けてください。
  • ストア掲載情報のテスト機能では、テストの優先項目としてフィーチャー グラフィックを必ず含めてください。