TV 再生アプリのビルド

メディア ファイルのブラウジングと再生は、TV アプリが提供するユーザー エクスペリエンスによって左右される部分が多くあります。ゼロから開始して、高速でなめらかな魅力あるユーザー エクスペリエンスを確実にビルドすることは、非常に困難な場合があります。アプリの露出するメディア カタログが、小規模か大規模かにかかわらず、ユーザーが簡単にオプションをブラウジングでき、希望のコンテンツに辿りつけるようにすることが重要です。

Android のフレームワークでは、v17 leanback サポート ライブラリを使用して TV アプリのユーザー インターフェースをビルドするためのクラスを提供します。このライブラリは、最小限のコーディングで、メディア ファイルのブラウジングと再生用の効率的で親しみやすいインターフェースを作成するためのクラスのフレームワークを提供します。クラスは拡張やカスタマイズができるように設計されており、アプリ独自のユーザー エクスペリエンスを作成できます。

このクラスでは、TV 向けの Leanback サポート ライブラリを使用して、メディア コンテンツブをラウジングしたり再生したりする TV アプリのビルド方法を説明します。

トピック

カタログ ブラウザを作成する
Leanback サポート ライブラリを使用して、メディア カタログのブラウジング インターフェースをビルドする方法を説明します。
詳細ビューをビルドする
Leanback サポート ライブラリを使用して、メディア アイテムの詳細ページをビルドする方法を説明します。
再生中カードを表示する
MediaSession を使用して、「再生中」カードをホーム スクリーンに表示する方法を説明します。