Android for Cars のスタートガイド

このトピックでは、ドライバー向けに最適化された Android Automotive OS 用アプリを作成し、Android Auto アプリを持っているユーザーにスマートフォン アプリを拡張できるように、開発環境をセットアップする方法を示します。Android が運転中のアプリ エクスペリエンスを実現する仕組みの概要については、Android for Cars の概要をご覧ください。

プロジェクトをセットアップする

このセクションでは、Android Automotive OS および Android Auto をサポートするアプリ プロジェクトをセットアップする方法について説明します。

Android Studio で自動車機能を有効にする

Android Automotive OS のビルドおよびテスト機能にアクセスするには、Android Studio 3.5 Canary 11 以上を使用していることが必要です。

この条件を満たしていれば、以下の手順に従って、自動車機能を有効にします。

  1. studioFlags.xml ファイルがまだない場合は、オペレーティング システムに応じて次のいずれかの場所に作成します。

    • Windows: %USERPROFILE%\.AndroidStudioPreview3.5\config\options
    • macOS: ~/Library/Preferences/AndroidStudioPreview3.5/options
    • Linux: ~/.AndroidStudioPreview3.5/config/options
  2. studioFlags.xml ファイルに次のエントリを追加します。

    <application>
        <component name="StudioFlags">
          <option name="data">
            <map>
              <entry key="npw.templates.automotive" value="true" />
            </map>
          </option>
        </component>
        </application>
        

アプリの targetSdkVersion を設定する

Android Auto と Android Automotive OS の両方をサポートする API にアクセスするには、プロジェクトを作成または更新して、次の API レベルをターゲットにする必要があります。

  • Android Auto の場合: Android 5.0(API レベル 21)以上
  • Android Automotive OS の場合: Android 9(API レベル 28)以上

プロジェクトに上記のターゲットを設定するには、次の手順を実施します。

  1. スマートフォン アプリ モジュールの AndroidManifest.xml ファイルで、uses-sdk 要素の targetSdkVersion 属性を 21 以上に設定します。
  2. Automotive OS アプリ モジュールの AndroidManifest.xml ファイルで、uses-sdk 要素の targetSdkVersion 属性を 28 以上に設定します。

    Android Automotive OS をサポートするすべての車は Android 9(API レベル 28)以上に対応しているため、上記の値を選択すると、Android Automotive OS 搭載車がすべてターゲットになります。

アプリに機能を追加する

プロジェクトの初期セットアップが完了したら、Automotive OS および Android Auto 用のアプリの作成を開始できます。アプリの作成に役立つ次のトピックをご覧ください。