lightbulb_outline Please take our October 2018 developer survey. Start survey

アプリの記述

Android Studio には開発のすべての段階で使用できるツールが含まれていますが、最も重要なポイントは、コードの記述、レイアウトの構築、画像の作成などを含め、アプリの作成を終始、効率的に行えることです。

このセクションでは、アプリをすばやく作成する上で役立つツールについて説明します。

コーディングの生産性

コーディング時の生産性を高めるための機能を以下にいくつか紹介します。

カスタムコード補完テンプレートの作成

ライブ テンプレートにコード スニペットを入力しておくと、コードの記述中に小さなチャンクコードをすばやく挿入して補完することができます。 ライブ テンプレートを挿入するには、テンプレートのショートカットキーを入力して、Tab キーを押します。 すると、テンプレートに関連付けられているコード スニペットがコードに挿入されます。

newInstance のショートカットキーを入力して Tab キーを押すと、引数プレースホルダとともに新しいフラグメント インスタンスのコードが挿入されます。

または、「fbc」と入力すると、キャストおよびリソース ID 構文とともに findViewById() メソッドが挿入されます。

サポートされるライブ テンプレートのリストを表示してカスタマイズするには、[File] > [Settings] > [Editor] > [Live Templates] をクリックします。

詳細については、ライブ テンプレートをご覧ください。

Lint によるクイック修正

Android Studio には Lint と呼ばれるコード検査ツールがあり、アプリを実行したりテストコードを記述しなくても、コード構造の品質に関する問題を特定して修正することができます。

Android Studio はアプリをビルドするたびに Lint を実行し、ソースファイルに潜在的なバグがないかをチェックして、正確性、セキュリティ、パフォーマンス、ユーザビリティ、アクセシビリティ、国際化などの観点から改善すべき点がないかどうかを検証します。

詳細については、Lint をご覧ください。

ドキュメントとリソースの詳細の表示

メソッド名、メンバー名、またはクラス名にキャレット(^)を付けて F1 キーを押すと、API のドキュメントを表示することができます。

画像やテーマなど、その他のリソースの情報も取得できます。 たとえば、Android マニフェスト ファイルでキャレットをテーマ名に置き、F1 キーを押すと、テーマの継承階層とさまざまな属性の色や画像を表示することができます。

新しいファイルの迅速な作成

新しいファイルを作成するときは、[Project] ウィンドウで保存先のディレクトリをクリックしてから、Alt+Insert(Mac の場合は Command+N)を押します。

Android Studio は、選択したディレクトリに適切なファイル形式の候補を小さなウィンドウで一覧表示します。

リソースの操作

Android Studio には、リソースファイルの作成と管理を支援する以下の機能とツールが含まれています。

すべての画面密度向けの画像の作成

Android Studio には、各画面密度でサポートされる画像の作成を支援する Vector Asset Studio と呼ばれるツールが含まれています。 独自の SVG ファイルをアップロードして編集したり、Google から提供される多くのマテリアル デザイン アイコンを選択したりできます。

開始するには、[File] > [New] > [Vector Asset] をクリックします。

詳細については、Vector Asset Studio をご覧ください。

画像と色のプレビュー

コード内で画像やアイコンを参照すると、左側のマージンに画像のプレビューが表示されるため、正しい画像やアイコンが参照されているかどうかを簡単に確認できます。

フルサイズの画像を表示するには、左側のマージンでサムネイルをクリックします。 また、アセットへのインライン リファレンスにキャレットを置き、F1 キーを押すと、すべての代替サイズを含む画像の詳細が表示されます。

新しいレイアウトの作成

Android Studio には高機能なレイアウト エディタがあり、XML を編集しながらウィジェットをレイアウト内にドラッグ アンド ドロップしてプレビューすることができます。

開始するには、レイアウトを追加するモジュールをクリックしてから、[File] > [New] > [XM] > [Layout XML File] をクリックします。

詳細については、Layout Editor をご覧ください。

UI 文字列の翻訳

Translations Editor ツールですべての翻訳リソースを一覧表示すると、各バージョンの strings.xml ファイルを開くことなく、容易に翻訳の変更や追加、翻訳漏れの特定ができます。

文字列が含まれるファイルをアップロードして翻訳サービスを利用することもできます。

開始するには、strings.xml ファイルのコピーを右クリックしてから、[Open Translations Editor] をクリックします。

詳細については、Translations Editor をご覧ください。