Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Android Studio で Kotlin を使用する際の既知の問題

このページでは、Android Studio 3.2 プレビュー版で Kotlin を使用する際の既知の問題と制限事項について説明します。Android Studio 安定版に関する問題については、既知の問題をご覧ください。

ここに記載されていない問題を報告する場合は、バグを報告するをご覧ください。

Java ファイルから変換したコードをコンパイルできない

ごくまれに、[Code] > [Convert Java File to Kotlin File] を使用して作成した Kotlin コードがコンパイルできないことがあります。これは Kotlin プラグインに関する既知の問題です。

Kotlin のコード補完でプライベート リソースが表示される

Kotlin コード補完の場合、Java コード補完と異なり、プライベート リソースが除外されません。たとえば、R.drawable. と入力すると、内部 appcompat リソースが候補としてリスト表示されます。

ライブ テンプレートと後置補完が Kotlin に完全対応していない

Java 言語で記述する場合、ライブ テンプレート後置補完を使用できます。たとえば、variable.for と入力して Tab キーを押すと、for ループを生成して変数に反復適用することができます。Kotlin の場合、このような機能を使用できないことがあります。

Kotlin では一部のリファクタリングを利用できない

Kotlin の場合、一部のコード リファクタリングが機能しません(Android 向けのコード リファクタリングなど)。たとえば、現在のところ、Kotlin コードをモジュール化するためのコード リファクタリングは利用できません。