Happy Adda: ユーザー エクスペリエンスの強化によってエンゲージメントを 44% 向上

背景

Happy Adda はインドの独立系ゲーム制作会社で、インドのユーザー向けにローカライズされたゲームを開発しています。大成功を収めた Jalebi の Play ストアでのダウンロード数は 500 万を超えています。

Happy Adda の取り組み

Happy Adda は 2017 年に、Google の Launchpad Accelerator プログラムの参加企業に選出されました。これより前、Happy Adda は単語ゲームをリリースしていましたが、さらに 8 つのゲームを個別にリリースする準備を進めていました。Happy Adda のチームは、Launchpad Accelerator での指導により、注意深く設計することに重点を置き、8 つのゲームを 1 つにまとめることにしました。

以前のゲームと新しいゲーム

また、ゲームのシームレスな操作性を実現するために、Android Vitals を使用して、重要なパフォーマンス指標(安定性、クラッシュ レポート、スタートアップ時間など)のトラッキングも開始しました。

結果

複数のゲームを含む単一のパッケージをリリースしたことで、Happy Adda のアプリのエンゲージメントが向上し、1 日あたりの平均エンゲージメントが 16 分から 23 分に向上しました。チームは、ゲーム内の不正な動作を適切に特定して修正できるようになったことで、さらに有益な成果が得られるようにもなりました。ゲームの読み込み時間は 5 秒未満に短縮され、クラッシュが発生しなかったセッションは 99.7% に向上しました。

「コンテンツの検証と、主力ゲームである Jalebi のゲーム進行状況の設定が、当社にとっての課題となっていました。特定の箇所でエンゲージメントが低下していたのです。Launchpad プログラムでは、ゲームデータを分析する意味合いを学び、ゲームの設計に取り組みました。この経験が、インストール数の増加やユーザー エクスペリエンスの向上に役立っています。」Happy Adda Studio の創設者兼 CEO である Narasimha Reddy 氏はこのように述べています。